Viaggio [旅]

【実体験】ヤク中が窓ガラスを割る!治安の悪いローマでバスを安全に乗る方法

投稿日:2017-01-03 更新日:

ちょっとだけ怖い体験

ローマの治安に対して、どのような印象をお持ちでしょうか?イタリアだから怖いという人と、そうは言っても気をつけていれば大丈夫という意見があると思います。

関連記事

実際のところ、気をつけていれば問題ないのですが、ローマでの留学も2ヶ月が経ち、ここでの生活も慣れてきた頃、とある事件に出会ったのがキッカケで、是非書き起こしておこうと考えました。

タイトルの通り何があったかというと「薬物中毒の少年がバスの窓ガラスを割って逃げた」という事件です。

コトの経緯

ローマ地下鉄B線の終点Laurentina

ラウレンティーナ

私は地下鉄B線の終点であるLaurentinaでバスを待っていました。
Laurentinaはバスターミナルがあり、基本的にバスはしばらく停車してから出発するのですが、何だか明らかに変な人がいます。

怪しい雰囲気の少年

ラウンレンティーナ

2人組の高校生くらいの彼らは、車内をウロウロして、運転手がいないバスのドアを勝手に開閉したり、叫びながら他の乗客にちょっかいをかけたりしています。

これまでに見た不良は、バスの中でひたすら騒いでいるタイプだったので、やや異なる雰囲気にちょっと緊張が走りました。

バスが出発してもやりたい放題

時間が来てバスが出発してからも、彼らはやりたい放題でした。バスのドアの機械部分を強引にいじってバスの移動中にドアを開け、そこから汚い言葉を叫びまくっていました。

また、バスについている非常用のバールを強引に引っこ抜くと、それを使って遊び始めたのです。最初は手すりなどをカンカン叩いているだけでしたが、挙げ句の果てには椅子を叩きまくって破壊しだし、ついにはそのバールを、開いたドアから外に向かってぶん投げていました。

幸い誰にも当たることはありませんでしたが、あまりの衝撃でした。

降りる時に事件が

彼らがバスを降りる時に、最も大きな事件が待っていました。なんと非常用のバールで窓を外側から思いっきり叩き、なんと窓ガラスを割ってしまいました。ガラス

幸い全壊は免れましたが、一面にヒビが入ってしまいもう使うことはできません。

そして2人のうちの1人(実行犯)は猛スピードで逃げ、もう1人は残されました。もう1人の方もまさかこんなことをすると思っていなかったようで、やや困惑の表情。

ガラス

ここで運転手が異変に気付き、警察と新しいバスを呼びます。周辺住民が集まって来て、何というかカオスな状態に。乗客は全員降り、ただただ驚いていました。

【次ページ】イタリアと薬物の根深い問題

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Viaggio [旅]

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.