Viaggio [旅]

スーツケースを選ぶ上で大切な5つのポイントとオススメの5ブランドを徹底解説

投稿日:

イタリア旅行のスーツケースは、どうしたら?

皆さんはイタリア旅行に行く際に、どんな荷物を持って行きますか?大半の方は、大型のスーツケースを持って行くのではないでしょうか。

まだスーツケースを持っていない方は「どんなものを購入すればいいんだろう?」と迷ってしまうはずです。特に初めてのヨーロッパ旅行などの場合は、近場のアジア旅行などとはかなり勝手も異なるため、選ぶのが難しいかもしれません。

そこで本記事では、スーツケースを選ぶ上で大切なことや、皆さんに自信を持ってオススメすることのできるスーツケースをご紹介したいと思います。

スーツケースには苦労しました...

本記事の執筆にあたって私も過去の旅行を思い出してみました。これまでの旅行の中で常に最大の問題になったのがスーツケースだったと思うのです。私はイタリアに留学しただけでなく、その前には2ヶ月程度ですが世界一周旅行もしました。加えてその旅行は通常のバックパックではなく、無謀にもスーツケースで敢行したため、常にスーツケースの問題に悩まされることになったのです。

そして、そんな訳の分からない旅行をしてしまった、かつイタリアの旅行を繰り返してきた私だからこそ、使いにくいスーツケースの辛さが誰よりも分かり、そして皆さんにより良いスーツケースについてご説明できるのではないかと考えるに至ったのです。

スーツケースを選ぶ上で大切なこと

1.重量

なんと言っても重量が最も大切です。キャリアによって程度の差こそあれど、チェックインの際に預けることのできる荷物は20㎏前後。

20㎏というと意外とどうにかなると考える方は多いでしょう。ですが、もしスーツケースの重量が8.9㎏もあったら?イタリア旅行の1週間程度の荷物を詰めると、あっという間に10㎏に達してしまいます。

しかもイタリア旅行をしたら帰りにはたくさんのお土産を持って帰りたいのに、もしスーツケースが余計に重かったらそれも叶いません。

1.20年前であれば8.9㎏にもなるスーツケースが非常に多かったのですが、今日では軽量のものが増えています。お土産などのことも考えた上で、必ず軽量のスーツケースを選ぶべきでしょう!

2.サイズ

サイズというのは、基本的にそれほど気にする必要はないかもしれません。チェックイン時預け荷物用のサイズは、およそLサイズに設定されていますので、ほぼ全てのスーツケースで対応できるはずです。

ただそうは言っても、自分に合ったサイズのものを選ぶのがベターでしょう。例えば150㎝の方と180㎝の方とでは、同じスーツケースでも持ちやすさは変わってくるはずです。

一番長い辺(高さ)  目安の旅行日数  サイズ表記 容量(参考)
 40~54cm  2~3日  S 30~54L
 55~64cm  5日程度  M 55~74L
 65~69cm  1週間程度  M 75~84L
 70~75cm  1~2週間  L 80~97L
 75cm以上  2週間以上  LL 97L~

3.丈夫さ

イタリアなどのヨーロッパ旅行では特に丈夫さが求められます。何といっても空港で預けられた荷物は、あなたが想像している以上にずっとぞんざいに扱われます。投げられたり倒されたりします。

中にはイタリアの空港職員が、スーツケースをバールでこじ開けようとしたことが防犯カメラに映り、一時期大問題になりました。

私も7年前に初めてイタリアを訪れた際、明らかにスーツケースの留め金が曲がっていたことがあります。丈夫なスーツケースだったため、留め金が曲がる程度で済みましたが、もし弱いスーツケースを買っていたら結果は違ったかもしれません。丈夫さは重要なポイントでしょう。

4.車輪

イタリアの旅行においては、車輪がしっかりとしているスーツケースを選ばなければなりません。イタリアの舗装レベルは日本に比べて驚くほど水準が低いです。その中でもローマやナポリなどは、スーツケースを転がしながらだと非常に難しいです。

私が留学していたローマでは、舗装の種類がアスファルト、岩、穴だらけのアスファルト、砂、と次々に変わり、スーツケースと私たちの足を破壊しにかかります。

なるべく車輪はしっかりしていて、大きいものにするとよいでしょう。

5.オシャレさ

他のポイントに比べれば実用性という面では劣るものの、それでもせっかくイタリアに旅行にいくなら、やっぱりオシャレなものを持って行きたいと思うのはおかしなことではありませんよね?

是非自分が納得いったデザインのものを選べるようにしてください。

実際にスーツケースを選ぼう!

