Racconto[留学体験談] Studio[留学]

【ホームステイ】忙しすぎ!73歳シチリア出身・イタリアのマンマの1日

投稿日:2017-06-06 更新日:

ローマ留学している私のホームステイ先のホストは、シチリア出身・73歳のマンマ。私たちがイメージするようないわゆる「マンマ」の彼女。70歳を過ぎた今も、毎日毎日を必死に過ごしています。

そんなマンマの一日の生活ってどんな感じなんでしょうか?本記事では、一緒に生活していなかったら絶対見ることのできないであろう、マンマの一日を追いかけてみたいと思います。

AM 7:30 起床・朝食

マンマの朝はとにかく早い!早いと7時、遅くても8時過ぎには起きてきます。もちろんすることのない暇な日でもよいのですが、残念ながら、マンマに暇な一日など全く存在しません。朝からすることが多いマンマはこのくらい早く起きないと、体力的にも仕事が終わらないのです。

「ぐっすり眠れたから寝癖がひどいのよ」「昨日は孫のことが心配でよく眠れなかった」「昨日はベッドから落ちて救急車を呼んだのに、音に気付かないで寝てたの?!」なんてことを話しながら朝ごはんです。

AM8:00 テレビ・電話

マンマは朝はニュースを見ます。最近は物騒なニュースが増えているので、マンマの顔も険し気です。マンマ・ミーアも朝だけで10回は聞きます。それだけマンマ・ミーア(なんてこった)な世の中になったのでしょう。「昔のイタリア、昔のローマはよかった」なんて話をいっぱい聞かせてくれます。

一通り終わると子どもたちへの電話タイムが始まります。マンマには子どもが5人いるのですが、まずは娘たち(2人)に電話です。これだけよくかけているはずなのに、なぜかマンマは電話番号を登録していません。なんでも親戚たちの電話番号は全部覚えているんだとか。

娘への電話が終わると、今度はクロアチアへ出向中の長男に電話です。仕事が早くて電話に出れないこと、仕事がない日で、寝ているときに電話をかけてしまうこともありますが、とりあえず毎日かけます。長男はもう既に53歳...。いつになってもマンマは子どもたちのことが心配なようです。

AM8:30 家事開始

このくらいの時間からマンマの家事タイムが始まります。家事の内容は主に「洗濯物」「アイロン」「食器」「床掃除」「買い物」「トイレ・風呂掃除」なんかでしょうか

洗濯

マンマは綺麗好きなのもあり、基本的に洗濯しない日を見たことがありません。毎日毎日洗濯機がフル稼働です。しかも1回ではなく、2回・3回とかけるので、本当に大変そう。

同居中の息子夫婦の洗濯物はもちろんのこと、出向中の長男の家のカーテン、ベッドカバー、なんでも全部マンマがやらなければなりません。単純に洗濯といっても、マンマのしている洗濯には本当に終わりが見えません。ちなみに、イタリアでは夜に外に洗濯物を干すことに特に抵抗はないようです。夜に洗濯機を回して、寝る前に外に干しています。多少じとっとしていても大丈夫なんでしょうかね。

アイロン

じとっとしない理由はここにあって、マンマはほぼすべてのものにアイロンをかけます。本当にめちゃくちゃかけます。日本のイメージだと、ポロシャツやYシャツ、ロングパンツなどはアイロンをかけますが、マンマにいたっては、Tシャツ、タオル類全般(ハンカチ、洗面所のタオル、キッチンのタオル、バスタオル)にまで全てアイロンをかけます。逆にかけないのは、下着類くらいでしょうか。タオルにまでアイロンをするというのは、都市伝説じゃなかったんだと思った瞬間です。

更に悪いことに、親戚のアイロンもマンマに回ってきます。さらに息子夫婦の衣類、娘の衣類(50歳くらい)、その娘の孫(25歳くらい)の衣類までぜーーんぶマンマがやります。暑くてアイロンが進まない夏なんかは、本当に山のように洗濯物が積まれています。これを何時間もかけて1人で全てアイロンがけするマンマには脱帽です。

関連記事

食器

基本的には食洗器がやってくれます。前日の夕飯で使った食器を棚へ戻すくらいの作業なのですが、これもマンマにはけっこう大変なんです。なんせ食洗機は下に、棚は上にあるので、思い食器を持ち上げなければいけません。時間自体はそれほどかからないものの、マンマにとってはやはり疲れる作業でしょう。

床掃除

マンマは基本的に掃除機を使いません。もちろんあるのですが、よほどホコリがひどかったり、何か落としてしまった時を除いて、いつもモップを使います。バケツに水をため、洗剤をいれ、モップをバケツに入れて絞って...。もちろん毎日やるわけではありませんが、2.3日に1回や、前日に親戚が多く来たときなんかにやっています。

トイレ・風呂掃除

この辺りの掃除が一番頻度的には低くて、週に1回程度でしょうか。お風呂に関しては2つあり、1つはシャワーボックス、もう1つが湯舟付きなので、基本的に湯舟付きの方しか掃除はしていないようです。やはり湯舟に入らないイタリア、それほど重要度は高くないようで、「マンマにしては」掃除はそれほど丁寧ではありません。

買い物

マンマの最大の仕事の一つが買い物です。私たちの家の近所には、本当にたくさんのスーパーがあるのですが、セールや、その日に買うもの、量に合わせて行くスーパーを変えながら少しでも安くなるように工夫しています。車が必要になるので、もちろんパパも一緒です。

疲れているときやすることがあるときは、だいたいパパだけで買い物に行きます。2人とも節約上手なので、本当に色々なものを比較しながらあれこれ考えて買っています。ですがその中でも、「良いもの以外買わない」ということは一貫していて、自分が認めているものしか基本的に購入しません。これがマンマの食育でしょうか。

【次ページ】マンマは午後も死ぬほど忙しい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Racconto[留学体験談], Studio[留学]
-, , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.