観光スポット

ワインやレモンを忘れずに?!どこよりも詳しいチンクエテッレ徹底解説書【お土産編】

2016-12-29

チンクエテッレでお土産を買おう!

5つの町があるチンクエテッレでは、どこでお土産を買えばいいか、どんなものがいいか、様々なお土産屋さんがある分、きっと迷ってしまうこともあると思います。

そこで本記事では、チンクエテッレのお土産についてオススメを紹介していきますよ!これを見ればお土産リストはバッチリなはず。

どこよりも詳しいチンクエテッレ徹底解説書

1.シャケトラ

シャケトラワイン

甘い芳香と美しい色合いが特徴の、チンクエテッレ名産のデザートワイン。普通のワインと異なり、白ブドウをじっくりと乾燥させ、押しつぶすという工程を経ることで、ぐっと甘味が増すことが知られています。ちなみにシャケトラは、イタリア語でSciacchetràと言い、リグーリア方言で「押しつぶして作った」という意味があります。

シャケトラワイン

お値段はボトル一本で€30-60とやや高めですが、イタリアではここでしか買えない最高の逸品であることは間違いありません。最も安く売っていたのは、リオマッジョーレの中心通りにあるお土産屋さんでした。

2.チンクエテッレワイン

チンクエテッレワイン

チンクエテッレには、DOCといって、イタリアの厳しいワインの評価基準をクリアした、美味しい白ワインがあります。ラベルにCinque Terreと描かれていることが多いので、すぐにどれだかわかるはずです。

チンクエテッレワイン

また、先ほどのシャケトラと並び、チンクエテッレでワインが作られているのは、主にコルニリアという町です!近くからブドウ畑を観察することもできるので、是非是非足を運んで体感してみてほしいと思います。

シャケトラやチンクエテッレワインの場合、私たちが買いたいと思う銘柄はどのお店でもあります。そのため、種類よりも値段に注意してお土産探しをしてみましょうね!

チンクエテッレワイン

3.レモンの石鹸

リグーリア州名産のレモンを使った石鹸がイチオシ。とにかくいい匂いがして、いつまでも香りをかいでいたくなりますよ。店先に出ていることが多いので、まずは手に取ってみましょう。

また、ただレモンの香りがするだけでなく、レモンの形をした石鹸だったり、レモンがカゴに入ったようにして売られていたりと、とにかくかわいいのも特徴。店によって種類が全然違うので、色々な店をまわって、一番好きなタイプのレモン石鹸を買うのが良いでしょう!

4.トートバッグ

チンクエテッレのトートバッグ。低価格でハイクオリティなものが多く、やはり都会の観光地とはその辺りで差を感じました。こちらもレモン石鹼同様それぞれのお土産屋さんで違う種類のものがあるので、手にとって見て欲しいです。

海らしくネイビーやブルーを使ったものが特にかわいくてオススメです。マナローラに、センスの光るトートバックがいくつか売っていましたよ。

5.マグカップ

チンクエテッレのかわいい町の雰囲気とキレイな海がそのまま再現されたマグカップです。観光客向けのマグカップは正直どこの観光地にもありますが、チンクエテッレのものはその中でも特にかわいかったと思います。

私はローマで留学中ですが、チンクエテッレは次行くかわからない町。一つマグカップを買っておけばよかったと後悔しています(笑)

レモンお土産

その他.小物やポストカード

チンクエテッレお土産

この辺りはどこにでもあるお土産の、チンクエテッレバージョンとでもいうべきものです。基本的にどれも海やカラフルさを押し出したものが多いので、気になるものは買ってもいいかもしれません。

チンクエテッレお土産

ですが、ここまで紹介した5つのお土産のチンクエテッレらしさに比べると劣るので、数増やしのために紹介するまでもないかなと思い、その他としておきました。

どこで買えばいいの?

お土産を買うのにはリオマッジョーレが最も安く、種類も多いです。そのため、最後にリオマッジョーレを訪れれば、土産が荷物として邪魔になることもなく、身軽に観光を楽しめると思います。

買いたいお土産は見つかった?

いかがでしたか?買いたいと思えるお土産は見つかりましたか?この5つをおさえておけばきっとお土産探しに苦労しないはず。みなさんも素敵な旅の思い出を探してみてくださいね。

関連記事

【観光スポット編】どこよりも詳しいチンクエテッレ徹底解説書

続きを見る

これで観光は完璧!どこよりも詳しいチンクエテッレ・愛の小道徹底解説書

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-, 観光スポット
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2019 All Rights Reserved.