【歴史編】どこよりも詳しいアルベロベッロ徹底解説書

 2017/05/27

 129

アルベロベッロとは

ブーツの形をしたイタリア半島のかかとに位置するプーリア州。そこには私たちのよく知るアルベロベッロの居住区があります。アルベロベッロといえば、真っ白な壁にとんがり屋根をしたトゥルッリと呼ばれる建物。

ここ数年で日本でのアルベロベッロの知名度は非常に上がり、イタリア好きなら多くの人が既に知っているかもしれません。ですがこのトゥルッリはどのようにしてできたのでしょうか?そもそもアルベロベッロって?歴史は?

本記事ではその辺りの疑問を解決するために、旅行に行く前に是非知っておきたいアルベロベッロのことを紹介していきたいと思います!

トゥルッリとは

ここには、超可愛い尖がり屋根の円形住宅「トゥルッリ」があるんです。トゥルッリは、キアンカレッレという石灰岩の平らな石に釘などを使わずただ積み上げただけの黒い屋根に、真っ白な壁。

壁にはセンスのいいイタリア人らしい色鮮やかな花鉢が吊されているとってもオシャレな民家。その可愛らしくオシャレなトゥルッリが、1500軒も集中する独特な景観の街、それが南イタリアの小さな村アルベロベッロなんです。

トゥルッリの黒っぽい屋根には、太陽やハート、十字架などマークが描かれており、見ながら回るだけでもおとぎ話の中に迷い込んだような気分に浸れます。

街を歩けば至る所にお土産物を売る店やちょっとオシャレなカフェなどが軒を連ね、陽気で明るい観光地となっています。朝夕はガラッと雰囲気が変わり、このアルベロベッロに住む人々の日常を垣間見ることができます。

アルベロベッロの名前

アルベロベッロという名前はAlberobello=美しい木という意味を持っています。由来は、伝統的なトゥルッリの家並みが美しい並木のように見えることから来ています。

【次ページ】アルベロベッロの始まりは15世紀?!

1 2 3


-, , ,