観光スポット

緑の丘の町ペルージャ!観光時間・日数・オススメ周遊プランを徹底解説

更新日:

ペルージャの観光にはどのくらい必要?

旅行の準備において、一つの都市・観光地にどれくらいの時間、何泊くらいを割けるか、ということは、個人旅行を計画する上で非常に重要になるのではないかと思います。

特に事前に入念な準備をしておいたとしても、イタリアでの旅には何らかのトラブルはつきもの。事前にある程度観光地のことを知った上で旅程を組みたいものです。

そこで本記事では、中部イタリア・ウンブリア州の州都ペルージャの観光時間や日数について、どのくらいが最も良いのか考えてみたいと思います。

オススメは半日!その理由と他のプランを徹底解説

半日

ペルージャという町自体には、それほどたくさんの観光地がある!というわけではありません。どれも比較的徒歩でアクセスしやすく、バスなどの利用も必要ありません。ペルージャのパラッツォ内部を見学する場合は少しだけ時間が押してしまうかもしれませんが、それでもどうにかなる程度です。

なので、正午頃にどこかの町からやってきて市内を観光し、夕方に帰れば満足な旅行になるはずです。ただ鉄道のペルージャ駅と市内中心部はミニメトロと呼ばれるケーブルカーで繋がれているため、電車の時間に余裕を持たせる形で行動するようにしましょう。

一日日帰り

さて、ゆっくりとした時間を取りたいのであれば、朝ペルージャにやってきて夕方に町を出る一日日帰りパターンもありです。ただいかんせん観光地自体はそれほど多くないので、見るものがすぐ終わってしまう可能性があります。

そうなった場合の時間の過ごし方ですが、散歩したりバーに入ったりというのがあります。ペルージャ中心部は他のウンブリア州の町と同様丘の上にあるのですが、やや坂道が多いのが特徴。非常に静かでのんびりとした散歩には向いていますが、坂道に負けて疲れすぎてしまわないようにしましょう。

一泊

さて、ペルージャ一都市のために宿泊までするのは、前述の通りの観光地的特徴を考えればそれほどオススメではないかもしれません。ですが中部イタリアの他の町を訪れるのであれば、一泊をペルージャで過ごし、次の日からは別の町へなんて方法も良いでしょう。

二泊以上

ペルージャの二泊以上はオススメしません。することがない上、学生都市ということもあり、ウンブリア州を前面に押し出した自然・文化体験ができるかというと、それほどの魅力は感じられないからです。

幸いペルージャはウンブリア州の州都であり他の町へのアクセスは悪くないので、別の町に移動するのが良いでしょう。

私の滞在時間

さて私は、ペルージャ一泊を選びました。理由としては、フィレンツェから来ていたことと、アッシジを訪れることに重点を置いていたからです。そうなるとアッシジ近郊の町ペルージャが観光時間的にもちょうど良いかなと考えました。

ペルージャに2時頃に着き、6時頃には大方の観光地の散策はできましたよ!ペルージャで一泊し、次の日早朝にアッシジへ向かいました。

他の町との組み合わせ

さて、ペルージャを日本から訪れるには、どうしても他の町と組み合わせる必要が出てきますので、ここでは基点となる大都市や、ペルージャ近くの訪れれば楽しい町について説明していきます。

大都市:ローマ、フィレンツェ

ウンブリア州の観光において、ペルージャは恐らく基点になり得ますが、やはりフィレンツェやローマなどの大都市から訪れる人が多いのは事実。そのためそれらの町から電車などでアクセスするのが良いでしょう。ペルージャだけを見たいのであれば、これら都市から前述の通り日帰りで充分です。

関連記事

近隣都市:アッシジ、チヴィタ、オルヴィエートなど

ペルージャの周りには、聖フランチェスコの故郷アッシジや、天空の城チヴィタ・ディ・バニョレージョ、オルヴィエートなどがあります。個人的にはペルージャだけを訪れるのは、ウンブリア州の魅力を味わい尽くせないのではないかと考えてしまうので、是非他の町も検討してみてください。

関連記事

私の組み合わせ方

ローマ留学中の私はローマからフィレンツェへ赴き、その後ペルージャ、アッシジとフィレンツェから南下する形で帰宅しました。このようになるべく一筆書きでおさめることができると、ホテル代や交通費などがぐっと節約できると思いますよ!

さいごに

いかがでしたか?世界遺産などはないものの、ウンブリア州の州都であるペルージャは、山々に囲まれた落ち着いた場所となっています。そして学生都市でもあるので、夜にお酒を飲みに出かけるのも楽しいはずです。

遺跡や街歩きを含め、ウンブリア州の料理やペルージャのナイトライフを楽しんでみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

【現金】キャッシュパスポート
両替不要!安心のMasterCardで滞在は心配いらず(ポイント)。

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-, 観光スポット
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.