Sport [スポーツ]

【カルチョ】EURO2016 イタリアvsベルギー 鮮やかなゴールを振り返る!

投稿日:2016-06-21 更新日:

先日から開催されているEURO2016に出場するイタリア代表の、ここまでの戦いぶりを振り返ってみましょう。まずはベルギー戦。

これまでの投稿はこちらから。

【カルチョ】EURO2016開幕!注目選手をおさらいしてみよう!

【カルチョ】スーツをまとったイタリア代表選手がカッコよすぎる

グループステージ第1戦 vsベルギー

イタリアは初戦は世界ランク2位のベルギーと対戦。なんといってもベルギーは、世界最高峰のレベルを誇る攻撃陣がウリ。これまでに様々な強豪を苦しめてきました。

Ck2kJo6VAAAAq2o

ベルギーのフォーメーション

Ck2kJozVEAAgW9x

そんなベルギーに対し、イタリアは3-5-2の布陣で対抗。守備陣にはユヴェントスの4選手を配置し、中盤にもどちらかというと守備的な選手を並べました。
ちなみに、イタリアは守備的な戦いをして、ゴールに鍵をかける「カテナチオ」が得意です。

一言で言えば、「守備的」。イタリアでは、「1-0で勝つことが最も美しい」とされ、失点することをとにかく嫌います。そのため、イタリアのチームは、守備づくりを最重要にし、自分たちが点を取った後は、自陣に引きこもり、ゴールに鍵をかける、「カテナチオ」と呼ばれるスタイルが有名です。

 【カルチョ】カルチョってなに?イタリアサッカーに詳しくなろう(前編)- 2ページ

試合は立ち上がりから、ベルギーが攻め、イタリアが守る流れ。伝統的に守備に評判のあるイタリアは、ベルギーの攻撃陣をしっかりとおさえ、決定的なチャンスを全くつくらせません。

ワンチャンスをものにし先制!

そして前半32分、DFボヌッチからの一本のロングパスに対して裏に抜け出したジャッケリーニが鮮やかな先制点!!

膠着した状態から一回のチャンスをものにし、イタリアが先制!!

da20ff151285b0f9b8d8c24a466dd6a4http://blogimg.goo.ne.jp

コンテは喜びすぎて控え選手のザザの肘を鼻にぶつけ、鼻血を出していました笑

次のページでは、イタリアの連動した守備と、とどめの一発を紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Sport [スポーツ]
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.