【ネタバレ無】『暗黒街』ローマの利権争いを描いたイタリア映画

『暗黒街』という、日本ではあまり注目されていませんが、個人的にはかなり好きなイタリア映画を取り上げ、紹介したいと思います。映画を観る前に読んでいただく記事として書いているので、ネタバレはございません!

こんな映画です

  • これまでにない、ダークな世界観がすごいイタリア映画
  • ピエルフランチェスコ・ファヴィーノの演技に注目です
  • 多重構成なストーリーを見逃すな!

映画情報

・公開年:2015

・制作国:イタリア

・監督:ステファノ・ソッリマ

・出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クラウディオ・アメンドラ、エリオ・ジェルマーノ、アレッサンドロ・ボルギ

U-NEXTで視聴

Amazon Primeで視聴

ノワール映画『暗黒街』について

あらすじ

堕落した与党の大物議員であるフィリッポ・マルグラーディ。彼は開発整備法の法案を成立させ、イタリアでのカジノ計画を目論む、悪徳政治家です。

委員会の後、彼は日課である売春婦との密会のため、いつものように高級ホテルに向かった。悦楽に溺れた時間を過ごした後、彼が買った未成年の娼婦が、ドラッグの過剰摂取によって死亡してしまう。

この事件をキッカケにし、カジノ計画に伴う利権争いは、地元の悪党同士の血で血を洗う殺し合いに。敵対するアダミ家とアナクレーティ家のファミリー同士の戦いから、それを収めて利権を得ようとする、伝説の人物・サムライ。それはやがて、政治家、犯罪組織、教会をも巻き込んだ大きな抗争へと発展していくことになる。

登場人物が次々と脅し・脅され、殺し・殺され、ローマの静かな港町であるオスティアに、黒い影が忍び寄る...。

監督はステファノ・ソッリマ

この映画の監督は、ステファノ・ソッリマ(Stefano Sollima)。1966年5月4日生まれ、ローマ出身の監督です。もともとはCNN、NBCなどのテレビ局に勤務しており、紛争地帯の報道カメラマンとしての経歴を持つ、映画界ではやや異才な人物。

ダークであったり堕落した世界観を描くことが多く、ギャング、彼らを抑えようとする警察や特殊部隊などの作品がメインだと思います。

2012年の『バスターズ』では、ウルトラスや犯罪者と対峙するローマの特殊部隊を、2018年の『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』では、アメリカとメキシコを舞台にしたメキシコの麻薬カルテルとの抗争を描いています。

キャストは実力派俳優ぞろい

エリオ・ジェルマーノ(一番左)、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(右から2番目)、クラウディオ・アメンドラ(一番右)

実力派のキャストを集めています。

政治家フィリッポ・マルグラーディ役には、ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞を3度獲得したピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ローマを取り仕切る元ネオファシストのサムライ役には、テレビ俳優・監督としても長年活躍するクラウディオ・アメンドラ、アダミ家のリーダー、アウレリアーノ(別名「ヌメロ・オット」)を演じたのは、若手の超イケメン&実力派俳優のアレッサンドロ・ボルギです。

イケメン&名優&大注目!現代イタリア映画を彩る俳優10人

続きを見る

アナクレティに脅される実業家のセバスティアーノ役は、30代ながらダヴィド・ディ・ドナテッロ賞主演男優賞を3回受賞したエリオ・ジェルマーノです。

また、アレッサンドロ・ボルギと、 アルベルト・アナクレティ(別名「スパディーノ」)役のジャコモ・フェラーラは、この物語ではサブキャラクターですが、前日譚であるNetflixオリジナルドラマ『暗黒街 -Suburra-』では、メインキャラクターとして活躍しています!

彼らのかっこいい姿が見たければ、Netflixもチェックしてみてくださいね。

【2020.08更新】Netflixで観られるイタリア・ドラマ5選

続きを見る

映画の見どころ

1.今までにないイタリア映画の"ダークな世界観"

イタリア映画というと、陽気なコメディ映画、エンディングに余韻の残るしんみりとした映画、といったイメージがあるかもしれませんが、『暗黒街』は、こうした映画とは全く一線を画しています。

いわゆる「ノワール映画」と呼ばれるような、虚無的で退廃的な犯罪を主題にした、登場人物の誰も救いようがない犯罪映画です。次々に人が殺されていき、安心したところでまた殺されます。その点だけを見れば、自分には関係のない、単なる暴力団同士の抗争のように思えるでしょう。

