【小さな村の物語 イタリア】第264回 バローロ / ピエモンテ州

【小さな村の物語 イタリア】第264回 バローロ / ピエモンテ州

BUONO!ITALIA

イタリア情報サイトBUONO!ITALIA(ボーノ!イタリア)は「イタリアの全てを伝える」をコンセプトに、旅行、留学、スポーツ、料理、言語、音楽、社会問題などあらゆることを発信してまいります!

小さな村の物語 イタリア とは

BS日テレで毎週土曜日18:00~18:54、日曜日10:00~10:54に『小さな村の物語 イタリア』が放送されています。

毎週の放送内容はこのページで紹介しています。番組自体の内容については、下のページで。

主題歌

主題歌はOrnella VanoniのL'Appuntamentoという曲です。


【歌詞・日本語訳】Ornella Vanoni - L'Appuntamento

続きを見る

この楽曲のCDはこちらから!

放送日時

第264回は、2017年11月11日と2017年12月23日の放送です。

小さな村の紹介

見渡す限りのブドウ畑の中に悠然と佇む村、バローロ。南向きのなだらかな斜面は葡萄の栽培に適しており、1000年の昔からこの地の人々はワインを作り続けてきた。

その高い品質から、いつしかバローロの名は知れ渡り、今や世界中から人々が訪れる村となった。

放送内容

代々続くワイナリーを経営している女性醸造家。専門家が選ぶ150本のバローロワインの中でもトップの評価を得たことがある。でも、そこまで辿り着くのが大変だった。男の職場と言われる醸造の仕事では、スタッフは女の言う事など聞かない。

最大の難関は父だった。品質を上げようという娘の新しいやり方を頑として譲らない父。結果、毎日のように親子の大喧嘩が繰り広げられることになるのだが…。

もう一人の主人公は、村の中心で精肉店を営む男。こだわりの品揃えが自慢だ。

お店の売りはもう一つ。肉詰めパスタのアンニョロッティだ。アンニョロッティはピエモンテ州の名物で妻の得意料理。妻にはとても感謝している。元々ワイナリーの作業員だった男が、一念発起して作った店だ。とても勇気のいる決断だったが、妻は何も言わずに背中を押してくれた。今やお店は人気店となり、遠くからも客が絶えない。

挿入歌

使用楽曲 演奏者/歌手名
Sei nell'anima Gianna Nannini
Uno come noi Nomadi
Renoir (II°Versione) Francesco De Gregori
Almeno Tu Nell'Universo Massimo Faraò Trio
Meravigliosa creatura Gianna Nannini
Insensiblement Gianni Basso Quartet
Ti porto a vivere Nomadi

Sei nell'anima

Uno come noi

Renoir (II°Versione)

Almeno Tu Nell'Universo

Meravigliosa creatura

本記事で動画リンクを貼った楽曲は、動画サイトなどには登録されているもののみです。申し訳ありません。

イタリア映画を観るには?

コロナ禍でイタリアに行けない中、文化を少しでも知りたいなら、イタリア映画を観るのが一番。

オススメは、全VODの中でイタリア映画の本数ナンバー1U-NEXTあらゆる時代の王道・イタリア映画を楽しめるAmazon プライム

U-NEXTは1,639円、Amazonプライムは500円ですが、どちらも登録から1か月は無料で体験可能です。個人的には、どちらも同時に加入して、使い勝手や自分のニーズに合っていれば継続利用、そうでなければ解約、という体験方法が一番良いでしょう!

U-NEXTで1か月無料体験!

AMAZONプライムで1か月無料体験!

使っているうちに初めて分かることもありますし、イタリア映画以外にも魅力的なコンテンツがどちらも揃っているため、きっとどちらかは使い続けたくなると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BUONO!ITALIA

イタリア情報サイトBUONO!ITALIA(ボーノ!イタリア)は「イタリアの全てを伝える」をコンセプトに、旅行、留学、スポーツ、料理、言語、音楽、社会問題などあらゆることを発信してまいります!

-映画・ドラマ・番組
-