Libro[書籍文学] 文化

名作を生みだし続けた巨匠。偉大なイタリア人女性作家2人

投稿日:

はじめに 

イタリアの作家と聞いて、みなさんはまず誰を思い浮かべますか?何人か思いつく人でも、女性作家の名前があげることができる人はとても少ないのではないかと思います。

実際、イタリアの女性作家の認知度は日本ではそこまで高くありません。今回の記事ではその女性作家たちに注目して、特に著名で、日本語でも読むことのできるおすすめの作家二人ナタリア・ギンズブルグエルサ・モランテ、そしてその代表作を紹介してみたいと思います。

ナタリア・ギンズブルグ

日本で最も知られているイタリアの女性作家といえば彼女、ナタリア・ギンズブルグではないでしょうか?特にエッセイストの須賀敦子さんの翻訳や紹介を通して日本では有名になりました。彼女の経歴を少し追ってみましょう。

経歴

出生ー作家業のはじまり

ナタリア・ギンズブルグ(ナタリア・レーヴィ)は1916年にシチリアのパレルモで、トリエステ出身のユダヤ系イタリア人で医学部教授のジュゼッペ・レーヴィとミラノ出身のリディアの間に、5人の末っ子として生まれました。

一家には知識人が多かったといいます。彼女が3歳の時には家族でトリノに移住しました。1933年、ギンズブルグが19歳のときに書いた短編が文芸誌「ソラリア」に掲載されたことで、彼女は作家としての道を歩みはじめます。

ギンズブルグとの結婚ー第二次世界大戦

1938年に反ファシストのレオーネ・ギンズブルクと結婚し、彼女はこの夫のギンズブルクという姓で以後ずっと小説を出しました。レオーネ・ギンズブルグはジュリオ・エイナウディとともにトリノの出版社エイナウディ社を創設したメンバーの一人であり、夫を通して彼女も様々な知識人と知り合っていきました。

しかし人種法の制定によってユダヤ系だったギンズブルグたちは迫害を受けるようになり、1940年には長男が誕生しましたが、反ファシズムグループのリーダー格であったレオーネが流刑に処され、ギンズブルグ一家は南イタリアのピッツォリという流刑地で生活します。

そしてそのなかで1941年には『わが夫』を、1942年には『町へゆく道』を偽名で刊行しました(1945年に本名で再販)。しかし夫は1944年に拷問の末、獄死してしまいます。

戦後ーイタリアを代表する作家へ

戦後、ギンズブルグはエイナウディ社に迎え入れられ、編集者としても働き始めます。そして戦後は、短編から長編までたくさんの小説を手掛け、『ヴァレンティーノ』でヴィアレッジョ賞を、『ある家族の会話』でストレーガ賞を受賞し、20世紀を代表するイタリアの小説家のひとりとなりました。

他の代表作に『マンゾーニ家の人々』『モンテ・フェルモの丘の家』などがあり、多くの作品を日本語で読むことができます。

『ある家族の会話』(原題:Lessico famigliare, Einaudi, 1963)須賀敦子訳、白水社、1985年

1963年にイタリアで出版された『ある家族の会話』はナタリア・ギンズブルグを一躍有名にした代表作です。この物語はナタリア自身の家族の歴史が、1920年代から50年代までのイタリアの苦難の歴史と交差しながら織りなされていく物語です。

ファシズムと戦争のまっただ中でナタリアの家族、夫、友人たちは時代に翻弄されながらも、熾烈な日々を乗り越えて生きた軌跡がまさにそこには紡がれています。ファシズム政権下の中で獄死した夫のレオーネ・ギンズブルクや、作家のチェーザレ・パヴェーゼ、イタリアのタイプライターの会社オリヴェッティ社を大きく成長させたアドリアーノ・オリヴェッティなど、数多くの著名人も登場します。

ぜひ須賀敦子さんの『トリエステの坂道』『霧の向こうに住みたい』などのエッセイと合わせて読んでみるのもお勧めです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者N

大学でイタリア文学を専攻。特に現代イタリア文学を中心に研究を行っていく予定。好きな街はヴェネツィア。

-Libro[書籍文学], 文化
-, , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.