ミュージック 文化

イタリアで最も成功した歌手の1人...Ligabueの魅力・特徴・人気曲を徹底解説

更新日:

イタリアのミュージックに興味がある人をより引き込む、興味があまりない人も聴くキッカケとしてもらうことを目的として書いているアーティストの記事。

これまでは比較的若いアーティストに目をつけ、まとめてきましたが、この記事では渋くてダンディなシンガーソングライター、リガブーエについてご紹介し、魅力をお伝えできたらと思います。

1.Ligabueとは

基本情報
名前 Luciano Ligabue(ルチアーノ・リガブーエ)
生年月日 1960年3月13日
国籍・出生地 イタリア・コッレッジョ
ジャンル オルタナティブロック、ポップ
活動期間 1987年ー今日
レーベル ワーナーミュージック
代表曲 Urlando contro il cielo, Certi Notti, Made in Italyなど
私生活 生粋のカルチョファン&インテリスタ

2.Ligabueの音楽について

リガブーエの特徴を一言で表すなら「歌声だけで伝わるセクシーとダンディさ」でしょうか。

イタリアのアーティストの中でも、ここまで特徴的な歌い方をする人は、そう多くないと思います。そういった意味で同時代のイタリアのアーティストと比較すると、Vasco RossiよりZuccheroに近いかもしれません。

そして、PVを見ずとも、声だけで彼のセクシーさやダンディーさを想像できてしまうのが、またリガブーエの魅力です。なぜか繰り返し聴きたくなってしまうという点では、桑田佳祐に似ているかもしれません。

また1960-70年代に活躍したシンガーソングライターのファブリツィオ・デ・アンドレは、リガブーエのことを「人々にこれほど訴えかける歌手は彼をおいて他にいない」と称賛しています。

3.Ligabueの音楽の特徴

ジャンル

リガブーエの曲は、ロックもしくはポップという風にジャンル分けされています。特に、ロックの中でも「オルタナティブロック」と呼ばれる、前衛的なスタイルの中に位置づけられています。

大手レコード会社主導の商業主義的な産業ロックやポピュラー音楽とは一線を画し、時代の流れに捕われない普遍的な価値を追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーンのことである。イギリス、アメリカだけでなく、世界の多くの国に存在する。

オルタナティヴ・ロック(Wikipedia

特徴

先ほどの「リガブーエの音楽について」を引き継ぐ形で、もう少し詳しくリガブーエの音楽の魅力に迫ってみたいと思います。

特徴1.セクシー過ぎる歌声

リガブエの歌声は、非常に低くてセクシーな歌声で、イタリア人の中でも、「この声が好き!」という人もいれば「絞り出したような声があまり好きじゃない」という人も。私としては「そこがいいんじゃん!」と思うのですが、人それぞれです(笑)

PVと合わせて最もその魅力が伝わりやすいのは、G come Giunglaだと思います。単に明るい曲よりも妖艶な雰囲気の曲の方がマッチしていると私は思います。

特徴2.ダンディで渋みのあるルックス

いつまでも若くあることは大切なこと。ですがその年齢や世代に合わせた魅力もあるはず。そういった意味ではリガブエは、見事に歳を重ねたとも言える、渋さ全開のルックスも魅力的です。

リガブエのPVは本人が積極的に出演しています。また過去のPVの多くが公式YouTubeチャンネルにアップロードされているため、歳を重ねるごとにリガブエがどのように変わっていったかもリアルに見れますよ。

特徴3.90年代イタリアロック界の巨匠

 

Luciano Ligabueさん(@ligabue_official)がシェアした投稿 -

私がLigabueを知ったのは、Made In ItalyやG come Giunglaなどの最近の曲でした。ですが、彼の曲を聴いていてグッとくるのは、昔の曲が多い気がします。

その中でもCerti NottiやUrlando contro il cieloは、聴いた瞬間「あ、これはヘビロテするな」と確信した2曲です。

その中でも「Certi Notti」は、イタリアでも歌詞の解釈に関してかなり意見が割れている作品です。

ただ1つ確かなことは、若かりし頃のリガブーエの思い出と歌詞が、大きく関係している歌ということです。リガブーエが思い出しているのは、きっと自分の生まれ故郷であるコッレッジョ(後述)のことでしょう。

もちろん、この町は今でも存在しますし、彼の活動の拠点になっていますが、それでも、彼が仲間や大切な人と過ごしてきた自分が若き頃の故郷は、自分の記憶の中だけの存在となっているのではないでしょうか

Certe notti ti senti padrone

di un posto che tanto di giorno non c'è.

Certe notti se sei fortunato

bussi alla porta di chi è come te.

C'è la notte che ti tiene

tra le sue tette un po' mamma un po' porca com'è.

Quelle notti da farci l'amore

fin quando fa male fin quando ce n'è.

Non si può restare soli, certe notti qui,

che se ti accontenti godi, così così.

