トレヴィーゾ空港とヴェネチア市内のアクセス徹底解説

 2017/07/04

 154

トレヴィーゾ空港とは

他の多くの大都市と同じように、ヴェネチアにもメイン空港とサブ空港があります。ヴェネチアではマルコポーロ空港がメイン空港、トレヴィーゾ空港がサブ空港の扱いです。トレヴィーゾ空港も他のサブ空港しかり中心地からは少し遠く、LCC系の会社が多く利用しており、設備は必要最低限といったかんじです。

関連記事

マルコ・ポーロ空港とヴェネツィア市内のアクセス徹底解説
空港と市内のアクセス解説 おそらく皆さんがイタリアに来て、最初に直面する問題が、空港から市内への行き方問題かもしれません。そこ...

確かに日本からイタリアに来る際にはほとんど利用する機会が無くあまり情報が無い空港でもあります。しかし、ヴェネチアから他のヨーロッパの国へ旅行する際などは使用することも多い空港なので、アクセス方法などを紹介してみようと思います。

また、料金や運行時間などは2017年5月のものなので変更される可能性があるので注意してください。トレヴィーゾ空港⇄市内へのアクセス方法には大きく分けて3つあります!

1.タクシー

最も簡単ですがお金はかかる手段。

ヴェネチアの中は車での移動が禁止されているので、ヴェネチアの入口(Piazzale Roma、ローマ広場)までタクシーを使うことができます。空港出口付近にタクシーが停まっているので、それに乗り込めば問題ありません。距離的にはやや遠いので、値段は少なくとも€5.60以上は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

ヴェネチアから行く場合は、間違えてメイン空港のマルコポーロ空港に行かないよう、運転手に「トレヴィーゾに行く!」としっかりと伝える必要があります。

2.シャトルバス

空港から市内までを直通でつなぐバス。途中のメストレ駅で降りることも可能です。所要時間は1時間ほどで、料金は片道€12(往復€20)

空港の到着ロビーにチケットを買うためのカウンターがいくつかあるので、そこでチケットを買い、バスに乗り込みます。ヴェネチア市内から乗る場合は、Piazzale Roma(ローマ広場)のバス乗り場で直接切符を買うことができます。3社がこのシャトルバスを運行しているので出発時間が一番近いものを選ぶのが正解でしょう。

その中でも有名なものは、ATVO社でしょうか。ATVO社のタイムテーブルは夏期とそれ以外で異なるので、公式ホームページで確認しておきましょう。同じ値段でBarzi serviceも運行しています。こちらも公式ホームページで確認してみてください。

運行時間は空港から市内が7:45-22:30市内から空港が5:30-19:30となっています。

3.バスと電車の合わせ技

乗り換えが必要なため少し難しいですが、最も安いアクセス方法です。

まず、トレヴィーゾ空港ートレヴィーゾ鉄道駅をバスで移動し、次にトレヴィーゾ鉄道駅ーヴェネチア(Venezia S.Lucia)鉄道駅を電車で移動します。ヴェネチア市内からの場合は逆に電車に乗ってからバスで空港に向かいます。

トレヴィーゾ空港ートレヴィーゾ鉄道駅

空港からのアクセスの場合、バス停は空港を出て、右手方向に約1分ほど歩いた場所にあります。ここから、市営バスの6番に乗り込むことで、トレヴィーゾ鉄道駅で下車することが可能です。駅とは反対側の車線に着きます。料金は€1.5、時間は20分程度です。

鉄道駅からのアクセスの場合も同様に6番のバスを探して、空港近くで降りましょう。駅員さんに事前に「Aeroporto(空港)」と伝えておくと、万が一の時も安心かも知れませんね。

平日

休祝日

時刻表の写真を添付しておきます。念のため最新版は公式ホームページで確認すると良いでしょう。

トレヴィーゾ鉄道駅ーヴェネツィア本島

電車Regionale線で両駅間を移動することができます。イタリア国鉄Trenitaliaのサイトで時刻表もチェックすることができるので、事前に確認しておくと良いでしょう!料金は€3.4、時間は30分程度、電車の間隔は40分程度です。

ただし、ヴェネチアと名のつく駅がVenezia Mestre(メストレ駅)とVenezia S.Lucia(サンタルチア駅)の2つあるので、島に行きたい場合はVenezia S.Lucia(サンタルチア駅)で降りる必要があることに注意が必要です。


関連記事