裏技?セリエAや代表戦をイタリア語解説かつ無料で楽しむ方法

 2017/06/08

 368

注意点

もちろんこれらのサイトも事前活動でやっているわけではありません。いくつか注意すべきことがあります。

広告が多すぎ!

さて、動画ストリーミングサイトに辿り着いた後で一番面倒な問題は「広告が多い」ということです。

もちろん、法律的にグレーなことまでして配信しているサイトもあるわけで、何のためにそんなことをしているかと言えば広告で収入を得るためです。そのため一つの動画につき5.6個の広告が配置され、「全てクリックし終えるまで見れない」「30秒強制的に表示される」などの制約がつきまといます。

対策:広告ブロッカーを

そこで導入をオススメするのが広告ブロッカーです。このアプリを導入することで、煩わしい広告を80-90%カットしてくれます。このアプリ導入によって、動画ストリーミングサイトだけでなく、基本的に全てのサイトでの広告がブロックされます(Google Chrome/Internet Explorer/Firefox)

サイトを運営している身としては、これを教えてしまうことでサイトの広告収益が下がってしまう...何てことも考えましたが、役に立つので是非使うべきです(インストール後サイト別個で広告ブロックをすることもできます)。

※広告ブロッカーブロッカー

ですが最近ではその対策として、広告ブロッカーを導入していると、サイト自体が「コンテンツを提供できないから、ブロッカーを解除してね!」とメッセージを表示することがあります。この野郎って感じです。その場合は仕方ないのでブロックを解除し、一つずつ広告が消えるのを待ちましょう。

ウイルス対策も

ストリーミングサイトの中には、ウイルスがあるサイトやフィッシングサイトに誘導するものも一定数あります。ウイルス対策などは事前にしっかりとしておくことをオススメします。

【次ページ】ストリーミングサイトが消えちゃった!

1 2 3


-