Arte [芸術] 文化

【ローマ】コロッセオとカラカラ浴場、それぞれ大がかりな改修工事を終える

投稿日:2016-07-16 更新日:

外壁の改修工事が終了

colosseo-1

外壁が綺麗になったコロッセオ http://www.ilquotidianoitaliano.com

首都ローマの象徴的な存在とも言えるコロッセオが、7月4日、外壁の改修工事を終え、綺麗になった姿で私たちの目の前に現れました。まだまだ第1期の工事が終了したに過ぎませんが、外は見違えるように綺麗になりました。

コロッセオはこれまで、建築後1900年以上が経っているのみならず、近隣の自動車による振動や排気ガスで、より一層の老朽化が進んでいました。今回は、外壁を全て修復し、亀裂の入ったところを埋めるという形の工事となっています。

高級ブランドが支援

1280313610815_Restauro_prospetto_Colosseo_Anni_90

修復中のコロッセオは、このようになっていました。http://www.beniculturali.it

荒廃の激しかったコロッセオの修復を支援しようと手を挙げたのが、イタリアの高級靴ブランド、「トッズ」でした。5年前から始まった工事は非常に時間がかかりましたが、今後はさらに、まだまだ損傷の激しい、内部通路の修復なども進めていくようです。

 

大がかりな工事は、イタリア全土が注目

27403107513_5352d5f389_b

イタリア、レンツィ首相 https://c2.staticflickr.com

総工費は約28億とも言われており、いかに大きなプロジェクトだったかが伺えます。ご存知の通りイタリアは、51もの世界遺産を抱える「世界遺産大国」ですが、同時に一部の遺産ではそれらの老朽化もかなり進んでいるとされています。

イタリアのレンツィ首相は「イタリアの歴史的文化財を守ることは、未来のためにもとても大切だ」と述べていましたが、今後もコロッセオのみならず、他の遺産も修復されていくと良いですね!

夜にはライトアップも!

さらに、このレンツィ首相の会見後の夜には、ライトアップが行われ、コロッセオが、イタリア国旗の三色(緑・白・赤)に染まりました!夜にはライトアップイベントが行われることの多いコロッセオですが、今回は特に美しかったのではないでしょうか。

【次ページ】カラカラ浴場も、ブルガリの支援で修復

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Arte [芸術], 文化
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.