Ristorante [レストラン] Viaggio [旅]

【フィレンツェ】ゴッツィ 地元民おすすめトラットリア!

投稿日:2016-04-29 更新日:

今日はフィレンツェにある、庶民的なトラットリア・ゴッツィを紹介します。トラットリアについて知りたい方は、こちらの記事を参照していただけたら嬉しいです。

100年の歴史を持つ老舗店

正式名称はTrattoria Sergio Gozzi。2015年には100周年を迎え、イタリアの地元の新聞記事で「100年の歴史をもつ伝統の味」と紹介されるなど、かなり長い歴史をもつトラットリアとして知られています。

1723008_832147570145726_938936586_n

初代オーナーは店の名前通り、セルジオ・ゴッツィ(Sergio Gozzi)さんのようで、現在は3代目でしょうか?アレッサンドロ・ゴッツィさん(上の写真)がオーナーをしています。

ランチ限定の営業

01

ですがこのゴッツィ、開店時間が12:00~15:45と、ランチタイムだけの営業!それでも地元の人でとてもにぎわっており、入り口にある小さなカウンターのところでは、常連さんっぽい人が店員さんとおしゃべりしていました。

日本のガイドブックにも載っているためか、日本の観光客もいました!

作るのはイタリアのマンマたち

味のイメージは、「庶民の味」「マンマ(お母さん)の味」。リーズナブル(1皿500円くらい)さは物価が比較的高いフィレンツェの中では際立っていると思います!また、実際に店舗に入ってみると、配膳などのホールを担当しているのは男性でしたが、キッチンの中は女性(特にお母さん世代やおばあちゃん世代の女性)がかなり多かったです。

これは蛇足ですが、「イタリアのマンマは夫を厨房に入れない」ということも言われています!「夫の作ったまずいものは食べられない!」といったところでしょうか(笑)

オススメはトマト料理

ゴッツィに入ったら是非食べてほしいのはトマトスープなどを使った料理。マンマの料理なためか、シンプルなトマト料理がかなり美味しかったです。

05

ボロネーゼ(トマトとひき肉)のパスタは短いペンネ!ボロネーゼのソースとよく絡んでいて、しかもアツアツ!パスタはそれほどオススメという話は聞いていなかったのですが、とても美味しかったです。

また、トリッパ(牛の胃袋)のトマト煮込みはこんな感じ

04

食感がモツと同じ!トリッパ自体がモツと訳されることもあるくらいですからね。

実は私はモツがかなり苦手なのですが、トマトソースと絡んだ腸は、非常に食べやすく、しっかり味わうことができます。また、スープもダシがでていて素晴らしい。

03

こちらは牛肉のトマトスープ。腹痛だった同行者が、おなかに優しいものを、と注文していました(笑)

本当に庶民の味。庶民の味のレベルが高いのがイタリアですね。

どれもリーズナブルで、「絶品!!!」という感じではなかったけれど、お金も気にせず、シンプルに美味しいと思えるお店でした。

02

また、ハウスワインも非常に安いため、デキャンタ(約1リットル)で注文しても5ユーロかからないくらいの値段。味は安いし、イタリアにしてはまぁまぁって感じでした。

住所

Piazza di San Lorenzo, 8R、50123 Firenze、イタリア

フィレンツェの中央広場から約2分/サン・ロレンツォ教会すぐ近く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Ristorante [レストラン], Viaggio [旅]
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.