【イタリア×映画】観たらあなたも行きたくなる、ヴェネツィアが舞台の映画5選

 2016/08/23

 3,998

4.ベニスに死す

登場する観光地

リド島、リド島「ホテル・デ・バン」

ストーリー

ドイツの作家、トーマス・マンによる同名の小説が原作であり、彼の実体験をもとにして書かれたもの。

1911年ドイツ人の作曲家グスタフ・アッシェンバッハは休暇で一人リド島を訪れていた。そこでポーランドから訪れていたある女性と彼女の息子タジオと出会い、彼の美しさに惹かれてしまう。

http://eigato.com/wp-content/uploads/2011/08/%E3%80%8E%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%81%AB%E6%AD%BB%E3%81%99%E3%80%8Fsub2.jpg

自分が少年に心奪われていることに気づき、彼は気持ちを抑えるために島を出ることにした。しかし、ある手違いでリド島に滞在しなければいけなくなり、再びタジオと会ってしてしまう。

この頃、ヴェネツィアで流行していたコレラに感染してしまうグスタフ。それでも彼はタジオのそばを離れなかったのだが...。同性愛を描くことに対し禁忌的であったこの時代、「ベニスに死す」は世界に衝撃を与えることとなる。

【次ページ】イタリア・アカデミー賞を総なめにした作品

1 2 3 4 5


-