Sport [スポーツ]

【セリエA】ロナウドやバッジョも!<インテル>歴代背番号10番の系譜を追う

投稿日:2016-10-17 更新日:

歴代10番は誰?

日本代表DF長友佑都選手が所属する、イタリアの名門クラブ「インテル・ミラノ」。

セリエAを幾度となく優勝し、まさにイタリアのトップを走ってきたインテルでは、過去にどのような選手がいたのでしょうか?エースナンバーである10番を取り上げ、振り返ってみたいと思います。

1.ステヴァン・ヨベティッチ

在籍シーズン:2015-

生年月日:1994年5月6日 (22歳)

国籍:モンテネグロ

昨シーズン、移籍市場が閉じる直前でインテルに加入したヨべティッチは、なかなか結果を出せず、ベンチを温めることも。それでも得点能力の高さを感じさせる彼のプレーには、今シーズンも注目。

恩師のマンチーニ監督がいなくなってインテルで、再び輝きを取り戻すことはできるでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=ExDdrDut9gE

2.マテオ・コバチッチ

在籍シーズン:2013-15

生年月日:1994年5月6日 (22歳)

国籍:クロアチア

現在:レアル・マドリー(スペイン)

「クロアチアの至宝」との呼び声が高いクロアチア人MF。センスのあるパス、特にドリブルはトップレベルで、インテルでもトップ下で活躍しました。ですが球離れの悪さ、シュートの決定率の悪さなどが目立ち、才能を活かしきれなかったのは事実。

レアル・マドリーに移籍しましたが、控えに回る日々が続いています。まだ22歳、さらに輝いてほしいところです。

https://www.youtube.com/watch?v=I-HlIcfbRHk

3.ウェズレイ・スナイデル

http://image.news.livedoor.com/newsimage/4/6/46685_854_16243_ext_05_0.jpg

http://image.news.livedoor.com

在籍シーズン:2009-13

生年月日: 1984年6月9日 (32歳)

国籍:オランダ

現在:ガラタ・サライ(トルコ)

オランダの司令塔は、インテルで文字通り全盛期を迎えます。タイミングの良いパスやセットプレーで多くのゴール・アシストを記録し、2010年にはセリエA・イタリアカップ・チャンピオンズリーグの3冠を達成(イタリア史上初)。

また、長友佑都と大親友であることも有名です。

4.アドリアーノ

在籍シーズン:2004-06

生年月日:1982年2月17日 (34歳)

国籍:ブラジル

現在:アトレチコ・パラナエンセ?

問題児のアドリアーノは、インテルでの活躍はまずまずといったところでしょうか。パワフルかつ巧みなドリブル突破、高い打点のヘディング、鋭いシュートなど、パワーを前面に押し出したプレーが特徴。

ブラジルのチームに所属しているようですが、現在はブラジルのスラム街で生活していることが報じられるなど、実際のところは分かりません。

【次ページ】ロナウドやバッジョは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Sport [スポーツ]
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.