U-NEXTでイタリア映画!作品情報や他サービスとの比較などを解説

イタリア映画をネットで簡単に視聴する方法を紹介しています。U-NEXTでは、どんなイタリア映画が見られるのでしょうか?評判、月額料金、他動画配信サービスとの比較、U-NEXTを実際に使ってみて分かったこと、イタリア映画のラインナップなどについて、解説いたします。

U-NEXTの特徴

U-NEXTとは?

U-NEXTとは、株式会社U-NEXT(ユーネクスト)が運営するサービスのことです。他動画配信サービス(Amazon PrimeやNetflix)などが外資系企業による運営ですが、U-NEXTは完全に日本企業です。だからと言ってそれが作品に大きな影響を与えているとは言えませんが、邦画の作品も非常に充実している印象があります。

また、U-NEXTは動画配信サービスではあるものの、雑誌なども無料で読むことができます。

月額料金は?高いけれどポイント還元あり

U-NEXTの月額料金は、2,178円(税込)です。

この月額料金は、他の配信サービスと比べるとかなり割高で、約2倍以上となっています。特にアマゾン・プライムだと約4倍の差がありますね。

サービス 月額料金(税込)
プライム・ビデオ(Amazon) 500円
U-NEXT 2,178円
Netflix(ベーシックプラン) 800円
Hulu 1,026円
d TV 550円

しかしU-NEXTの場合、有料作品の購入に使うことができるポイントを1,200円分毎月ゲットすることができます。この有料作品というのは、具体的には最新作や人気作などが多く当てはまります。2020年5月時点では、例えば『アナと雪の女王2』(2019)、『イエスタデイ』(2019)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)などです。

こうした作品を家で観る場合、他の配信サービスだと月額料金以外に追加で課金する必要がありますが、U-NEXTの場合1,200円分のポイントを購入に使うことができます

ちなみに、こうした追加料金が必要な作品はU-NEXTでは330-550円。そのため、他の配信サービスだと追加課金が必要な作品も、U-NEXTなら、月2-4作品は追加料金0で楽しめちゃうんです(公開間もない本当の意味での最新作は1,000円弱します)。

そう考えると、実質的な月額料金は、「2,178円(月額料金)-1,200円(ポイント)=978円」となり、実質的に他の配信サービスとほぼ同額になります。

サービス 月額料金(税込)
プライム・ビデオ(Amazon) 500円
U-NEXT 2,178円(月額料金)-1,200円(ポイント)=978円
Netflix(ベーシックプラン) 800円
Hulu 1,026円
d TV 550円

また、コロナの自粛期間中には、本来映画館で公開する予定だった作品でさえ、U-NEXTでポイントを使って視聴することができます!例えば『Fukushima50』(2020)や『白い暴動』(2019)などは、それぞれ1,900円、1,100円で視聴可能でした。

つまり、新作映画などをなるべく早くおうちで楽しみたい人にとっては、U-NEXTは非常に満足度の高いサービスだと言えます。

\無料体験から!イタリア映画本数No.1!/

詳細はこちら!

無料体験期間は?

U-NEXTの無料体験期間は31日です。その間に、U-NEXTのサービスを色々と使い、メリットやデメリットなどを探してみてください。実際のところ、動画配信サービスは、説明を読むより、実際に触ってみた方が、断然メリットとデメリットが見えてきやすいと思います。

もちろん、無料体験期間の間に退会すれば、金額は一切発生しないので安心です。

ちなみに、無料体験期間中であっても、なんとU-NEXTで使えるポイントが600円分プレゼントされます。コレはめちゃくちゃ太っ腹ですね。もし体験だけでやめる場合にも、必ずこの600ポイントは、何か自分の好きな作品を見て使い切るようにしましょう!!

\無料体験から!イタリア映画本数No.1!/

詳細はこちら!

U-NEXTの作品について(全体・イタリア映画)

全体のラインナップはどう?

U-NEXTで見放題で視聴できる作品数は、なんと約14万本!!これは、全動画配信サービスの中でNo.1です!これは確かに、実際に使ってみると納得の順位で、自分が見たい!と思う作品のほとんどがU-NEXTにはありました。アマゾン・プライムしか加入していなかった時には、レンタルが必要で諦めていた作品も、U-NEXTなら見放題で楽しめます。

あらゆるジャンルを含めた総作品数としては、U-NEXTはプライム・ビデオやNetflixを大きく突き放して断トツトップです。

U-NEXTの総作品数(U-NEXTプレスリリースより)

また、それぞれの作品別で比較しても、U-NEXTはトップクラスの作品数を持っていることが分かります。特に洋画や邦画は断トツと言えるでしょう。

U-NEXTのジャンル別総作品数(U-NEXTプレスリリースより)

これは動画配コンテンツのみを比較しておりますので、これに読み放題で読める雑誌などが加わると考えれば、かなりお得感があります。毎月もらえる1,200ポイントと合わせると、月額2,178円(税込)がそれほど高くないように感じられませんか?

