観光スポット

まずはここ!ミラノ観光地トップ5

更新日:

ミラノといえば、言わずと知れたイタリアの大都市。一見すると、ファッションや都会などのイメージがつきまといます。ですがミラノは、ローマやフィレンツェには及ばないものの、十分に歴史あのる街。そんなミラノで、ぜひぜひ訪れて欲しい、5つのスポットを紹介します!

ミラノ観光地トップ5

1.ドゥオーモ

milan-883761_960_720

言わずと知れたミラノの象徴!Duomoとは、イタリア語で「街を代表する教会堂」という意味があり、特にミラノのドゥオーモは世界的に有名ですよね!

P1030036

石造りとは思えない、まるでハサミで切り取ったかのような細かな彫刻や尖塔のアーチがみられ、見る者を魅了してくれます。

夜のドゥオーモ

夜のドゥオーモも見事な美しさ。真っ白な姿が夜に映えるのみならず、窓から覗くステンドグラスが美しいのは、特に夜。ですから、昼に1回、夜に1回は必ず訪れましょう!どちらも写真に収めれば、友達に自慢できるはず!

ちなみに、広場にはかなりの数のハトと、まがいもの(安い自撮り棒、花、子どもだましのおもちゃなど)を売りつけようとする人が多くいるので、糞をかけられたり、まがいものをつかまされたりしないように注意してくださいね~

2.最後の晩餐

13487100655063aeb1b46de

サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の中にある、レオナルド・ダ・ヴィンチの超有名な壁画「最後の晩餐」は、ミラノに来たなら見なければ本当にもったいない!

イエスがユダの手引きを受けた兵士に捕まる前夜を描いたとされています。ですがこの絵の中には、様々な憶測や解釈、都市伝説が飛び交っていることも知られています。それを扱った映画として知られているのは、ダン・ブラウン原作の映画「ダヴィンチ・コード」などでしょうか。

ダ・ヴィンチ・コード

こちらの絵画、事前に予約しなければ見ることができません。かならずネットを通じて予約するようにしましょう!

3.スカラ座

スカラ座 http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp

イタリアオペラ界最高峰の歌劇場は、長い歴史の中で様々オペラが観客を魅了し続けてきました。ドゥオーモに比べると知名度は落ちるものの、こちらもミラノの一大観光スポット。

イタリアオペラにおける最高峰の舞台とされており、ここで総支配人を務めることは、最高の名誉であるとされています。

関連記事

今日では、音楽鑑賞やオペラ鑑賞をする人だけでなく、‟スカラ座”という建築物自体の素晴らしさを一目見るために、多くの人が足を運び、見学ツアーにも参加しています。

4.サン・マウリツィオ教会

http://visitaly.jp/wp-content/uploads/2015/10/san-maurizio.png

http://visitaly.jp

あまり知名度は高くないものの、訪れた人からの評価がかなり高いのがこの教会。最後の晩餐がある教会に近いため、そのついでに訪れる人もいるようです。ロンバルディア(ミラノがある地方の名前)・ルネサンスが栄え、美しいフレスコ画を拝むことができます。

5.ヴィット―リオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

05

国王の名前を冠したガッレリアには、あなたが求めるものはきっと何でも揃うのではないでしょうか。まず、この長い名前に驚いた方も多いと思いますが、ヴィット―リオ・エマヌエーレ2世は、19世紀半ばにイタリア王国を建国し、もともとバラバラだったイタリア半島を統一した王様なのです。

そんな彼がつくったのがこのガレリア。イタリア語でガッレリア(Galleria)は『広場』という意味で、特に注目したいのがこの天井のアーチ。当時の技術がいかに高かったかが伺えます。

有名なブランド店やレストランはここの中やここ周辺に多く、ショッピングや食事を楽しみたい人は必見の価値ありでしょう!また、アーチを抜けるとドゥオーモとスカラ座に行けるため、アクセスも抜群。

02 (1)

ちなみにこのガッレリアの中心の床には、牛を模したモザイク画があり、この牛の睾丸に靴のかかとをつけて3周回る(1周という説もあり)と、幸せになれる、と言われています。

さいごに

いかがでしたか?こんな感じで、ミラノには買い物以外にも楽しめる場所がいっぱいあるんです。過去の歴史と現代をうまく融合させたミラノは、誰にでもオススメできます。北部イタリアを訪れる際には、足を運んでみましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

【現金】キャッシュパスポート
両替不要!安心のMasterCardで滞在は心配いらず(ポイント)。

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-, 観光スポット
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.