パレルモ,シラクサ,エトナ山...シチリア島の世界遺産全7つを解説

 2016/06/15

 1,567

イタリア南部の島である、シチリア島

世界遺産シリーズ第2弾は、イタリア南部のシチリア州。このシチリア州は、トスカーナ州と同じく、7か所の世界遺産が登録されています。ヨーロッパ最大級の活火山であるエトナ山が中心に位置し、都市は沿岸部に広がっています。そんなシチリアには、どのような世界遺産があるのでしょうか?!

611px-Sicily_in_Italy.svg

シチリア州の位置はここ。イタリア本土をブーツに例えるなら、それが蹴っている石ころでしょうか?!

 

シチリア州の州都はパレルモ。地中海を渡れば、その先にはアフリカ大陸のリビアやチュニジアまで非常に近いことが知られています。ちなみにイタリア最南端は、絶景としても知られているランペドゥーザ島です。

Map-Italy-Regione-Siciliahttp://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/

世界遺産の前に...州の旗を紹介

640px-Sicilian_Flag.svg

こちらがシチリア州の旗。怪しいことこの上ありません。何とも言えない表情をしています。この何とも言えない顔なのは、ギリシア神話に登場する女神であるメドゥーサ(メドゥーサについての詳しい情報はこちら)が中心になり、この3本の脚はシチリア島の重要な3つの岬(パレルモ・メッシーナ・シラクーサ)を表しています。

では、気を取り直して世界遺産を見ていきましょう!

1.アグリジェントの遺跡地域

神殿の谷

神殿の谷のコンコルディア神殿

1つ目に紹介するのは、アグリジェントの移籍地域(または神殿の谷)です!登録は1997年。ギリシャ人による植民地として形成されたアグリジェントは、紀元前6世紀から、古代地中海世界の重要都市の一つに数えられていました。威厳ある、どっしりとした柱造りのドーリア式神殿がいくつも街に建てられています。遺跡群の中でも特に有名なのは7つの遺跡。保存状態が良いものとしては、写真で紹介したコンコルディア宮殿が代表的でしょう!

ライトアップされる夜は幻想的

ライトアップされる夜は幻想的

http://image.dlift.jp/

シチリア島の主要都市である、パレルモ、カターニアからバスでアグリジェントへ。そこからは市バスで神殿へ。

2.ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ

遺された壁画・絵画

遺された壁画・絵画

2つ目に紹介するのは、ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサ―レ。日本語に直すと「ローマ式別荘の村落」となります。登録は1997年。時は3~4世紀のローマ帝国時代、多くの土地を持っていた貴族が、田園風景の中に建てた豪華な別荘跡です!

驚くのが、ほぼ全ての部屋の床に、モザイク画が埋め尽くされていること!しかもそのレベルの高さは古代ローマ時代最高峰のものと考えられています。

Mosaic_in_Villa_Romana_del_Casale,_by_Jerzy_Strzelecki,_06

ちなみに、モザイクには何が描かれているかというと、馬や犬などの動物と人の姿。

640px-Casale_Bikini

また、「10貴婦人の間」と呼ばれている部屋の床には、ビキニの女性のモザイクが描かれています。

【次ページ】絶景に会えるエオリア諸島

1 2 3


-,