トリノで過ごした2ヶ月の大学生活と、日常を振り返る

 2016/10/30

 948

トリノでの留学を考えてみる

私は9月から北イタリアにあるピエモンテ州トリノに留学しています。

留学を考えている学生さんの中には、そろそろ来年度の留学先を決める、という方もいらっしゃるのではないのでしょうか…??

Turin (Torino), high definition panorama at twilight

しかし情報が乏しいこともあり、どの都市にすれば良いのか迷うところ。

そこで今回は、私がトリノで1ヶ月生活してみて感じたことを「学習」、「生活」の面からつらつらと書いてみようと思います!

 

学習

イタリア語の授業

私の留学の主たる目的は「イタリア語の語学力向上」でした。そのため主にイタリア語の授業を週2コマ(週計4時間)受講しています。

「アレ、少ない」と思われた方もいらっしゃるかと思います。実際のところ、我々留学生が受けられるイタリア語の授業はこれだけです。

もしかすると、純粋にイタリア語の語学力向上を目指したいのであれば、語学学校に行った方が良いのかもしれません…

通常授業でイタリア語を補う

そこで私は、通常開講されている授業も取ることにしました。

トリノは国立映画博物館もある映画の街ということで、映画の歴史や方法論を学べる授業もあります。

gal_04

授業はとても楽しいですが、イタリア人向けの授業だと想定されているので、イタリア語を話すのも速く、ノートや聞き取りが追いつきません…

教授に許可を得て、録音して後で聞き直し、なんてことも。とてもハードなトレーニングです…

日本語の授業は?

また皆さんの中には、「トリノ大学には日本語の授業は無いの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

トリノ大学には日本語の授業があります。2、3年生には授業の大半が日本語で展開されるという高水準ぶり。

また日本語、イタリア語間の翻訳を学べる授業もあるということです(まだ始まっていないので詳細不明)。

こうした授業に出席する学生は皆日本に興味があるので、友達作りには最適です(しかも日本語が上手)。

お互いの言語を教えあったりして語学力が向上することもあると思うので、私も密かに期待しています…!笑

関連記事

私がローマに留学した軟弱な理由とイタリアの都市の選び方
私がイタリアに到着して、ほぼ一か月が過ぎようとしています。毎日やることが多く、気づいたらもうこんなに時間が経っていたのか、とい...

【次ページ】生活面のこと

1 2


-