All'estero [長期滞在]

【再掲】日本人大好きなイタリア人おじさんが、ローマでアパートを貸したがってます。

投稿日:2017-04-30 更新日:

最初に

本記事で紹介していたアパートについてですが、以前サイトを読んで興味を持ってくださった方から、多くの連絡を頂きました。しかし、4月上旬時点で様々な問題が発生し、結果として興味を持っていただいていた皆さんに、一時的にお断りをしなければならないことになりました。

理由としては、私のホームステイ先の親戚同士が、賃貸に関する意思の疎通ができていなかったことにより、私のところにいくつか誤った情報が流れ、その結果私も本サイトに誤った情報を掲載してしまったことです(特に時期賃貸料などに関して)。私が本サイトで提示した条件に基づいて、実際に興味を持って下さった方と連絡を取っていた最中に、このようなことが発覚してしまいました。興味を持ってくださった皆様にご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳ございませんでした。

ですが、後述するジャンニの「家を貸したい」という気持ちには変わりはなく、再び依頼を受けたため、今回は正確な情報を得られるようこれまで以上に細心の注意を払い、もう一度興味のある方からの募集をかけることにしました。うやむやにして再掲示することもできましたが、家を選ぶ際の信頼などのことも考え全て書かせていただきました。

では、記事の内容に移ります。

誰か、家に住みませんか?

現在、私はホームステイでおじいちゃんとおばあちゃんと3人暮らしをしているのですが、彼らの息子が最近、自分の家に住んでくれる人を探しているというのです。

「家に住んでくれるって...同棲?」「そういえば彼独身だったよな...」とか色々なことが頭を巡りましたが、実際はそんな冗談のような嫁探しの話ではなく、純粋に自分の家に住んでくれる人を探している、とのことでした。

なぜ家を貸すのか

ジャンニのFacebookより

その息子の名前はジャンニ。どこにでもいる名前の50歳過ぎのきさくなおじちゃんです。そんなきさくさとは裏腹に、彼は警察官として事件捜査などを担当しています。

実は彼、ここ数年はクロアチアの警察に出向中で、クロアチアの首都ザグレブに住んでいます。そのため彼が買った家は空き家として放っておかれてしまっているのです!

若い頃のジャンニ

そこで、せっかくなら自分の家を貸そうと考え、私に相談してきたのでした。

特徴

特徴を載せますが、とりあえず住居情報だけが見たい方は次のページへ進んでください。

その1 アクセスが良い

住所:Via Grande Muraglia 57, Roma Eur

住居はどこにあるかというと、ローマ中心部から少し行ったメトロB線・EUR Palasport(エウル・パラスポルト)近くにあります。メトロを使えば中心であるテルミニTermini駅まで15分、コロッセオColosseo駅まで10分

駅からは徒歩10分もしくはバスで4駅ほどで、イタリアの住宅地においてはかなりアクセスしやすい場所にあると言えるでしょう。

その2 住環境が良い

googleストリートビューより

立地条件だけを考えれば、ここよりも安くて近いアパートはそれなりにあるかもしれません。ですが考えるべきは近さよりも住みやすさです。

先ほど説明した買い物のしやすさだけではありません。ローマ中心部は交通渋滞、騒音、大気汚染などがひどく、あまり住むのには適していません。どちらかと言えば訪れるための場所です。

googleストリートビューより

それを考えれば、メトロで10-15分というのも十分に近いと言えるでしょう。

近くにはバールやピッツェリア、大きな公園もあります。

その3 買い物がしやすい

近くには安いスーパーやバールがあるだけでなく、巨大商業施設であるEUROMA2があります。この規模の商業施設はローマには2.3しかない、というくらい大きいです。ここで買い物をすれば、わざわざ混雑したローマ中心地へ行くことなく買い物を済ませることができます。

その4 親戚の対応も安心

ジャンニのアパートは建物の5階ですが、実は彼のアパートの近くにはたくさんの親戚が住んでいます。私がホームステイでお世話になっている老夫婦だけでなく、老夫婦の4人の息子・娘が全員同じ地域に住んでいます

そして、彼がいない間に部屋を管理している娘(アントネッラ)は、彼の部屋の下の階に住んでいるので、何か困ったことがあればいつでも聞けるはずです。

googleストリートビューより

機会があれば親戚のパーティーに招待してもらえるなんてこともあります。実際おばあちゃんも「ジャンニの家に住んでいた日本人のあの子はすごくいい子だった」と話すほどなので、お互いによく知った仲になっていたようです。

何かと不安の多い海外一人暮らしで、近くに頼れる人がいるというのは何よりも心強いのではないでしょうか。

その5 貸すのは日本人の学生メイン

彼は一つだけ決めている条件があります。それは「貸すのは日本人だけ」ということ。実は数年前、彼が出向したばかりの頃、1年間日本人の学生に家を貸していました。そしてその時の彼女の対応や家の使い方などを見て「なんてキレイに家を使ってくれるんだ!」と感激したそうです。

特に、家賃のために多くのお金を払わなければならない、学生にこの家を使って欲しいと考えているようです。

そのため彼は、日本人以外には家を貸したくないと考えています。ですがイタリアで日本人を探すのは決して簡単ではありません。しかもローマで出会う日本人は、当然ですが日本で住居などの準備を済ませてから来ているのですから、住み手が見つからないのは当然のことと言えるでしょう。

AirBNBを使わない理由でもあり、私がここに記事を載せることにした最大の理由です。

その6 部屋が大きくキレイ

彼の家はとにかく一人で住むのには十分すぎるほど広いです。4人家族にピッタリなほどの大きさを持ちます。場合によっては日本人学生2人でのシェアハウスなんかもできるかなと思います。

大きなリビング、キッチンルーム、寝室、風呂とトイレが備わっています。バルコニーも広くて広くて驚くほど。数年前にリフォームをしたため、室内は綺麗で家具も新しいものが揃っています。

さらにジャンニは、以前住んでいた日本人のために勉強机も購入しているので、勉強にも集中できるはずです。

その7 家賃や光熱費のこと

家賃ですが、ジャンニ本人による意向もあり、学生と社会人の方で2つの家賃を設定させていただくことになりました。

学生の方:月€550(日本円で約63000円)(学生シェアハウスなどの場合は要相談)

社会人の方:月€700(日本円で約80000円)

どちらも水道光熱費などは別です。

その8 期間は1年以内

部屋を借りる期間についてですが、1ヶ月~1年まで柔軟に対応することができます。ここで1年以内という風に設定させてもらいましたのは、ジャンニが近いうちに出向先から帰ってきた場合、住む場所が無くなってしまう、という理由からです。

【次ページ】住居情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-All'estero [長期滞在]
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.