社会

【速報】イタリア中部でM6.4の大地震発生

更新日:

イタリア中部で地震発生

現地時間8月24日3:30頃、イタリア中部のノルチャなどでマグニチュード6.4の地震が発生しました。

日本時間8/26 14:30時点で約250人が死亡し、さらなる被害の拡大が予想されています。

(BBCニュースによりますと、38人死亡、150人以上が行方不明となっております。)

また、未だに生き埋めにされている人も多くいるとされています。

ウンブリア州

ウンブリア州

震源はウンブリア州、ペルージャ県ノルチャ南東から10kmの地点のようです。

前震・余震は?

エミリア・ロマーニャ州

赤で囲まれた箇所がエミリア・ロマーニャ州

また、この地震の数日前から、同じくイタリア中部エミリア・ロマーニャ州(ウンブリア州より北部の州)などでもマグニチュード2程度の地震が発生していました。

ですが、今回の地震との関連はまだ確認されていません。

地震の規模・写真

イタリア中部、ラツィオ州リエーティ県の町、アマトリーチェの市長は声明を発表し、「町の半分がなくなり、多くの方々が瓦礫の下に埋もれてしまったのだ」と述べてます。

一番被害の大きかったアマトリーチェの様子

地震の惨状。本当に心が痛みます。

https://twitter.com/Corriere/status/768427844871544832 https://twitter.com/Corriere/status/768397129052254208

生後8か月の赤ちゃんが、何とか救出されています。

イタリアと地震

地震大国日本にとって、ヨーロッパというと地震が少ないイメージがあります。

ですが、イタリアはその中では比較的地震が多いことで知られています。

イタリアは、世界13番目に大地震(M5.5以上)が多く、ユーラシアプレートとアフリカプレートの境界に位置していると考えられているようです。

過去の地震

2009年アクイラの地震では、300人が死亡。
また2002年のサンジュリアーノ(プッリャ)での地震では、学校が埋まり生徒全員が死亡するなどの大惨事となっています。

このように21世紀だけでもかなり大きい規模で地震が起きていることがお分かりいただけると思います。

30年前の、アッシジでの地震。

8月24日はポンペイが埋もれた日

少し話を古代へ戻してみましょう。

古代ローマ帝国時代、ヴェスヴィオ火山が噴火し、ナポリ近郊の都市であるポンペイ、そしてそこに暮らす人々が生き埋めになってしまったことがよく知られています。

そして、そのヴェスヴィオ火山が噴火した日が、紀元79年の8月24日だったのです。

https://twitter.com/euro_tour/status/768179794462715904 https://twitter.com/massi3112/status/768314094738812928

非常に痛ましいことですが、原因が似た2つの自然災害が同じ日に起こってしまうこととなりました。

ローマ教皇も声明を発表

また、ローマ教皇はTwitterを更新し、今回の地震に対する声明を発表されました。

訳: 私の(地震の犠牲者に対する)大きな痛みとともに、私はこの地震で被害に遭った全ての人々と共にあることを表明する。

輸血のお願いも

イタリアで輸血を行っている団体AVISは、facebookから、輸血のお願いを呼びかけています。

訳:今回起こった地震により、全ての血液型の血液が必要です(ケガ人救護のため)。8時〜11時の間に身分証を持ってリエーティの病院までお越しください。

アマトリチャーナの故郷を救え

最も被害の大きかったアマトリーチェはイタリア料理のアマトリチャーナの発祥の地として知られています。

寄付活動としてこのような取り組みが行われています。

アマトリチャーナの故郷を救え

アマトリチャーナと頼んだ客と、それを提供する店が1ユーロずつを義援金として寄付するといったものです。

日本でも日伊協会加盟店で導入を検討する動きがあるようなので、日本のイタリアンレストランでも今後このような寄付活動が行えるようになるかもしれません。

地震関係の記事

(9/3 AM11 公開)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-社会
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.