観光スポット

ナポリ,ポンペイ,アマルフィ...カンパーニャ州の世界遺産全6つを解説

更新日:

イタリア半島の南部!カンパーニャ州

800px-Campania_in_Italy.svg

今回の世界遺産シリーズ、カンパーニャ州は、ナポリなどが含まれるイタリア南部の州。北部と南部では街の雰囲気もガラリと変わり、世界遺産の感じも少し違うかもしれません。イタリアの中でも非常に人口が多いことが知られています。

関連記事

カンパーニャ州の世界遺産全6つを解説

1.ナポリ歴史地区 

buildings-88416_960_720

1つ目に紹介するのは、「ナポリ歴史地区」です。「ナポリを見てから死ね」と言われるくらい、魅力的な街・ナポリ。実は、世界遺産に登録されたのは1995年と以外と最近なんです。

ナポリの絶景(http://www.pashadelic.com/ja/search?query=napoli)

ナポリの絶景(http://www.pashadelic.com)

なんといっても卵城から臨むヴェスヴィオス火山と海は絶景です。お城自体が海に突き出すようにして設計されているので、まるで海の上に立っているかのような気持ちにさえなります。そして、ミラノのガレリアとそっくりなウンベルト1世のガレリア、今は博物館になっている王宮やヌオーヴォ城などなど・・・最近、ナポリ中央駅も立て直しで綺麗になったので、ぜひ訪れてみては?

アクセス

ナポリ国際空港から、市中心部の中央駅広場までシャトルバスで15~20分。ナポリ中央駅からヌオーヴォ城へはバスで20分。

2.ポンペイ遺跡地域

pompei_colonne_scavi

ポンペイの遺跡群

2つ目に紹介するのは、「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域 」です。登録は1997年。

ポンペイ(https://www.flickr.com/photos/66722261@N05/15193673321/)

ポンペイ(https://www.flickr.com

紀元79年、ヴェスヴィオス火山の大噴火により灰に埋もれた街がポンペイです。人口1万人以上が暮らし、インフラも娯楽設備も充実していた街の様相は、今も鮮明に残されています。フレスコ画や装飾の鮮やかな色彩は、火山灰に埋まっていた故に保たれたもの。ギリシャ神話がモチーフになっていることが多いのですが、これは、当時、ギリシャの学問を知っていることが高い教養を示すという風潮があったからです。

 パン屋さんや劇場、バール、浴場もしっかり形が残されています。とてもひろいので、時間には余裕を持ってご見学ください♪

アクセス

ポンペイの主要は遺跡へは、ナポリ・ポルタ・ガリバルディ駅からヴェスヴィオ周遊券を利用。ポンペイ・ヴィッラ・ディ・ミステリ駅まで30~40分。

3.アマルフィ海岸

アマルフィ

アマルフィ

http://trip-hunter.s3.amazonaws.com/

3つ目に紹介するのは、「アマルフィ海岸」です。登録は1997年。

「世界で一番美しい海岸」として呼び声の高いこの海岸は、憧れのバカンス地として多くの観光客が訪れます!歴史が古代ローマにまでさかのぼる断崖絶壁から見えるのは、素晴らしい絶景。景色を見終えたら街並みを実際に歩いてみましょう!白い家々が立ち並ぶ美しい小路は、まるで迷路に迷い込んだかのよう。 織田裕二主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」の撮影現場となり、一躍日本でも有名になりました。

 

#amalfi #italia #bela 🙈🍷🍦🍝💕

savazziさん(@fernandasavazzi)が投稿した写真 -

アクセス

ナポリ中央駅からサレルノまで鉄道で30分~1時間。サレルノから海岸沿いの村々へはプルマン(観光バス)を利用してアマルフィまでは約1時間。

4.カゼルタ王宮

カゼルタ宮殿

カゼルタ宮殿

4つ目に紹介するのは、「カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群」です。登録は1997年。

 

"Aye, you got kik?", he whispered to her.

Ryan Ramirezさん(@ryanremirez)が投稿した写真 -

カゼルタ王宮は、ナポリの北部郊外に位置する巨大な王宮です。18世紀にブルボン朝カルロ7世の命によって築かれた王宮で、ヴェルサイユ宮殿をモデルに建てられたと言われています。劇場、礼拝堂、博物館などを有し、人工滝やギリシャ神話の彫刻噴水郡の彩る美しい庭園とともに、多くの観光客を魅了し続けています。映画の撮影地としても有名で、『スターウォーズ』や『アマルフィ~女神の報酬』の撮影に使われました。

アクセス

ナポリ中央駅からカゼルタまで鉄道で40分。駅から宮殿までは徒歩約10分。

5.チレントとヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

5つ目に紹介するのは、「チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園」です。登録は1998年です。

紀元前4世紀からの遺跡などが多く残っており、ギリシアの文化が強く反映されています。また、公園内にあるパドゥーラのカルトゥジオ修道院は、1306年頃から450年あまりの時間をかけて数々の増築を行った荘厳な建築が人々の目をひきます。白大理石で作られたらせん階段のみならず、美しい彫刻の数々や聖家具があり、かつての修道士たちの生活や祈りの場としての歴史を垣間見ることができます。

6.イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡

ロンゴバルド族の建築物(http://worldheritagesite.xyz/)

ロンゴバルド族の建築物(http://worldheritagesite.xyz)

6つ目に紹介するのは「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡」です。登録は2011年。

ローマ帝国の滅亡後、ゲルマン人の一派であるロンゴバルド族が、イタリア一帯に侵入し、ビザンツ帝国に滅ぼされるまでの間、王国を形成しました。その時の彼らの歴史的遺産がイタリア各地に遺されており、それらをまとめて世界遺産として登録しています。ちなみに、他の州ですと、ロンバルディア州でも世界遺産に登録されています。カンパーニャ州で登録されているのは、サンタ・ソフィア教会!

さいごに

いかがだったでしょうか。よく知られている世界遺産も多かったのではないでしょうか。ナポリから周遊して色々な観光スポットに行ってみてくださいね!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-, 観光スポット
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.