手続き 長期滞在

【2017.10更新】イタリアの滞在許可証ペルメッソ・ソッジョルノ申請徹底解説

投稿日:2017-02-15 更新日:

4.キット提出

提出すべき書類をキットにまとめたら再び郵便局に向かいます。

その1.書類のおさらい

同封すべき書類は以下の通り

  • 申請用紙Modullo 1
  • 領収書Ricevuta(キット同封赤縁)
  • 海外旅行保険の保険証のコピー(イタリア語or英語)
  • 語学学校・大学等授業料納入済みの領収書や入学許可証のコピー(イタリア大使館印必須)
  • パスポート全ページのコピー (前述の通り2枚でいいが、念のため全ページ)

確認を終えたら、封をせずに(局員が確認するため)再び郵便局に向かい、アミーコ(Amico)等で手続きを!

その2.支払い、領収書・呼出状受け取り

作業が終わると、

  • 手続き料(手数料)€80
  • 滞在許可証発行代 €30,46(カード払い可)
  • キット郵送手数料  €30(カード払い不可)

の支払いを求められます(手数料は無料になりつつある、後述)。

手続きが完了すると、郵便局から

  • 領収書A(赤縁・横長)
  • 領収書B(左上に大きくバーコード入り・縦長)
  • 警察署からの呼出状

の3点を受け取ることになります。しっかりと確認してください。

【注意】滞在許可証の手数料

滞在許可証の発行にはもともと€80程度の手数料が必要でしたが、それが2016年5月以降に撤廃されています。ですが現状ではそれを無視して手数料が取られ続けているようです。実際ローマでは2016年10月に手数料を取られましたが、トリノではありませんでした。取られる覚悟でいた方が無難でしょう。

受け取るものを写真で確認

領収書A

領収書B

領収書

呼出状

呼び出し状には、移民警察署のアポイントメントの日付・時間・場所が記載されています。

指紋採取のアポイントメントの時間(Data e Ora)、場所(Ufficio/Comune)が記載されています。出頭前には、Firma per Richiedente (申請者署名)の文字の下にサインを忘れずに。

ひたすら待つ

ここまでの作業を済ませれば、あとはクエストゥーラに行く時を待つだけです。約1~2ヶ月ほど待ちます。

【待ち期間】

参考までに、私たちがの待ち期間を載せます。

ローマ…10月上旬申請→11月下旬出頭

トリノ…9月中旬申請→10月中旬出頭

ヴェネツィア…9月下旬申請→12月上旬出頭

5.クエストゥーラへ

晴れてやっとクエストゥーラへ向かいます。

その1.必要書類の確認

ここで必要な書類を確認しておきます。

  • 呼出状(署名付)
  • 領収書Ricevuta(キット同封)
  • パスポート
  • 海外旅行保険の保険証書原本(イタリア語or英語)
  • 語学学校・大学等授業料納入済みの領収書や入学許可証原本(イタリア大使館印必須)
  • 証明写真(背景白) 1~4枚

【念のための行動を】

求められる書類は、都市などによってバラバラ。原本だけでなくコピーなど全ての書類を持って行きましょう。 証明写真は、ローマでは1枚、ヴェネツィアでは3枚、ボローニャでは4枚求められました。

その2.クエストゥーラで

軍のお兄さんに自分の書類を見せれば、列に並ぶことができます。通常は時間通りに向かえば良いでしょう(例外あり、後述)。

その後は必要書類だけ持っていれば問題なくことが進むはずです。書類を提出し、指紋を採取されればおしまいです。

【ボローニャの場合】

クエストゥーラは郊外とチェントロの2か所に行く必要があります。

1.郊外のクエストゥーラ

Ufficio immigrazioneで申請します。自分の予約時間が呼ばれたら、予約書を見せ、部屋に入って並んで待ちます。申請では様々な書類を見せたり、指紋を採取したりをします。

2.中心のクエストゥーラ

郊外のクエストゥーラでの申請時に、チェントロでの手続きの予約書がもらえます。ここでは署名と指紋採取のみ。

また指定日時にいけなかった場合、予約の取り直しか開門前朝 7 時頃から並んで番号札をもらわなければならないようです。

【ヴェネツィアの場合】

クエストゥーラへは、アポイントの時間を無視して早めに行きましょう!かなり待たされることになります。

また、もし直接クエストゥーラへ行けば、指定された日付以降の日付を再設定することもできるようです。

6.滞在許可証を待つ・受け取る

その1.クエストゥーラのサイトをチェック

クエストゥーラのサイトで許可証が出来上がるのを待ちます。 呼び出し状に記載されたCodice Assicurataを警察の許可証確認ページで照合すると、今自分の許可証の手続きがどの段階にあるかが分かります。

Numero pratica o assicurataに呼出状に書かれてあったCodice Assicurataを入力し、INVIAを押します。

警察サイトに " Il documento di soggiorno è pronto per la consegna. (許可証をお渡しする準備ができました)"と表示されたら、最寄りの警察署に滞在許可証が届けられたということなので、受け取りに行きましょう(受け取り場所の警察署の住所も表示されます)。

【番号は念のため写真を】

ちなみにこの呼出状、クエストゥーラで回収されてしまう場合があるので、コピーを取るなり、写真を撮るなりしてこの番号を見れるようにしておいてください(ローマ・ヴェネツィアのみ経験あり)。受け取りまでには1~2ヶ月必要です。

その2.受け取りへ

最寄りの警察署へ向かいます。必要な書類は、

  • パスポート
  • 郵便局で受け取った領収書

です。

「滞在許可証」を受け取れば、イタリア滞在は期限付きで保証されます!受け取った滞在許可証は、両面コピーをとっておくことをおすすめします。

【準備完了詐欺】

警察サイトで準備完了の表示があっても、実際にはまだ届いていないこともしばしば。これは、地元警察の移民管理担当官が、移民警察署に滞在許可証を受取に行く手間が、インターネット上で考慮されていないため。一発で確実に受け取るためには、サイトで確認してから警察署に赴くまでには、2週間から3週間ほど空ける方がいいかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-手続き, 長期滞在
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.