Società [社会]

【速報】ベルリンテロ事件主犯格の男、ミラノで発見。銃などで抵抗も射殺される【動画】

投稿日:

ベルリンのテロ事件から約1週間

先週からヨーロッパ中を震撼しているテロ事件。その中でも特にベルリンのクリスマスマーケットにトラックが突っ込み、12人死傷、50人以上が負傷した事件は、イタリアでも日本でも大きく取り上げられていました。

ミラノ郊外で発見

そして、主犯格の人物が未だ逃走しているということも伝えられ、各国に緊張が走っていましたが、そのチュニジア系男性アニス・アムリが、イタリア・ミラノ郊外で発見されました。

発見された場所は、ミラノ郊外ロンバルディア州のセスト・サンジョヴァンニという街で、近くにはF1で有名な街であるモンツァもあることが知られています。時間は深夜3時ごろということで、人通りは多くなかったようです。

職務質問を拒否し発砲

イタリア・レップブリカ紙によると、サンジョヴァンニで見つかった男は、警官の職務質問を拒否、すぐさまためらうことなく警官に向かって発砲し、一人が肩にケガを負いました。

その後も車の陰に隠れたり、火を放ったりして銃撃戦に応じていましたが、最後は銃殺されています。彼は銃撃戦のさなか「アッラー・アクバル(Allah Akbar)=アッラーは偉大なりを意味するイスラム教の祈りの言葉」を叫んでいたようです。

事件後の動画

関連記事

オリンピックの陰に隠れて...イタリアに忍び寄る「テロ」の足音
移民の密航手引きの男、逮捕過激派組織IS(イスラム国)に忠誠を誓うチュニジア人の男らが5日、密航手引きの容疑で逮捕されました。...

出典:

http://milano.repubblica.it/cronaca/2016/12/23/news/sparatoria_sesto_san_giovanni-154711759/?ref=HREA-1#gallery-slider=154713775

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Società [社会]

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.