【2017.02更新】イタリアの滞在許可証ペルメッソ・ソッジョルノ申請徹底解説

 2017/02/15

 1,248

5.クエストゥーラへ

晴れてやっとクエストゥーラへ向かいます。

必要書類の確認

ここで必要な書類を確認しておきます。

・呼出状(署名付)

・領収書Ricevuta(キット同封)

・パスポート

・海外旅行保険の保険証書原本(イタリア語or英語)

・語学学校・大学等授業料納入済みの領収書や入学許可証原本(イタリア大使館印必須)

・証明写真(背景白) 1~4枚

【念のための行動を】

求められる書類は、都市などによってバラバラ。原本だけでなくコピーなど全ての書類を持って行きましょう。 証明写真は、ローマでは1枚、ヴェネツィアでは3枚、ボローニャでは4枚求められました。

クエストゥーラで

軍のお兄さんに自分の書類を見せれば、列に並ぶことができます。通常は時間通りに向かえば良いでしょう(例外あり、後述)。

その後は必要書類だけ持っていれば問題なくことが進むはずです。書類を提出し、指紋を採取されればおしまいです。

【ボローニャの場合】

クエストゥーラは郊外とチェントロの2か所に行く必要があります。

1.郊外のクエストゥーラ

Ufficio immigrazioneで申請します。自分の予約時間が呼ばれたら、予約書を見せ、部屋に入って並んで待ちます。申請では様々な書類を見せたり、指紋を採取したりをします。

2.中心のクエストゥーラ

郊外のクエストゥーラでの申請時に、チェントロでの手続きの予約書がもらえます。ここでは署名と指紋採取のみ。

また指定日時にいけなかった場合、予約の取り直しか開門前朝 7 時頃から並んで番号札をもらわなければならないようです。

【ヴェネツィアの場合】

クエストゥーラへは、アポイントの時間を無視して早めに行きましょう!かなり待たされることになります。

また、もし直接クエストゥーラへ行けば、指定された日付以降の日付を再設定することもできるようです。

6.滞在許可証を待つ・受け取る

クエストゥーラのサイトをチェック

クエストゥーラのサイトで許可証が出来上がるのを待ちます。 呼び出し状に記載されたCodice Assicurataを警察の許可証確認ページで照合すると、今自分の許可証の手続きがどの段階にあるかが分かります。

Numero pratica o assicurataに呼出状に書かれてあったCodice Assicurataを入力し、INVIAを押します。

警察サイトに " Il documento di soggiorno è pronto per la consegna. (許可証をお渡しする準備ができました)"と表示されたら、最寄りの警察署に滞在許可証が届けられたということなので、受け取りに行きましょう(受け取り場所の警察署の住所も表示されます)。

【番号は念のため写真を】

ちなみにこの呼出状、クエストゥーラで回収されてしまう場合があるので、コピーを取るなり、写真を撮るなりしてこの番号を見れるようにしておいてください(ローマ・ヴェネツィアのみ経験あり)。受け取りまでには1~2ヶ月必要です。

受け取りへ

最寄りの警察署へ向かいます。必要な書類は、

・パスポート

・郵便局で受け取った領収書

です。

「滞在許可証」を受け取れば、イタリア滞在は期限付きで保証されます!受け取った滞在許可証は、両面コピーをとっておくことをおすすめします。

【準備完了詐欺】

警察サイトで準備完了の表示があっても、実際にはまだ届いていないこともしばしば。これは、地元警察の移民管理担当官が、移民警察署に滞在許可証を受取に行く手間が、インターネット上で考慮されていないため。一発で確実に受け取るためには、サイトで確認してから警察署に赴くまでには、2週間から3週間ほど空ける方がいいかも。

【関連記事】イタリア留学の全手順、お教えします。

イタリアに留学するための手順徹底解説まとめ
イタリア到着前 大学・語学学校選び イタリアの大学・語学学校探しは決して簡単ではありません。イタリア留学フェアがその助けになる...

【次ページ】滞在許可証がなくても、大体何でもできる

1 2 3


-,