ミュージック 文化

切なくも力強いリズムが耳から離れない!ロックバンド 〈Modà〉を知らないあなたへ

更新日:

イタリアで人気を博し、着実に知名度を上げつつあるイタリアのロックバンド〈Modà(モダ)〉。特に近年はMTV Awards のバンド賞を受賞するなど、実力派への道を歩きつつあります。

今回は、そんなロックバンド、Modàについて紹介していきたいと思います。

Modàとは

スクリーンショット (14)

Modàとは、2002年、イタリア北部ミラノで結成された、5人組のバンドです。

また、Modàという名前は、エルバ島にあり、当時人気だったディスコの名前からインスピレーションを得たと発言しています。

メンバー

シルヴェストレ(Kekko Silvestre)

francesco_silvestre_1

http://biografieonline.it

ヴォーカル、ピアノを担当しています。

アッリゴーニ(Diego Arrigoni) 

エレキギターを担当しています。

フォルチェッラ(Stefano Forcella)

ベースを担当しています。

ディラーニ(Claudio Dirani)

ドラムを担当しています。

ザッパローリ(Enrico Zapparoli)

エレキギター、アコースティックギターを担当しています。

歴史

2002年~2008年

ボーカルであるシルベストレが結成したこのバンドは、当初(2002年~)は、インディーズとして活動するにとどまっていましたが、2005年に発表したアルバム「Ti Amo Veramente」をキッカケとして、人気が上昇していきます。

また、2005年に開かれたカトリック教会が運営する若者の祭典「ワールド・ユース・デイ」にも出演、その後も次々とシングルを発表し、着実に力をつけていきました。

ですが爆発的な人気があったというわけではなく、比較的下積み時代が長かったと言えるかもしれません。

2009年~2012年

2009~2010年にかけて、Modàが発表したアルバム『Viva i romantici』、およびシングル『Sono già solo』で、彼らの知名度は一気に伸びることになります。

特に『Sono già solo』はイタリア国内のダウンロード数ランキングで1位を獲得し、2010年の全国ツアーも大成功に終わります。

2009~2011年は、Modàにとっても転機となった年であり、各地で様々な賞を獲得し、評価は急上昇、特に『Viva i romantici』は総売り上げ約50万枚を記録しました。

2013年~現在

2013年を過ぎても、彼らの人気は衰えず、その年のMTV Awards(日本レコード大賞に近い賞)を受賞し、その後も毎年のようにノミネートされ続けています(2016年も)。

また、アルバム『Gioia... non è mai abbastanza!』や『Passione Maledetta』も好調で、2016年にはミラノのサン・シーロスタジアムで8万人の観衆とともにコンサートを実施、大成功に終わりました。

このように、決して爆発的ではなく、着実に力をつけ、イタリア全土に次第に勢力を拡げているというイメージです。

どんな歌を歌うのか

ここまでに掲載していたPVを見ていただくと分かるかもしれません。ゆったりとした中に、力強さを合わせ持った曲調になっています。

また、男女の恋愛に関する歌が非常に多く、「もしあなたがいなければ光がみえない」や「君はあの日見たきらめく星なんだ」など、少し照れくさくなってしまうような歌詞がたくさんちりばめられています。

ですが、歌詞がイタリア語特有の抑揚のあるリズムとマッチし、非常に情熱的に聞こえます。

曲の詳しい紹介は、後日別のページで更新したいと思います。

どんなアルバムがあるの?

これまでにModàが出したアルバムは、全部で6枚あります。

そして、その中でも特にオススメなのがViva I RomanticiとGioia Non è Mai Abbastanzàです。

Viva I Romantici

Gioia Non è Mai Abbastanzà

前者は、アップテンポな曲調の曲が多く、後者はしっとりと聴かせるものが中心になっています。

いくつか曲を聴いてみて、もし気に入ったら是非購入してみてください。イタリアのバンドは、日本では全く知名度が無いに等しいので、もし気に入った際には是非是非布教していただけたら嬉しいです!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-ミュージック, 文化
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.