Certe notti son notti o le regaliamo a voi,

ある晩、あなたは、主のような気持ちになる。

時が経ち、無くなったあの場所の。

ある晩、あなたが幸福に包まれる時、

あなたのような人が扉を叩く。

あなたを抱きしめてくれる夜がある。

母のような、また豚(少し汚れた何か)のような胸の中で。

愛し合えるあの夜、

傷つくまで、そこにある限りずっと。

あなたは、一人でいることはできない。このある夜には。

もし、あなたがまずまず幸せで、楽しんでいるなら。

ある夜は、夜でしかない。そして私たちがあなたに贈るものだ。

4.私生活

1.子どもは2人

現在リガブーエには2人の子どもがいます。1人は男の子で、もう1人は女の子です。男の子の方のロレンツォは、前妻のドナテッラとの間に、2人目の娘・リンダは、現在の妻であるバルバラ・ポッツォとの間に生まれました。

2.カルチョ好き&インテリスタ

リガブーエは幼い頃からのティフォーゾ(カルチョファン)であることが知られています。また、同時に生粋のインテリスタなようです。私もインテリスタなので、無性に親近感があります(笑)

インテルニュースによれば、彼は、年上の友人がインテリスタだったことに影響を受け、5,6歳の頃には既にファンだったとのこと。他にも彼はそのことについて次のように語っています。

「当時のインテルはセリエAにヨーロッパにと勝ち続けていたしね。ただファンになってからかれこれ40年、めっきりヨーロッパでのタイトルからは遠ざかってしまっていたんだよ。それでも幸運なことに2010年の勝利(2010年、インテルはUEFAチャンピオンズリーグの優勝に加え、国内リーグ、カップ戦にも優勝し、イタリアのチーム史上初となる三冠を達成)で本当に最高の気分を味あわせてもらったんだ」

3.エミリア・ロマーニャ州の田舎出身

リガブーエは前出の通り、エミリア・ロマーニャ州のコッレッジョという町で生まれました。コレッジョは、最寄りの鉄道駅レッジョ(Reggio)からタクシーで30分程度、メインストリートの端から端までで徒歩15分くらいの非常に小さな町。しかしリガブーエはこの町を本当に愛していて、現在でも事務所とスタジオをここに構えて活動を行っているほどです。

ちなみに、2018年6月から、以前の事務所兼仕事場であったオフィスをリガブーエ記念館のような形に改装し、月に1回ほど一般に公開しています。彼の活動自体が、大きく町興しに貢献していますね!ちなみにリガブーエは映画監督としてもこれまで複数の作品を発表してきましたが、その第一作目・ラディオフレッチャ(Radiofreccia)はコレッジョを舞台にしています。

BS日テレの番組「小さな村の物語イタリア」に登場しそうな場所ですね。

このバックグラウンドは、彼の音楽活動にも影響を与えており、先ほどのCerti Nottiや、イタリア各地の良さを描くMade In Italyなどに表れているかと思います。

【情報提供に関する謝辞】

リガブーエの故郷・コレッジョに関する情報は、21年来のリガブーエの大ファンであるyuchetta様より情報提供を頂いて加筆いたしました。yuchetta様、筆者が知らなかった素晴らしい情報を教えていただき、誠にありがとうございました!

5.楽曲情報

ディスコグラフィ

 アルバム名(販売年) 詳細
Ligabue(1990) Amazon/AppleMusic
Lambrusco coltelli rose & pop corn(1991) Amazon/AppleMusic
Sopravvissuti e sopravviventi(1993) Amazon/AppleMusic
A che ora è la fine del mondo?(1994) Amazon/AppleMusic
Buon compleanno Elvis(1995) Amazon/AppleMusic
Miss Mondo(1999) Amazon/AppleMusic
Fuori come va?(2002) Amazon/AppleMusic
Nome e cognome(2005) Amazon/AppleMusic
Primo Tempo(2007) Amazon/AppleMusic
Secondo Tempo(2008) Amazon/AppleMusic
Arrivederci, mostro!(2010) Amazon/AppleMusic
Mondovisione(2013) Amazon/AppleMusic
Made in Italy(2016) Amazon/AppleMusic

Ligabueの曲はどうやったら聴ける?

1.CDを購入する

AmazonでTiziano Ferroと検索すると、全てのアルバムを入手することができます!中には中古で1枚200円程度になっているものもあります!

形に残るCDが欲しい場合や、中古でかなり安く購入できる場合は、是非CDの購入をオススメします。特にティツィアーノは、他のイタリア人歌手の中でもCDを購入しやすい歌手です。

2.音楽配信サービス(AppleMusicなど)の契約をする

もう1つの方法が、AppleMusicやSpotifyなどの音楽配信サービスの契約をすることです。

月額料金を支払って、世界中の好きな歌手の好きな曲を好きなだけ聴くことができます!たくさんの音楽を聴きたい方にとっては、CD購入はかなり大変なはず。その場合、月額で聴き放題のサービスは、本当にありがたいです。

リガブーエのアルバムは過去から今日まで全て収録!

リガブーエのオススメプレイリストがあるので、初めてでも安心。

MVも全て収録!

最新のアルバム・Made in Italy

有名なのが、AppleMusicとSpotifyですが、イタリアの歌手に関してはAppleMusicの方が曲数や登録歌手が多いです!また、Spotifyに比べて、それぞれの有名歌手のプレイリストがたくさん作られています!例えばリガブーエだったら、「はじめてのLigabue」や「Ligabue:隠れた名曲」というプレイリストがあるので、初心者でも基本の曲から押さえられます

さらに!通常月額料金980円ですが、学生であれば480円!この値段で毎日、決して日本では出会うのが簡単でないイタリアの音楽を聴き続けられるため、本当に安いと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-ミュージック, 文化
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.