L'Italiano [イタリア語] 文化

フラペチーノ、ヴェンティ?スタバに隠れるイタリア語5選!

投稿日:2016-05-23 更新日:

誰もが大好きなスタバこと、スターバックス。誰もが一度は行ったことあるんじゃないでしょうか。スタバのメニュー表にあるカタカナを見て、なんか意味わかんないな~って思うものはありませんか?例えば、ヴェンティとかフラペチーノとか。なんとなくのノリでこんなもんかなって思っている方も多いはず。20160324160018

今日はそんな「スタバに隠れるイタリア語」について紹介していきます!

フラペチーノ

1つ目に紹介するのはフラペチーノ。フラペチーノは、フラッペとカプチーノという単語を足した、スタバオリジナルの単語。

フラッペ(frappe)は、「氷を入れて混ぜた」という意味。この単語自体はフランス語に語源がありますが、スタバのルーツ自体はイタリアにより深いことを考えると、恐らくイタリア語の方から取ったようです。

カプチーノ(cappuccino)はエスプレッソの上にクリームを乗っけた感じ。名前の由来は、16世紀にできた修道会「カプチン修道会」の人々が着ていた服の色が茶色で、その色に似ていることから、カプチーノという名前が付けられました。

ヴェンティ

2つ目に紹介するのはヴェンティ。ショートとトール、グランデの次の大きさ、ヴェンティサイズ。なかなか頼むことは少ないかもしれませんが、あれもイタリア語なんです。

ヴェンティ(venti)とはイタリア語で20という意味。この20は重さの単位である20オンスのことで、それが590mlになるんですね。ちなみに海外のスタバにはときどきある、トレンタ(trenta)というのは30で、30オンスのことを表しています。

また、グランデ(Grande)はイタリア語で大きな、という意味ですよ~

次のページに続きます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-L'Italiano [イタリア語], 文化
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.