Racconto[留学体験談] Studio[留学]

【ホームステイ】忙しすぎ!73歳シチリア出身・イタリアのマンマの1日

投稿日:2017-06-06 更新日:

PM 0:00 昼食づくり

ランチといえども、マンマには手抜きはありません。これにはかなり驚きました。日本のイメージで考えれば、昼間は比較的軽めなもので済ませて、ディナーに集中するように思われますが、マンマはランチからプリーモとセコンドをつくります。最も、息子夫婦や私が住んでいるので、「よりたくさん美味しいものを食べさせたい」という気持ちがあってのことなのですが。

その分ランチの準備も正午ごろから始まります。鶏肉を解凍したり、ソースを作ったり、使った食器を洗ったり、パスタソースを作ったりパスタをゆでたりと大忙しです。

PM 1:30-2:00 昼食

おおよそ2時前くらいからランチが始まります。マンマとパパ、家にいるときは私と息子夫婦と食べます。この時間は基本的にゆったりです。プリーモであるパスタを食べて、しばらくするとセコンドとコントルノ(サラダなど)です。

昼間から本当にお腹がいっぱいになってしまいます。2時間近くランチを作るために時間をかけるのですから、マンマの苦労は並大抵ではありません。

PM 3:00 休憩かと思いきや...

さてランチの片付けも終わった午後3時ごろからが、一応マンマの束の間の休息時間、ということになってはいます。リビングにあるソファーで寝そべりながら、のんびりと昼の芸能番組を見ているマンマ。ですが、これはあくまでも「マンマのオフの日」。そうでない日は何をしているのでしょうか。

続きの家事

アイロンなどが終わっていない場合、この時間にこなすことが多いです。だんだん暑い時期になってくると、マンマもかなり体力的にきつそう。

関連記事

【体験談】イタリア人と住むホームステイをして良かったと思う5つの理由
ホームステイはイタリアでしよう 一人暮らしや寮生活と違うのが、完全に誰かの家に長期間お邪魔して、一緒に生活を共にするということ...

孫の世話

これが超大変。本当に超大変なんです。マンマの孫の中で最も小さい2人の孫娘(6歳と12歳)がよくやってきます。両親が共働きをしているので、それまでの間は預かっているのです。パパが小学校や中学校まで迎えに行き、家に連れてきます。

お姉ちゃんの方は、本当にまじめで、面倒見も良いのですが、問題なのは6歳の妹。家中を走り回ってパパに怒られ、ソファーの上に逆立ちしてマンマに怒られ、お姉ちゃんに怒られると泣き、家にあるヌテッラを食べ尽くします。彼女が来ると家が大変なことになります。しかも飽きっぽいので、数分遊ぶとすぐ飽きて別のことをしたがります。パパもですが、マンマは本当にへとへとです。

でもこの孫娘のかわいいことかわいいこと。何をしていてもかわいいので、マンマや私も含め、親戚中が彼女にゾッコンです。ちょっと絵がうまく描けるとみんな「なんて天才なの!」なんて言って本当に褒め倒しています。時々お姉ちゃんがかわいそうになることも。

【次ページ】マンマの夜の用事は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Racconto[留学体験談], Studio[留学]
-, , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.