観光スポット

【ローマ編】日帰り旅行にピッタリ!イタリア中・上級者向けの10つの町

更新日:

ローマ郊外には様々なかわいい小さな村や町があり、マイナーではないゆえに、多くの人を魅了しています。ですが、秘境感を味わえるこれらの場所は、電車やバスの乗り換え等で苦戦することも多いのが実際です。

そのためこの記事では、もっと簡単にアクセスできるローマ近郊の小さな町を10個セレクトしました。判断基準は「ローマ中心地から乗り換えななしで訪れることができる」です!

ローマから日帰りで行ける10つの町

1.リエーティ

古代のローマの神Reaによって作られた町Reateが由来になっているのがリエーティ(Rieti)。またアッシジの聖フランチェスコが長らく布教のために滞在した町としては、多くの人が知っているかもしれません。

ローマ帝国時代の歴史的な橋がたくさん残り自然に溢れる風光明媚な場所です。

【アクセス】

  1. メトロB線Tiburtina駅前から、Cotralのバスで、1時間に2-3本の間隔で運行。

2.ネットゥーノ

かつてギリシア神話の水の神ネプチューンの神殿があったことが名前に由来しているネットゥーノ(Nettuno)は、チヴィタヴェッキアやオスティアと並んでローマのバカンス地として知られています。

16世紀初め、チェーザレ・ボルシアによって建築されたサンガッロ要塞では、今日でも様々なイベントやコンサートが開催されています。

イタリアといえばカルチョですが、ここネットゥーノはイタリアの野球生誕の場所。他の町では決して経験できないイタリアの野球を体験してみては?

【アクセス】

  1. ローマRegionale・FR8線Termini駅乗車Nettuno駅下車
  2. メトロA線Anagnina駅、B線Laurentina駅からNettunoを往復するCotralのバス乗車

3.オルヴィエート

ローマ北部ラツィオ州のはずれに位置する丘の上の町なのがオルヴィエート(Orvieto)です。小さな村ですが、かわいい石造りの家が特徴的な村や、大聖堂ドゥオーモ、中世時代の井戸や洞窟など、想像以上にたくさんの見どころに溢れています。

お土産屋や美味しいレストラン、バーなどもたくさんあるので、是非時間をかけてゆっくり歩いてみましょう。

ロープウェイ駅を降りてすぐの公園からは、息をのむようなキレイな景色が見れるでしょう。近郊のチヴィタ・ディ・バニョレージョにも行ってみたいところですが、2つの村を日帰りで観光するには、見どころが多すぎるかもしれません。

【アクセス】

  1. ローマTermini駅やTiburtina駅からRegionale・Veloce線でOrvieto駅下車
  2. Orvieto駅下車後は、駅目の前のケーブルカーを利用して中心地へ

タビナカなら欲張りツアーも実現!

美しい街としてどんどん知名度が上がり、観光客が増えているオルヴィエート。行ってみたいけれど、アクセスが不安という方も多い観光スポットですね。タビナカオプショナルツアーではお客様の「行ってみたい!」を実現したオルヴィエートとチヴィタ・ディ・バニョレージョを日帰りツアーでご案内します!

無駄な時間を省き、現地を知り尽くしたタビナカだからこその贅沢ツアー。せっかくのローマ旅行を楽しい時間にするためにもぜひ利用してみてください。

4.チェルヴェテリ

チェルヴェテリ(Cerveteri)は、世界遺産であるエトルリア人の共同居住跡ネクロポリがあることで知られています。実際にネクロポリに入ることもできるだけでなく、歴史を学べる資料館もあります。

日曜日に訪れれば、広場でフードフェスタも開かれているかも(不定期)

【アクセス】

  1. 地下鉄A線Cornelia駅からローマ郊外運行CORTRALでCerveteri駅下車

※ローマRegionale・FR5線のCervetri-Ladispoli駅の場合、ネクロポリへはバスでさらにアクセスしなければならないので、やや面倒

5.ヴィテルボ

ヴィテルボ(Viterbo)といえば、温泉がある町です!夏だけでなく寒い冬にも、ローマ人たちが足を運ぶとか。

ホテルやホステルなどでシャワーしか浴びることができずに疲れてしまうのがヨーロッパ旅行。ヴィテルボで温泉につかってリフレッシュしてみては?水着の貸し出しはしていないので、日本から持参必須です。