現在紹介したポイントに気をつけながら、スーツケースを選んでみましょう。自分で実際にお店に足を運んで確認するのも良いかもしれません。

ですが私は、インターネットでの注文が最もオススメです。というのも、ネット注文であれば、大半が送料無料で自宅まで配送してくれる上、サイズ感や色なども写真で非常によく確認することができます。特に、買ったスーツケースをわざわざ家に持って帰らなくていいのが楽ですよね?

というわけでここからは、私がオススメできるスーツケースをご紹介します。

【お得情報】

Amazonの対象スーツケースが10%オフになるクーポンコードを配布中!

商品到着後30日以内に返品すれば商品代金だけでなく返品送料も返還されるので、気になるスーツケースがあれば是非購入してみましょう!割引価格で購入しておき、実物を見て気に入らなければ返品で問題ありません。詳細はホームページより。

クーポンコード:AKIFUYU17

利用期限:2017年9月28日23時59分まで

1.アメリカンツーリスター

アメリカブランドのスーツケースは非常にたくさんありますが、その中で、私が最もオススメとして紹介することのできるのが、アメリカンツーリスター産のスーツケース。

あの高級ブランド・サムソナイトの傘下の会社であるこのブランドは、サムソナイトよりも少しお手頃な上に、その高い品質を維持しているのがオススメポイント。

若者向けブランドとして徐々に注目を集めてきており、今後日本やイタリアでもさらに人気になるかもしれません。人気、品質、価格など、どれをとっても第一級品であることは間違いないでしょう。

唯一の欠点は、他のスーツケースに比べて少しだけ重いこと。事前に自分の航空会社の荷物重量制限をしっかりと確認した上で、購入を検討すると良いでしょう!

2.Roncato

イタリアの老舗ブランドとしても名高いロンカート(Roncato)のスーツケースも非常にオススメすることのできるイタリアブランドの1つです。

軽量なのはもちろんのこと、デザインはBMWやヴォルクスワーゲンなどの車両デザイン経験をもつランバート・アンジェリーニ氏(Lamberto Angelini)が担当しているという折り紙付き。

3.スマートバード

私が成人祝いで両親にプレゼントしてもらったスーツケースです。このスマートバードのスーツケースはハードケースながら非常に軽いのがポイントで、これ1つでイタリアだけでなく南米にも出かけました。

また非常に強度のあるカーボン素材でできているので、信頼度が非常に高い!加えて、1万円程度と低価格なので、学生さんの旅行などにもピッタリでしょう。

4.ガルウイング

私が愛用する旅行用カバンの中では最も小さいもの。それもそのはず、このガルウイングのスーツケースは、あらゆる用途に利用することができます。なんと言っても特徴は、車輪のように使うだけでなく、リュックのように背負うこともできる点です。

小型サイズのチェックイン時預け荷物にすることもできれば、機内持ち込み荷物にすることもできる、また、荷物を軽くすれば観光用のリュックにも早変わりという優れものです。小さな着脱可能バッグがついていたり、容量を大きくすることもできたりと、まさに完璧。

オシャレさがあまりなく、シンプルすぎるのが玉に瑕ですが、この機能性のよさには私の友人のイタリア人も驚き、「イタリアで何とか購入できないかな」と尋ねられたほどです。

5.グリフィンランド

日本産のスーツケースメーカーを代表するグリフィンランド。明治39年創業の株式会社クギマチが作るブランドは、非常に低価格ながらも、性能が高いため、老若男女誰からも非常に満足度が高いスーツケースとして知られています。

デザインはシンプルながらも、カラーカラーバリエーションは豊富なため、自分なりにイタリア旅行にピッタリなスーツケースをチョイスできるはずです。初めてスーツケースを買う方にオススメ!

イタリア限定ブランド. Carpisa

私が最もオススメするのが、このカルピ―ザ(Carpisa)のスーツケースです。こちらはイタリア・ナポリ発祥のブランドなのですが、私が長ったらしく説明した、スーツケースの大切な要素を全て兼ね備えています。

ソフトケースで非常に軽い上に丈夫、そしてイタリア発のオシャレさも光ります。実際、私の家に現在あるスーツケース4つのうち、2つはこのブランドのものです。

しかし残念ながら、日本においてはスーツケースの取り扱いがありません。イタリアのみでの購入となっておりますので、もしあちらで購入する機会があれば検討してみてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?私の苦労や経験などを基に、本当にオススメできるスーツケースを紹介させていただきました。スーツケースを既に持っている方も、まだ持っていない方も、これを機会にぜひ購入を検討してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Viaggio [旅]
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.