L'Italiano [イタリア語] 文化

【資格】イタリア語検定2級の問題形式・構成から内容まで徹底解説

投稿日:2017-11-19 更新日:

イタリア語検定の2級を受けたい!

大学でイタリア語を勉強していたり、独学だったり、仕事だったり、様々な動機でイタリア語を勉強している方がいます。そして、それらで培ったイタリア語力なら、せっかくなら目に見える結果として残しておきたいところ。

そこで本記事ではイタリア語検定2級という、やや難易度の高いレベルの検定について、「どのようなものなのか」について解説します。敵を知らずして戦いに勝つことはできません。そのためまずはイタリア語検定2級を徹底的に丸裸にしましょう。

合格基準は?何点取ればいい?設問はどんな感じ?時間はどれくらいあるの?...などなど、これらの疑問を解決していきます。

 

イタリア語検定の基礎知識

イタリア語検定に必要な力

イタリア語検定協会の定める2級の実力は、以下の通りです。

日常生活や業務上必要なイタリア語を理解し、一般的なイタリア語を読み・書き・聴き・話すことができる。4年制大学のイタリア語専門課程卒業程度の学力を備え、一般的な説明・報告・通訳がある程度できる能力が要求される。

制限時間

時間は2時間となっていて、そのうちの約30分程度はリスニング、残りの90分はリーディングです。

得点率

イタリア語検定に合格するために必要となるのは約80%の得点率ということが、イタリア語検定の公式より発表されています。

つまり、単純計算すると、10問のうち2問しか間違えることができないので、決して簡単ではないことがお分かりいただけるはずです。しっかりと準備をし、安定して高得点を取れるように対策しなければなりません。

合格率

 

イタリア語検定2級の構成・形式

イタリア語検定では、問題や解答方法の説明が全てイタリア語でアナウンスされます。問題用紙に書いてある説明も全てイタリア語です。

初めて受験する方も戸惑うことのないように、以下を読んで万全の状態で試験に臨んでくださいね。

解答形式

マークシート&記述方式をとっています。

マークシート式

選択肢から正しいものを選んだり、正誤を選んだりします。59問ある問題のうち、58問がマークシートです。

記述式

イタリア語検定では作文が求められるため、作文のみ記述式となっています。

問題形式

セクション

イタリア語検定は大きく分けて2つのセクションに分かれています。リスニングセクションとリーディングセクションです。

リスニングセクション

リーディングセクション

約30分、22問

約90分、37問

パート

前項で説明したセクションは9つのパートによって構成されています.

リスニングセクション

リスニングセクション…約30分、22

問題

内容

設問数

PARTE1

写真描写問題

4問(N1-4)

PARTE2

会話問題

4問(N5-8)

PARTE3

会話問題

4問(N9-12)

PARTE4

会話問題

4問(N13-16)

PARTE5

説明文正誤問題

6問(N17-22)

リーディングセクション

リーディングセクション…約90分、37

問題

内容

設問数

PARTE1

短文穴埋め問題(文法)

20問(N23-42)

PARTE2

短文穴埋め問題(語彙)

8問(N43-50)

PARTE3

長文正誤問題

8問(N51-58)

PARTE4

作文問題

1問(N59)

【次ページ】セクションごとの具体的な内容

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-L'Italiano [イタリア語], 文化
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.