情弱でも安心!完璧に個人旅行の情報を収集するための4つの方法

更新日:

イタリアへの個人旅行って難しいの?

現在は多くの方がツアーなどではなく、自分で様々なことを予約する個人旅行を行なっています。
そしてその流れは今後さらに進んでいくことでしょう。

実際、自分で色々と調べられる人にとっては、時によって拘束が多く、高価なツアーを利用しないことによって得られるメリットは大きいでしょう。ですが旅行情報に疎い人にとっては、ツアー旅行はいわば当然の結果で、自分で色々とやるのが不安だからこそ、選ばざるを得ない選択肢なはずです。

では、そんな情弱?な人が個人旅行を計画するにはどんなことが必要でしょうか。私は幼少から、海外旅行で決してパッケージツアーを使わず、全ての旅程を個人で計画している母を見て育ちました。

しかも私の母は、特に英語が分かるわけでもなく、PCに強いわけでもありません。そんな母でも、色々な旅行で様々な情報を見つけてきてくれるおかげで、格安旅行をいつもできました。時にはパリの5つ星ホテルをなんと3人で1泊20000円で宿泊できたことも。

話が逸れてしまいましたが、本記事では、情弱でもできるイタリア個人旅行を成功させる方法を、私のこれまでの見聞や経験をベースにして、皆さんにご紹介いたします。

完璧に個人旅行の情報を収集するための4つの方法

1.旅行ガイドブックを読む

最も有益な情報が詰まっているのはインターネット上かもしれませんが、そこにある情報はどこか断片的で、全体像が掴めないことがあります。という意味で、旅行のガイドブックでは、一つのコンセプトに沿って様々な情報がまとめられています。

時代に逆行する形になるかもしれませんが、やはり少なくとも一冊は持っておくと色々と役立ちます。

圧倒的な情報量が欲しい方は「地球の歩き方」、有名都市ごとに簡単なモデルプランを計画したい方は「ことりっぷ」、写真やイラストを見ながらイメージを膨らませたい方は「るるぶ」、現地の本格的な情報が知りたい方は「Lonely Planet(ロンリープラネット)」がオススメ。

私としては視覚的な情報よりも、たくさんの文章的な情報が必要なので、「地球の歩き方」をオススメします。

2.旅行サイト・メディア

最も色々な情報が詰まっていますが、あらゆる使い方ができますが、その反面情報量が多すぎる点にも注意してください。様々なサイトがありますが、イタリア旅行の計画に直接的に参考になりそうなものを紹介しておきます。

アーモ・イタリア

Compathy Magazine(コンパシー・マガジン)

たびこふれ

この辺りのメディアは、実際にその旅先を訪れた方々による体験談や情報が掲載されています。旅人からの目線である分有益です。

トラベル.jp

3.個人の旅行ブログ

実際に自分が行く場所での生活を除くためには、なかなかガイドブックなどでは難しいところです。代わりに、旅行情報に特化していないブログなどは、実際の旅行で体感した生の経験などが綴られているため、色々と楽しみが広がります。

旅行ブログであれば、多くの場合がGoogleで「〇〇(都市名) ブログ」と検索すればヒットするはずです。

また4travelの旅行記も、けっこう分かりやすいですね。

4.まとめサイト

ここ数年で急速に発展し、新たなメディアの一種となっているまとめサイト、いわゆるキュレーションサイト。

役に立つ側面としては、煩雑なネット上の情報一箇所にまとめてくれているという点です。その反面、キュレーションサイトだけでは旅行の計画に役に立ちません。残念ながら、その観光地に行かずとも情報をまとめることはできてしまうので、具体的な情報が必要な際、あまりキュレーションサイトの言うことを信じるべきではないでしょう。

wonder trip

retrip

あくまでも旅行計画の窓口として利用されてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか。知っている方にとっては至極真っ当な内容だったかと思いますが、旅行情報の集め方をもう一度まとめ直してみました。

次回の記事では、個人旅行を予約されたい方向けに、そのための情報収集や実際の予約方法をご紹介いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.