それでも、現代のローマ、それもローマ郊外の静かな港町であるオスティアが、甘い汁を吸おうとする犯罪組織や政治家たちによって狙われているという構図が、とてもリアリスティックで、ただ単に現実離れした話ではないような感じがしてしまいます。

ステファノ・ソッリマ監督の別のイタリア映画『バスターズ』でも、正義であるべき警察の特殊部隊が、いかに堕落した、時には誤った正義を振りかざしているかを描いており、きっとこうした描写が上手なのかもしれません。

イタリア映画を観るには?

イタリア映画を視聴するなら、動画配信サービスのU-NEXTがオススメ。全サービスの中でイタリア映画の本数がナンバー131日間無料体験ができて、その間でも新作購入に使える600円分ポイントをゲットできます。

また、気に入らなかったら、無料期間中に退会してもオッケーです!こちらの記事でU-NEXTの特徴についてまとめました。

U-NEXTでイタリア映画!作品情報や他サービスとの比較などを解説

続きを見る

【2020.08更新】U-NEXTの見放題で視聴できるイタリア映画10選

続きを見る

2.フィリッポとセバスティアーノの演技に注目して

先ほどキャストを紹介しましたが、特に注目して欲しいのがフィリッポ・マルグラーディ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)と、セバスティアーノ(エリオ・ジェルマーノ)の2人。

フィリッポが売春婦やサムライ相手に凄みをきかせて怒鳴りつける形相がすごく、めちゃくちゃインパクトがありました。それでいながら、息子にキスするときの"父親"としての顔、政治家と交渉するときの冷静な顔など、いい意味でのサイコパス感が出ており、改めて素晴らしい俳優さんだなと感じました。

また、作中ではセバと呼ばれているセバスティアーノは、人間が追い込まれていくとこうなるのか、という様をありありと教えてくれます。彼は本当に、何もしていないのに、父親の借金の肩代わりをさせられ、暗闇に引きずられていきます。もとは、とてもさばさばとしていて賢いセバですが、最後に彼がとった行動は、狂人的でした。作品のストーリーとの関連は薄い行為ですが、この作品を語る上で重要だと思います。

3.多重構成のストーリー

「あらすじ」の項では、ざっくりとしたストーリーしか書きませんでしたが、『暗黒街』は、それぞれの登場人物のもとに起きた事件・事故から物語が始まり、最終的に1つの目的地に着地していくような構成になっています。

そのため、展開が変わりやすかったり、「あれ、この人とこの人って繋がってるん?」ってなったり、最初にちょっとしか登場しない人物が後々になって再登場したりします。

この作品を面白くしている要素の1つだと個人的には思っています。なので皆さんがご覧になる際も、よそ見禁物ですよ!

さいごに

こんな映画です

  • これまでにない、ダークな世界観がすごいイタリア映画
  • ピエルフランチェスコ・ファヴィーノの演技に注目です
  • 多重構成なストーリーを見逃すな!

映画情報

・公開年:2015

・制作国:イタリア

・監督:ステファノ・ソッリマ

・出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クラウディオ・アメンドラ、エリオ・ジェルマーノ、アレッサンドロ・ボルギ

U-NEXTで視聴

Amazon Primeで視聴

ネタバレ無しで、イタリア映画『暗黒街』の紹介をさせていただきました。この映画が気になった方は、アマゾンプライムやU-NEXTなどのVODサービスで、今すぐ視聴することができますよ。

約1か月の無料体験期間も設けられているので、お金を払わないうちに退会してもオッケー!是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?

イタリア映画を観るには?

イタリア映画を視聴するなら、動画配信サービスのU-NEXTがオススメ。全サービスの中でイタリア映画の本数がナンバー131日間無料体験ができて、その間でも新作購入に使える600円分ポイントをゲットできます。

また、気に入らなかったら、無料期間中に退会してもオッケーです!こちらの記事でU-NEXTの特徴についてまとめました。

U-NEXTでイタリア映画!作品情報や他サービスとの比較などを解説

続きを見る

【2020.08更新】U-NEXTの見放題で視聴できるイタリア映画10選

続きを見る

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-アート & カルチャー, 知る
-, , , , , ,

© 2020 BUONO! ITALIA