留学 長期滞在

【体験記】ヴェネツィア1年間の留学 辛かった&楽しかった&大切なことetc総まとめ!

更新日:

現在絶賛就活中の私ですが、ふとイタリア・ヴェネツィアでの生活を思い出し、その経験をお伝えできればと思い、筆をとることにしました。

本記事では、イタリアのヴェネツィアに留学した私の、1年間の留学体験記を綴りながら、ヴェネツィアでの具体的な生活や大学でのこと、得たことなんかについてお話させていただきます。

留学の概要

日本での職業

大学生

留学の種類

大学への派遣留学

滞在期間

2017年9月 - 2017年7月(約11か月)

滞在形式

寮生活

イタリア語学習歴

大学で2年半勉強ののち、3学年秋学期より留学。

留学の理由

なぜイタリアへ留学しようと思ったのか、その街を選んだ理由も合わせて教えてください

イタリアを選んだ理由

私がイタリアに留学しようと思ったのは、大学でイタリア語科に入学したから、という非常にシンプルな理由です。受験前にイタリア語を勉強すると決めて、せっかくそれで入学するのなら、イタリアで留学したいと初めから考えていました。

ヴェネツィアを選んだ理由

最初のキッカケは、長期留学の前の短期留学でヴェネツィアを選択したことでした。私の大学では、夏や冬の長期休暇を利用して、各地の大学に1ヶ月程度の短期留学をすることができるシステムがあります。

ショートビジットにまずは行こう、それでから長期留学のことを決めようと思っていたのですが、部活の関係で日程の調整がつかず、行けるのはヴェネツィアだけ。そういった点もあり、ヴェネツィアを選択しました。

そうして訪れたヴェネツィアで、素晴らしい景色に魅了された私は、長期留学先にもヴェネツィアを選ぶことになります。また、ヴェネツィア大学はイタリアのどの大学よりも日本語教育に特化しており、そういった環境でのやりやすさを想定していたという点もあります。

留学前のこと

留学前の期待・不安などを教えてください

期待に関しては、前述の通り、ヴェネツィアは日本語科に特化した大学があるため、きっと友達つくりに苦労することは無いだろうと考えていました。友達を作って楽しくやれるかな、と考えていたわけです。

また不安に関して。イタリア語が喋れるようになるかなという面では、やはり不安に感じていたところは大きいです。加えて、イタリア語を喋れても一体何になるんだろう?というようなちょっと何とも言えないような悩み?のようなものがあったのも事実です。英語圏留学などで、英語を特化させるべきかも迷いました。

留学前にしておいてよかったこと、しておけばよかったことを教えてください

私がイタリア語科だったこともあり、イタリア語の知識は基本的に頭に入っていたのはやはり大きな利点でした。現地で勉強を開始するのもなかなか大きな挑戦ですので。

ただ、それがすぐに頭の中の出てきて、かつ喋る時に使えるというような状況ではなかったように思います。例えば、未来形と聞かれてパッと答えられないけど、活用の形とかは分かっているので、会話の中で登場すれば「未来形だ」と分かる、みたいな。

ただ留学した経験からすると、そのような段階にあるのは割と普通のことで、留学中に自然と使いこなせるようになっていきますよ。

関連記事

また、単語をもっと覚えておくべきだったなと思います。イタリア留学中「イタリア語を勉強しよう」と意気込んで机に向かう時に、その大半を単語勉強に費やさなければならない時期があったのも事実です。そういった意味では、単語は一番重要な要素かもしれません。

ほかに勉強のしようがないのは、「言い方」でしょうか。こちらも現地に来て覚えようくらいに割り切ってもいいかもしれません。いくら覚えても覚えたりませんから。

留学前に苦労したことがあれば教えてください

飛行機を探すのに少し手間取りました。「まだいいかな」と思っていたら気づいたら留学が近づいていた感じで。それでもキャリアはアエロフロート(ロシアの航空会社)と決めていた分、まだ良かったかもしれません。ちなみにアエロフロートだと安いチケットは探しやすいと思います。

また、ヴェネツィア大学等の手続きは、それほど苦労はしませんでした。ヴェネツィアは、日本人が行く場合、色々な意味で難しくないのかもしれません。

留学中のこと

イタリア・ヴェネツィアはいかがでしたか?

もちろん、街並みが最高なのは、本当に素敵でした。毎日あの街を歩いて大学に通うことができるのが素晴らしかったです。そしてそれ以外にも、最初に想像していた時よりは幾分良かったです。物価もビックリするほど高くありませんでした。

友達ができやすいのもやはり想像通りだったので、「想像通り良かった」というのが率直な感想です。また、あまりヴァポレットを使わなかったため、よく歩くので痩せます。

ですが、イタリア語の勉強に関しては、日本語を喋りたがる人が多過ぎる点は、少し注意すべきかもしれません。勉強している学生のレベルも高いため、ついうっかりすると日本語だけに終始してしまいそうになります。なので、留学生相手にもイタリア語を話してくれる友人も見つかると、何の問題もありません。

寮生活の経験はいかがでしたか?

