留学 留学体験談 長期滞在

私がローマに留学した軟弱な理由とイタリアの都市の選び方

投稿日:2016-10-21 更新日:

都市選びのポイント

雰囲気・フィーリングは大事

次には、留学の際にどのように都市を選んだらいいかについて考えてみたいと思います。最も簡単な方法は「雰囲気」で決めることです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-7

晴れた日のカラカラ浴場

なんだか適当な気もしますが、もしあなたがイタリアを訪れたことがあるのなら、街の雰囲気を見て・感じて、選んでほしいと思います。

私は、高校の時と大学の時の2度イタリアを訪れたことがありました。1度目は単なる旅行としてローマを、そして2度目は旅行かつ留学先を決める目的でミラノ・フィレンツェ・ボローニャ・ヴェネツィアを訪れました。

観光と留学は違う

1度目はあまりにも昔なので割愛しますが、2度目のイタリア旅行で感じたことがありました。それは「この街キレイだけど、留学とは違うな」「この街絶対また来たいけど、なんとなく留学する雰囲気じゃないな」というものです。

その結果、2度目の旅行では訪れなかったローマを選択することになるのです。

14570736_1778607279088983_3972347992907068655_o

ナヴォーナ広場

雑だと思われるかもしれませんが、1年生活するのですから、自分のフィーリングは大切にすべきでしょう。留学は観光ではありません。

単なる目玉スポットや観光の意識、治安面の不安ばかりにつられると、逆に後悔することもあるかもしれません。

治安問題

イタリアは治安が悪い

ご存知の通り、イタリアは日本に比べれば圧倒的に治安が悪いです。スリや万引きなんてどこでもよく聞きます。特にローマやナポリなどの南部の場合、危険度がさらに増すということで敬遠される人も多いかもしれません。

ローマは落書きだらけ。その最たるものが地下鉄でしょう。

ローマは落書きだらけ。その最たるものが地下鉄でしょう。

ですが、イタリア内ならそれほど変わりはないように思います。どこに行っても油断せず、日本とは違うという意識を持てれば、次第に生活していく中での緊張は解けてくるはずです。

関連記事

どこが危険か、なんて分からない

夜は交通渋滞

夜は交通渋滞

さらに昨今では、テロの危険性も増しており、イタリアのどこでテロが起こるかは分かりません。首都ローマかもしれないし、北部最大の都市ミラノかもしれないし、ヴェネツィアかもしれない...

今現在では「どこを選んだから危険だ・安全だ」とは一概に言い切れないと考えています。

さいごに

もし他都市へ留学されている・されていた方などに不快感を与えましたら、お詫び申し上げます。あくまで私の視点から、ローマで留学することについて考えてみたつもりです。

もちろん、私もまだまだ留学初心者。これからいくらでも考えは変わるかもしれません。ですが、少なくとも今のところ、自分の直観を信じて選んだローマで、何も後悔はしていません。

一生に一度あるかないかの留学。色々なことに考えを巡らせながら、留学について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-留学, 留学体験談, 長期滞在
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.