観光スポット

最後の晩餐,マントヴァ,サンジョルジョ山...ロンバルディア州の世界遺産全9つを解説

更新日:

イタリア北部 ロンバルディア州

世界遺産シリーズ第一弾は、イタリアで最も世界遺産を持つ州、ロンバルディア州です!一つの州がこれだけの数の遺産を持つことは普通であったらあり得ません!いかにイタリアが文化や自然において豊かであるかということがわかるでしょう。

800px-Lombardy_in_Italy.svg

ロンバルディア州の位置はここ。イタリア北部です

ちなみに、ロンバルディアの州都はミラノ。イタリアの大都会ミラノへは、日本からアリタリア航空が直行便を就航しているため、首都ローマに次いでアクセスしやすいと言えます!

Map-Italy-Regione-Lombardia

ロンバルディア州の地図

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/

1.ヴァルカモニカの岩絵群

ヴァルカモニカの岩絵群

ヴァルカモニカの岩絵群

1つ目に紹介するのは、ヴァルカモニカの岩絵群です。登録年は1979年。

先史時代の約8000年間に岩石に刻まれた貴重な「線刻画」が、この渓谷一帯に数多く残っています。岩に刻まれた14万以上の絵柄は農耕、航海、戦い、魔術などをテーマに描かれているようです。この画も、動物の上に人が乗っているような岩絵となっています。アルプスの山麓に流れているオーリオ川(Oglio)沿いにある渓谷、ヴァル・カモニカの中に残されているました。

ヴァルカモニカの渓谷

ヴァルカモニカの渓谷

渓谷の景色は、自然の雄大さを感じさせてくれます。

 

2.『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』

2つ目に紹介するのは、「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」です。登録は1980年。

説明は、不要かもしれません。ミラノに遺されたレオナルド・ダ・ヴィンチの超大作、『最後の晩餐』を見ることができる教会が、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。ゴシック様式のズッシリとした建物は、15世紀の中頃に改築されています。また、『最後の晩餐』があるのは、この教会内の食堂に当たる部分です。ミラノのドゥオーモなどの中心地からトラム1本でアクセスできます。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

 

3.クレスピ・ダッダ

3つ目に紹介するのは、クレスピ・ダッダです!登録は、1995年。

時は19世紀、クレスピという人物によって「労働者の理想郷」として作られたのがこの町。アッダ川とブロンブロ川が合流している地帯に作られたことから、クレスピ・ダッダという名前がつけられました。村は、全く何も存在しなかった土地に、工場主が、労働者と家族のために、ここを丸ごと建設しました。この村では、城の主が村の全てを統治していたんだとか。こんな早い時期から社会保障制度を充実させていた村づくりには、驚くほかありません。

クレスピ・ダッダの建築物

クレスピ・ダッダの建築物(工場)

工場はすでに閉鎖されていますが、工場跡や建物はそのまま残り、当時の社宅だった家には、今でも一部に当時の労働者の子孫がすんでいます。

【次ページ】聖なる山や、最高の絶景の中を走る鉄道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

【現金】キャッシュパスポート
両替不要!安心のMasterCardで滞在は心配いらず(ポイント)。

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-, 観光スポット
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.