イタリア人50人ほどと暮らしていたため、イタリア人の若者の素が見れたと思います。騒ぐしうるさいし。日本の元気な若者とそれほど変わらないのかもしれませんが、とても楽しかったです。また、イタリア人同士の人間関係も、寮だからこそより密接に観察、関与することができました。

また、2人部屋だったので、運によってはけっこう大変かもしれません。

私の相方は、掃除はしないし風呂に入らないしと大変で、彼と私のスペースの間には明らかに「臭いの壁」のようなものが存在していました。「ここは息を止めて通ろう」と決めていたスペースもありました。ただ、自分的にはそれほどは苦にならずに過ごせました。人次第だとは思いますが。

楽しかったことなどを教えてください。

ヴェネツィアは街全体を歩くことができるため、終電などの心配がありません。そのため、夜遅くまで遊んで、好きな時間に寮に帰ることができたので、かなり自由があったと思います。

寮のみんなと遊ぶ時は、そのままみんなで帰ってこれるの良いところでしょうか。また、大学の日本語科に遊びに行くと、日本人というだけでチヤホヤされるので「なんか自分の存在価値あるな」と思っていました笑

また、旅行もとっても楽しかったです。友達と行った旅行もとても楽しかったけど、やはり一人で行った旅行の方が記憶に残っていますね。冬のギリシアでベッドバグに刺されたりもしました。

苦労したこと・失敗談などがあれば教えてください。

寮生活です。楽しかったけど苦労も色々とありました。例えば、クリスマスやイースターなど、家族で過ごす大切な行事の際には、寮生のイタリア人たちはみんないなくなってしまいます。

ちょっと言い方は悪いかもしれませんが、できればイタリア人とそれまでに仲良くしておいて、クリスマスに招待してもらえるような関係になっていれば、きっといいんじゃないかなあと思います。

また最も苦労?したことが、男性にたくさんモテたことでしょうか。自分は同性愛者のタイプではなかったため、やはり戸惑うことも多かったです。苦労というほどではないかもしれませんが。

留学中しておけばよかったことがあれば教えてください。

もっとヴェネツィアの写真を撮っておけばよかったなと思います。また、もっと旅行しておきたかったです。ちなみに、イタリア語の目標も、ネイティブ並になろうとかではなく「コミュニケーションがとれて、仲良くなれればいいな」と思っていました。

留学後のこと

あなたが思う留学の成果(学問や語学的な意味)を教えてください。

イタリア語に関して言えば、CILSのB2という資格を得ることもできましたし、やはり上がったなと思います。特に聞く力はしっかりついたかなと思いますし、

観光学をイタリア語で勉強しましたが、そこで得た知識というよりは、むしろそれをキッカケにして勉強への意識が高まったという方が正しいかもしれません。

あなたが思う留学で得た力(生活や経験で得たもの)を教えてください。

寮に住んでいたことで、他人と生きる共生力のようなものはより身についたかなと思います。2人部屋だったのですが、同じ部屋の相方が全然お風呂に入ってくれなかったり、あまりにも掃除をしなかったりと、慣れるまではけっこう辛かったですが、最終的にはどんな状況でも生きていけるなと思います。

また、寮の中ではイタリア語を喋れる唯一の外国人というポジションでした。その他の人は英語を勉強しにきている人なども多かったので、その中での困ってる人を助ける力のようなものもついた気がします(調整力とでもいうべきでしょうか)。

今後したいことを教えてください。

正直言うと、そこまで欲はありません。「イタリア留学を活かして」みたいなものは、実はあまりなくて、これから先も自分らしく生きていけたらいいなぁと思ってます(笑)

こうゆうとこには、本当なら「留学を活かしてイタリアで働きたいです!」とか書くべきなのかもしれませんが(笑)

さいごに

いかがでしたか?私は大学でイタリア語を学び始めたときから、イタリアに留学したいな、という風に考えて留学しました。

それでも得たのは単なる言葉ができることではなく、より人を助けてあげられるようになったこととかたくさん友達ができたとか、ちょっと意外なものかもしれません。

留学の形は人それぞれです。皆さんも自分のしたいイタリア留学を実現させてくださいね!

他のメンバーの体験談を読んでみたい方は、こちらもどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

編集者Y

ヴェネツィア大学に留学。観光や芸術史などの授業をとったが、たぶん本当に頑張ったのは遊ぶこと。 主にヴェネツィアや旅行関係の記事を書きます。

-留学, 長期滞在
-, , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.