スポーツ

【カルチョ】セリエA史上最強?ユベントスについて知っておくべき10のこと

投稿日:2017-02-25 更新日:

4.イタリア史上初の自前スタジアム

イタリアのサッカーチームは、イタリア国立のスタジアムを借りる形で試合を行っています。この場合、スタジアム使用料を払う必要があったり、老朽化に伴う改修が進みにくいなどの様々な問題を抱えてしまいます。

実際、ユヴェントスのライバルであるインテルやミランが利用するサン・シーロでは、この問題が付きまとっています。

関連記事

ですがユヴェントスは2011年3月にイタリア初となる自前のスタジアム「ユヴェントススタジアム」を完成させました。そしてそれ以降、ユヴェントスのクラブ運営も順調に上向き、間違いなくセリエA初の前例を作ったと言えるでしょう。

収容人数は41000人とそれほど多くはありませんが、毎試合ほぼ満席に近いファンを集め、ユヴェントスの手法を真似ようとするクラブが次第に増えています。

5.初の欧州優勝は1985年

ユヴェントスが初めてヨーロッパチャンピオンになったのは1985年のこと。決勝でリヴァプールを破ったのは、ユヴェントスの英雄的スター選手ミハエル・プラティニのPKでのゴールでした。

また決勝が行われたブリュッセルスタジアムでは、「ヘイゼルの悲劇」と呼ばれる両チームのファンによる暴動が起き、39人が死亡、400人以上が負傷という最悪の事態となりました。そのためこの決勝は、史上最も悲劇的な決勝として語られていくこととなります。

6.決勝に弱い?

国内では圧倒的な強さを誇り続けるユヴェントスは、ヨーロッパにおいても様々な栄光を手にしていますが、それと同時に決勝でなかなか勝ちきれないチームともされています。

ユヴェントスはヨーロッパの栄冠を2度手に入れていますが、準優勝を5回も経験していて、ユベントスほど決勝で何度も破れているチームはないといえるでしょう。

2014/15シーズンは、決勝でバルセロナに3-1で敗戦してしまったことは、記憶に新しいかもしれません。

7.3冠は未達成

強豪チームのユヴェントスですが、主要大会3冠(セリエA、コッパイタリア、UEFACL)は未だ達成していません。1994/95シーズンや2014/15シーズンは国内2冠とあと一歩のところまではたどり着きました。

現在イタリアで3冠達成したチームは、2009/10シーズンのインテルだけとなっています。

【次ページ】カルチョスキャンダルの真相は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-スポーツ
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.