文化 映画

【イタリア×映画】観たらあなたも行きたくなる、ローマが舞台の映画5選

更新日:

ローマに行く前に...映画で予習しよう!

ローマがどんなところなのか知りたい皆さん、ローマへの旅行が決まった皆さん、これからどこに行こうか考えている皆さんへ...。

ローマが舞台になっている映画を見れば、きっとイメージが湧きやすくなるのではないでしょうか。どれも有名な作品。うち2つは日本の映画ですよ!

ローマが舞台の映画5選

1.ローマの休日

created by Rinker
¥1,000 (2018/11/17 08:35:35時点 Amazon調べ-詳細)

登場する観光地

コロンナ美術館、スペイン広場、真実の口、フォロロマーノ、サンタンジェロ城、テヴェレ川、トレヴィの泉、バルベリーニ宮殿、共和国広場、マルグッタ通り51番地、ヴィットーリオ.エマヌエーレ2世記念堂

ストーリー

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者アン王女は、親善旅行で訪れたローマの宮殿から脱走を図る。

そんな彼女に出会ったアメリカ人新聞記者ジョーは、大スクープのチャンスに興奮。ローマのガイド役を買って出た彼は、はしゃぐアンの姿をカメラマンにこっそりと撮影させる。

束の間の自由とスリルを満喫するうちにアンとジョーの間に強い恋心が芽生えるが・・・。

ローマの休日観光地巡りはタビナカで

ローマの休日の観光地巡りがしたい!そんな時はタビナカツアーがおすすめです。午前中の時間を使ってサンタンジェロ城を車窓から眺めた後、真実の口、トレヴィの泉、スペイン広場などを観光。

タビナカツアーは日本人ガイドがご案内しますので初めて観光するという方も安心してローマの休日気分を堪能できます。現地を知り尽くした盛り上げ上手なガイドですのでたくさん思い出の写真も撮ってもらいましょう!

2.映画 ホタルノヒカリ

created by Rinker
バップ
¥3,925 (2018/11/17 08:35:36時点 Amazon調べ-詳細)

登場する観光地

コロッセオ、フォロ・ロマーノ、バチカン市国、トレヴィの泉、スペイン階段、ナボーナ広場、パンテオン、ポポロ広場の双子教会、グランドホテルプラザ ローマ(オルヴィエート:チヴィタ・ディ・バニョレッジョ)

ストーリー

ドラマ ホタルノヒカリの映画版。イタリアへの新婚旅行のストーリーです。心機一転、ステキ奥様をめざして奮闘するホタルの愛と感動の新婚生活が描かれる・・・わけもなく、相変わらず自宅の縁側でゴロゴロと寝転がり“トド新妻"と化していたホタルが、なんとイタリア旅行に!

海外旅行なんてしたことないし、めんどくさいったらありゃしないけど、意外とノリノリの高野部長のために行っちゃいますか、ハネムーン!

・・・というわけでイタリア・ローマに飛び立った二人。ラブラブな『ローマの休日』を過ごすつもりが、イタリア版干物女・冴木莉央(松雪泰子)とその弟・優(手越祐也)が現れて、かつてない大騒動が巻き起こる! ?

突然消息を絶ったぶちょおを追って、ローマから滅びゆく断崖の街チヴィタへ疾走するホタル。二人はイタリアで永遠の愛を手に入れることができるのか?!

3.天使と悪魔

created by Rinker
¥1,000 (2018/11/17 08:35:36時点 Amazon調べ-詳細)

登場する観光地

サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂、サンタ・マリア・デル・ポロロ教会、サンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会、バルベリーニ広場・ナヴォーナ広場、サンタンジェロ城

ストーリー

『ダ・ヴィンチ・コード』。そのシリーズ第2弾。宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。

その頃、カトリック教会の新しい教皇を選出するコンクラーベの開催が迫るヴァチカンで、候補者の枢機卿たちが誘拐される。

犯人はスイスの研究所から恐るべき破壊力を持つ“反物質”を盗み出し、ヴァチカンの爆破をも企てていた。宗教象徴学者のラングドン教授は、ヴァチカンの依頼を受けてこの事件の調査を開始。

教会に迫害された科学者たちが創設した秘密結社イルミナティとの関連性に気づいた彼は、美人科学者ヴィットリアの協力を得て、謎に満ちた事件の真相を追うが―!?

4.グラディエーター

登場する観光地

コロッセオ

ストーリー

古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の壮絶な死闘を描いた映画。グラディエーターとは、古代ローマ帝国時代の大衆への見世物として、巨大コロシアムで人間同士又は猛獣を相手に死ぬまで戦いを強いられた剣闘士のこと。

時は西暦180年、帝政ローマ時代中期が舞台。ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは、皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失い、自らも奴隷に身分を落とす。

そして、巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、自らの野望しかない皇帝によって愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身におとしいれられたマキシマスがいた。彼はグラディエーターになったのだ。

マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである真のグラディエーターになるべく戦い続ける。 

5.アマルフィ 女神の報酬

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,629 (2018/11/17 08:35:37時点 Amazon調べ-詳細)

登場する観光地

ローマ:サンタンジェロ城、スペイン広場、カピトリーニ美術館、共和国広場、グランドホテルプラザ・ローマ

ナポリ:カゼルタ宮殿、アマルフィ海岸、ポジターノ、ラベッロ

ストーリー

特殊任務を帯びた外交官と誘拐犯との息詰まる頭脳戦を描いたサスペンス超大作。外交官の黒田康作とイタリア旅行中の矢上紗江子は、クリスマス期間で賑わうローマ市内のホテルに入る。

その前日、あるテロ予告を受け、黒田はイタリア日本大使館に赴任していた。ローマで開催されるクリスマスのG8外務大臣会合へ出席する川越外務大臣のイタリア訪問の準備に追われる中、偶然、日本人少女誘拐事件に巻き込まれる。

警察の包囲網を撹乱する犯人グループ。一向に進展しない捜査。様々な思いが交錯する中、全ての鍵はイタリア南西に位置する美しい港町・アマルフィにあることが分かる。

黒田はついに犯人の目星をつけるが、実は誘拐と黒田らの捜査こそ犯人グループの真の目的のために仕組まれた犯行計画の一部だったのだ。

タビナカなら映画の観光名所も楽々!

ローマが舞台の映画はたくさんありますので、あちこち観光したいですよね。でも個人旅行ではどうしても移動に時間がかかってしまったり、迷ってしまって行きたいところに行けなかったなんてことも。

タビナカのローマツアーであれば映画の観光名所をまわり、プランによっては美味しいものを食べたり、送迎があるものもありますので楽々!お客様の希望もできるだけ叶えるのがタビナカツアーの特徴でもあります。ぜひ相談してみてください。

さいごに

いかがだったでしょうか。この5作品を見ればきっとローマの美しさや素晴らしさを知ることができるはずです。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-文化, 映画
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.