イタリア移動は完璧!タクシーの乗り方・呼び方・注意点を完全解説

 2017/05/09

 319

タクシーも意外と活躍できる?

イタリアの都市内での移動手段にはどんなものがあるでしょうか?大都市であれば地下鉄やバス、中小都市であればバスや徒歩などが主流なはずです。中には全部歩いてしまおうなんて猛者もいます。

そうなった時に「タクシーなんて必要ない!」と思う方もいるのではないでしょうか。イタリアでタクシーというと、高いし、ぼったくられたりと、あまり良い印象はないかもしれません。ですが意外とタクシーに利用範囲は広いのです。例えば4人などの複数人で移動する場合は、公共交通機関を使うよりもずっと楽で早く移動できます。イタリアのバス網は、夜などは時間が大幅に遅れるなど全く機能していないこともしばしば。

またタクシーを乗りこなすことでさらに行動範囲は広くなります。例えば、イタリアに行ったときの楽しみの一つである食事を十分に楽しむためには、やっぱりタクシーをフル活用した方がその行動範囲が断然広がります。夜の地下鉄やバスを敬遠して、近場のリストランテで食事を済ましてしまっていてはもったいないですし、住所はわかっているが地図がないため具体的にどのあたりにあるかわからないからといって諦めてももったいないです。

そこで本記事では、今までの経験をもとに、タクシーを利用のコツや、ぼったくられないような注意点を解説していきます。

タクシーを探す

1.捕まえる

自分で街中や駅などでタクシーを捕まえましょう。流しのタクシーの場合、時折法外な料金を請求してくるタクシーもあるので、あまりオススメはしません。自分で捕まえる場合は、たいていタクシー乗り場に行くことになるかと思います。タクシーを捕まえる場所は、都市によっておおよそ場所が決まっています(例:ローマであればテルミニ駅やヴェネツィア広場近くなど)。各都市の鉄道駅前にはタクシー乗り場があるので、そこで捕まえることができるはずです。

2.呼んでもらう

タクシー乗り場が近くになかったりわからなかったりするときは、タクシーを呼ばなければなりません。一番楽なのは、タクシーを呼んでもらうことですよね?ホテルやレストランなどでタクシーを呼んでもらいましょう。タクシーをお願いするとすぐ連絡を取ってくれて、「何分くらいで来るから」と教えてくれるので、全く問題ありません。とっても簡単です。

【次ページ】自分でタクシーを呼ばなきゃいけない時

1 2 3


-