U-NEXTはテレビでの視聴がオススメ!

U-NEXTで映画を観るなら、テレビでの視聴が何よりもオススメ!小さいパソコンやタブレットよりもテレビの方が、一層の臨場感やインパクトがあり、めちゃくちゃ楽しめます。

最近では、コストパフォーマンスの高いWi-Fi接続機器内蔵のテレビが販売されていますので、是非Amazonや楽天などでチェックしてみてください!

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥83,980 (2020/09/28 15:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

私は、一人暮らしを始めたタイミングで、ネット対応はしていない安いテレビを購入したので、Amazon Fire Stickを使っています!これ一つであらゆる配信サービスやYouTubeが利用できるため、超・超オススメです!移動先のホテルなどで使うことができるのもメリットです。廉価タイプから高価な4Kタイプのものまであるので、自分の持っているテレビのスペックに合わせて購入されてはいかがでしょうか。

created by Rinker
Amazon
¥6,980 (2020/09/28 15:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

【ココを読んで欲しい】イタリア映画ラインナップはどう?

さて、ここからが本題です。U-NEXTで配信があるイタリア映画についてですが、①見放題作品と、②ポイントを使うレンタル作品、に分けて紹介いたします。

1.見放題作品

U-NEXTの見放題、つまり月額料金で視聴ができる作品についてです。2020年5月現在の情報ですが、正直、この点は他の配信サービスの比ではないくらい豊富です。イタリア映画に関しても、作品数No.1なのではないでしょうか。プライム・ビデオもNetflixも敵いません。

また、監督や出演者の情報から関連作品を探すのが非常に簡単で、芋づる式にイタリア映画をどんどん探し出して、鑑賞することができるのも、プライム・ビデオと比べた時の大きなメリットだと思います。

「とにかく何でもいいからイタリア映画を観たい!」という時も、「あのイタリア映画って日本で観れるのかな~?」という時も、どちらもまずは他のサービスに先立ってU-NEXTを探します。

バリエーションは新旧多様で、どちらが多く少なくということもありません。

U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT

過去の名作で言えば、フェデリコ・フェリーニの『道』(1954)、『甘い生活』(1960)、『8 1/2』(1963)、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988)。その他にも『イル・ポスティーノ』(1994)や『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997)、『薔薇の名前』(1986)などもあります。

2000年代以降の作品だと『マレーナ』(2000)、『最後のキス』(2001)、『神様の思し召し』(2015)、『おとなの事情』(2016)、『歓びのトスカーナ』(2016)などなど、かなりのラインナップが揃っています。

日本でなかなか触れる機会の少ないイタリア映画。これだけの作品が追加料金なしで観れるのであれば、月額2,178円(税込)の価値があると思いませんか?

2.レンタル作品

続いて、U-NEXT内でポイントを使って視聴するレンタル作品。Netflixは、月額料金だけで全作品が観れるため、この項目は、アマゾン・プライム・ビデオとの比較でお話します。

レンタルについては、正直、それほど大差ありません。具体的には、U-NEXTでレンタルして観れる作品は、プライム・ビデオのそれと、ほぼ同じです。

先述の通り、U-NEXTは見放題作品で差をつける動画配信サービスです。同じ傾向がイタリア映画にも反映されていると思います。まず、2000年代より前のイタリア映画の名作は、多くが見放題作品として観ることができるので、そもそもレンタルは必要ありません。

U-NEXT
U-NEXT
U-NEXT

一方、2010年代以降の比較的新作である、『ドッグマン』(2018)、『愛と銃弾』(2019)、『幸福なラザロ』(2018)、『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』(2018)などは、どちらでもレンタルできます。その上で、レンタルの金額はプライム・ビデオの場合、100-500円なので、同じ作品で比較すると、U-NEXTよりプライム・ビデオの方が安いです。

そのため、どちらにも収録されている作品については、プライム・ビデオを利用した方がよいでしょう。

さいごに

いかがでしたか?U-NEXTは他のサービスよりかなり高いので敬遠していましたが、実はイタリア映画もめちゃくちゃ多く、ポイントを使えば様々な映画を鑑賞できることが分かりました。

皆さんも、一度無料体験から試してみてはいかがでしょうか?

\無料体験から!イタリア映画本数No.1!/

詳細はこちら!

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-アート & カルチャー
-

© 2020 BUONO! ITALIA