Musica [音楽] 文化

オーディションを勝ち抜いた実力派!イタリアを代表する人気ラッパーFedezとは

投稿日:2017-02-07 更新日:

イタリアを代表する人気ラッパー!

イタリアの若者が何を聴いているかということを考えると、日本よりもラップを聴く人の割合がかなり高いです。イタリア語だけでなく英語の曲もよく聴くイタリア人にとっては、エミネムなどが圧倒的人気を誇っていますが、イタリア人ラッパーも負けてはいません。

今回はイタリアで人気を誇る若手ラッパー・Fedez(フェデズ)について紹介します!

Fedezのプロフィール・人生

Fedezは1989年生まれ、ミラノ出身のラッパーです。本名はFederico Leonardo Lucia。

最初の転機は2011年に

2007年頃から音楽活動を始めたFedezはEP盤 Pat-a-Cake、2010年にもEP盤 Diss-Agioなどを発表しましたが、彼にとっての転機となるのは、初アルバムであるPenisola che non c'èが発表された2011年でしょう。

そして同年の2枚目のアルバムIl mio primo disco da vendutoには、イタリア・ラップ界を引っ張るGué Pequeno, Entics, Marracash, J-Ax, Jake La Furia e i Two Fingerzなど、多くのラッパーがフィーチャリングなどで参加したことで一躍注目を浴びることになります。

その後も共同合作の曲などを発表しながら次第に力をつけていきます。

2度目の転機は2014年に

Fedezにとっての更なる転機は2014年に訪れます。それはイタリアの人気番組であるX-Factorという音楽オーディション番組への出演です。この番組内で熾烈なオーディションを勝ち抜いた彼は、同年12月に最終選考を突破し、見事ソニーミュージックとの契約を得ることになります。2014年はFedezにとっては本当に重要な年だったと言えるでしょう。

翌年2015年にはPop-Hoolistaというアルバムを発表し10万枚を売り上げました。同年夏にはそれを引っ下げての全国ライブを開催!人気はドンドン伸び、イタリアを代表するラッパーへと成長しました。

【次ページ】楽曲の特徴、全身のタトゥー、J-AXとのコラボ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Musica [音楽], 文化
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.