イタリア関連の番組

【小さな村の物語 イタリア】第283回 ブラオーネ / ロンバルディア州

更新日:

小さな村の物語 イタリア とは

BS日テレで毎週土曜日18:00~18:54、日曜日10:00~10:54に『小さな村の物語 イタリア』が放送されています。

毎週の放送内容はこのページで紹介しています。この番組全体の内容・見どころについては、以下の記事を是非お読みください。

主題歌

主題歌はOrnella VanoniL'Appuntamentoという曲です。この楽曲の歌詞・日本語訳は、こちらの記事で紹介しています。

Ornella Vanoni - Appuntamento

 

放送について

この項目で扱う放送内容は、小さな村の物語公式ホームページ、またはテレコムスタッフ公式ホームページ(番組ページフィーチャーページ)を参考・引用し作成したものです。また挿入歌は、YouTube等のネット動画配信サービスのリンクを掲載しています。

放送日時

第282回は、2018年8月11日と2018年8月25日の放送です。

小さな村の紹介

 

Stefania Sansoniさん(@akarichan7)がシェアした投稿 -

今回登場する小さな村は、北イタリア・ロンバルディア州、アルプス山脈の南に延びる、カモニカ渓谷の中にある小さな村・ブラオーネ(Braone)です。約8000年前の先史時代から人が住んでいたとされ、この近くにある「ヴァル・カモニカの岩絵群」は、イタリアの世界遺産にも登録されているなど、自然的にも文化的にも非常に珍しい場所です。

 

Eurocostruzioni Barbagalloさん(@eurocostruzioni)がシェアした投稿 -

そんなブラオーネは、人口わずか700人弱の村。観光客にとっての有名な場所はパロッビア渓流(torrente Palobbia)と呼ばれる滝で、豊かな水がある土地です。その水と日当たりの良い斜面を活かして、村人たちはかつてよりブドウを育て、牛やヤギなどの家畜を飼って暮らしてきました。

 

Ginny Giangrecoさん(@theadventurer_it)がシェアした投稿 -

ロンバルディア州というとミラノのイメージが先行し、田舎というより都会を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、地域によってはこのように農業や畜産が営まれ、昔ながらの暮らしが残っています。

また周辺には数多くの石切場もあり、現在でも良質な花崗岩が採掘されています。

放送内容(村人たち)

グエッリーノ・プランディーニ

15歳の時に靴職人の元に弟子入りして以来、一貫して靴の修理を生業としてきた。すでに年金暮らしだが、その腕を見込んで修理を依頼してくる客がひっきりなしに訪ねてくるため、格安の値段で引き受けてはコツコツ直している。

自宅にある工房で作業していれば、外で無駄に浪費しないで済むし、客が「すごい」とほめてくれればこれ以上の喜びはない。稼いだ金を倹約家の妻がしっかり貯金してくれたおかげで、3階建ての立派な家を建てることができた。

その気丈な妻は、7年前に娘が病死して以来、すっかり落ち込んでしまった。グエッリーノはずっと彼女に寄り添い、気遣っている。

アントニエッタ・プランディーニ

グエッリーノの姉。スイスで30年以上看護師として働き、去年夫が亡くなったのを機に、村のアパートで一人暮らしをしている。朝と昼の2回、アパートの前の広場に置かれたテーブルにご近所さんたちと集まり、お茶をするのを何よりの楽しみにしている。

夫を亡くした寂しさはまだまだあるが、これも人生と受け止め、前向きに生きようと努めている。ご近所さんと集まるようになったのも、彼女が自分から話しかけたのがきっかけ。今では、毎日コーヒーを沸かし、クッキーを焼いて持って行っている。

彼らとの他愛ない世間話が、アントニエッタの心を癒し、村に憩いの場を生んでいる。

挿入歌

使用楽曲 演奏者/歌手名
Cerco Qualcuno Marco Ferradini
Voglio Solo Te Giorgia
L amore Peppino Gagliardi
E Chiove Apassionata
Il colore dei suoi occhi Ennio Morricone

Voglio Solo Te

L amore

E Chiove

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

【現金】キャッシュパスポート
両替不要!安心のMasterCardで滞在は心配いらず(ポイント)。

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-イタリア関連の番組
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.