いろいろ予約

【旅のノウハウ】ホテル予約にはBooking.comがオススメな5つの理由

更新日:

ホテル予約は、どのサイト使ってる?

個人旅行でガンガンイタリアを目指す人も増え、自然とホテル予約サイトの需要も上がり始めている今日この頃。皆さんは、ホテルの予約の際にどの予約サイトを使っていますか?

日本のサイトでいえばH.I.Sや楽天、アップル、JTB。外資系のサイトでいえばExpediaやBooking.com、AgodaやHotelsなどが知られているかと思います。

ですがその中でも、Bookingにおいて、多いのか少ないのか判断しづらい、50回以上予約してきた私が、自信を持ってBookingを勧める5つの理由をご紹介していきます。

1.割引特典が幅広い

何と言ってもBookingの特徴は、割引の幅が広いということ。その代表的な例がGenius会員で、Bookingを5回以上利用して予約した人がなることができるものですが、それにより、一部ホテルが10%割引で利用できたりします。

また、これに加えさらに利用を続けることで、人にBookingを紹介することで得られるコードまで手に入れられます。最大€150を獲得できるので非常にお得です。他のサイト、例えばHotels.comなどでも会員向けにシークレットセールなどを用意しています。ですがここまで目に見える形でしっかりと割引が反映されるのはBookingだけなので、理由の一つとして挙げさせてもらいました。

また、会員サービスが充実してるという意味では、それだけでExpediaなどよりは優れていると言えるのではないでしょうか。Bookingを安く予約する方法は、別記事で紹介しています。

関連記事

2.キャンセル可能が多い

ExpediaやHotels、Agodaなどに比べ、Bookingは比較的キャンセル可能件数が多いのも特徴の一つです。

私はホテルなどを予約する際、一応全ての予約サイトに目を通すようにしているのですが、Bookingに値段が勝っている時は大抵キャンセル不可な予約ばかりなんです。特に、まだ人数とか決まってないけど、とりあえず押さえておきたいなんて時にはキャンセル可能はありがたいです。その後でさらに条件の良いホテルが出てきたら変更することもできます。

しかもだいたいBookingの会員特典などと組み合わせることで、他サイトのキャンセル不可よりも安いキャンセル可能物件を探せます。ですから私はいつも「まずはBookingを調べる。いいホテルがあったらそれを他サイトで確認する」などしています。

3.税込価格

これも意外と重要ポイントです。多くの予約サイトでは、より安く見せるために、敢えて「税抜き表示」していることがあります。その場合、端っこに税抜きなどと書かれてはいるのですが、いざ予約へ進むをクリックしたタイミングになって、初めて追加で税金が€10かかるなんてガッカリすることもよくあるのです。

すると、先ほど挙げたように他サイトで安いじゃんと思うところを見つけても、最後の画面に行く時にはなんだかんだでBookingが一番安くなっちゃう、なんてことは冗談じゃなくてよくあります。

日本の旅行サイトは基本的に税込なので親切ですが、そうじゃない海外サイトが多いのは事実。そんな中で、1人税込を表示し続けるBookingは、好意的に感じます。

関連記事

Booking.comで予約する

4.地図検索が見やすい

これは他のサイトにもある機能でしょう。街の名前などで検索をかけると、バーの箇所に地図があり、それをクリックすると選択したホテルや周辺ホテルの位置や値段などが見れるというもの。

ホテル選びの際には位置情報はとっても大事。ですがサイトの説明書きには「〇〇から2km」などのアバウトな情報しか書かれていないため、いざそこに行ってみたら「めっちゃ駅から遠いんですけどここ」なんてこともありました...。

それ以来、地図情報を非常に大事に見るようになったのですが、Bookingの表示する地図は見やすい!

まず一面に広がるピンの中で、満室なものは赤で表示してくれますし、カーソルを合わせればしっかりと値段やクチコミ評価まで表示してくれます。また、地図を使ったウィジェットの場合、動きが遅くてイライラするのも悩みの種ですが(例えばAirBNBなど)、こちらの地図はスルっと動いてくれるため使い勝手も優秀です。

もっと早く使っておくべきだと思った、Bookingのメリットです。

5.登録物件が幅広い

最後の一つまで自信を持ってオススメできる項目です。Bookingは、他社に比べてバランスの良いホテル登録がされています。

例えば他サイトと比較すれば、Expediaはやや高級志向でリゾート地などの予約に向いていると言えます。過去のExpediaのCMの中でも、リゾートっぽさをプッシュしたものが多かったはずです。一方、AgodaやHotelsは、東南アジアなどのドミトリーやホステルなどにかなり強く、それらに比べるとBookingはまだまだシェアを獲得できているとは到底言えません。

ですが前述の通り、Bookingはバランスが良いです。高級から激安まで、どれも全体的にまあまあ良い値段で予約できます。いわゆる外れもないので、全体的な値段としても使いやすいのです。

そのため、中級レベルのホテルにもやや強い印象があります。イタリアを含むヨーロッパ旅行で全社比較で検索をかけると、大抵の場合Bookingが一番上に出てきます。また、これは余談ですが、ペルーやボリビアなどの南米のいわゆる普通ホテルにおいても、Bookingが力を発揮していました。

最近ではAirBNBのようなアパートまで登録をスタートし、ちょっと多過ぎて分かりにくいような、選択肢が広がってありがたいような...。

さいごに

いかがでしたか?まだまだ成長過程にあると言えるBooking.com。これからもさらに私たちを驚かせてくれるような価格設定やサービスを提供してくれることを期待しています。

Booking.comで予約する

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-いろいろ予約,
-, , , , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.