【アクセス】

  1. ローマRegionale・FR3線Ostiense駅やTrastevere駅から乗車Viterbo駅下車
  2. または地下鉄A線Flaminio駅から乗車RomaViterbo駅下車

6.オスティア

オスティア(Ostia)はローマ郊外にある海岸です。夏になるとたくさんのローマっ子たちが海水浴をしに訪れます。しっかりと整備された海岸には多くのレストランが立ち並びヤシの木もたくさん。

ローマで最も簡単に海を感じたいならオスティアがオススメです。

【アクセス】

  1. 地下鉄B線Piramide駅やEur Magliana駅からRomaLido線のTreninoに乗車しLido Centroで下車

7.ティヴォリ

ティヴォリ(Tivoli)で最も有名なのは、ティヴォリのヴィッラ・デステやヴィッラ・アドリアーナ。こんなに小さな町なのに2つの世界遺産を持ち、ゆったりとした時間が流れる別荘です。

ヴィッラ・デステについては「ヴィッラ・デステの歴史・見どころ・アクセスを完全解説」の記事を、ヴィッラ・アドリア―ナについては「ヴィッラ・アドリアーナの歴史・見どころ・アクセスを完全解説」の記事を読んでいただければ、より詳しい魅力がお分かりいただけると思います。

特にティヴォリは、ローマの喧騒を離れてゆっくりとしたい人には何よりもオススメです。

【アクセス】

  1. ローマRegionale・FR2線Tiburtina駅乗車、終点Tivoli駅で下車
  2. 地下鉄B線Ponte Mammoio駅からTivoli行プルマン乗車

8.チヴィタヴェッキア

チヴィタヴェッキア(Civitavecchia)はローマをかなり離れたラツィオ州北西部にある港町です。ここからは大型客船のフェリーなども発着し、オスティアなどに比べるとやや大きい町と言えるでしょう。

ローマからの遠さを考えると、ただ見に行くだけでは少しもったいなさを感じるかも(オスティアの方が近い)。夏の暑い日に海水浴に訪れるのが一番良いでしょう!

【アクセス】

  1. ローマRegionale・FR5線Tiburtina駅乗車、終点Civitavecchia駅で下車

9.アリッチャ

ローマ南東部に位置するアリッチャ(Ariccia)は、子豚の丸焼きポルケッタが有名な小さな町。旧アッピア街道の主要拠点として繁栄、年中ローマっ子が足を運びます。ポルケッタと白ワインが有名なこの町。グルメの皆さんは一度は足を運ぶべきでしょう。

他にもサンタマリア・アッスンタ教会やベルニーニが設計を手がけたキージ宮殿など、見逃せない建築物もあります!詳しくは「【お散歩メモ】ローマ近郊ポルケッタの街・アリッチャに行って、いっぱい歩いてみた」の記事を是非ご覧ください。

【アクセス】

  1. ローマRegionale・FR4線Termini駅乗車終点Albano Laziale下車
  2. メトロA線Anagnina駅からCotralでバス

10.カステル・ガンドルフォ

 

Federicaさん(@_fedrika)がシェアした投稿 -

アルバーノ湖の畔に立つ町であるカステル・ガンドルフォ(Castel Gandolfo)。歴代ローマ教皇の夏の別荘があり「第2のヴァチカン」とも呼ばれる避暑地です。現在はその別荘は一般公開されています。

緩やかな山々の中で、木陰から見えるアルバーノ湖を楽しみながら、ゆったりと散策してみませんか?夏に訪れれば湖で泳ぐこともできますよ!

【アクセス】

  1. ローマTermini駅からローマRegionale・FR4線でAlbano Laziale行乗車、Castel Gandolfo下車

さいごに

いかがでしたか?ローマ近郊には、日帰りで訪れられる素敵な町がたくさんあることをご紹介しました。次回以降のイタリア旅行の際は、是非こうした町の観光も検討してみてくださいね。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-, 観光スポット
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.