ホテル

疲れを癒すリラクゼーション体験!リゾート気分で訪れたいイタリアの温泉5選

更新日:

日本には全国各地に温泉があり、多くの人が楽しんでいます。箱根や伊豆、蔵王に由布院などなど日本の温泉には様々な種類があって、それぞれの楽しみ方も違いますよね?

日本と同じ細長な形をしたイタリアにも、様々な温泉があるのはご存知でしょうか?火山や地震などもある自然豊かなイタリアのオススメの温泉とリゾートホテルをご紹介いたします!

本記事で紹介する温泉地は、どれも日帰りで行こうと思えば行ける温泉です!しかし、アクセスが悪い点、イタリア人が温泉をホテルの宿泊とセットで捉えており、日帰り温泉という文化がほぼ存在しない点の2点から、ホテルに泊まるのも特にオススメです。ですので、各温泉地に1つの有名なホテルもセットで掲載しますので、要チェックです!

リゾート気分で訪れたい5つの温泉

1.テルメ・デイ・パーピ

テルメ・デイ・パーピ
テルメ・デイ・パーピ
テルメ・デイ・パーピ

エトルリア時代に発見された温泉で、歴代のローマ教皇たちも療養に訪れたことから、法王の温泉(Terme dei Papi)と言われています。かの有名なダンテやミケランジェロも訪れたことがある歴史ある温泉です。温泉は水着着用ですので、お忘れなく。バスローブやビーチサンダルもあるといいかも。

日帰りも十分可能ですが、4つ星のベスト・ウエスタン・ホテル・ヴィテルボ(Best Western Hotel Viterbo) がオススメ。ヴィテルボ有数の高級感あるホテルで、のんびりリゾート気分で過ごしたい温泉の滞在にはピッタリです!

【スポット情報】

施設名 テルメ・デイ・パーピ
住所

Str. Bagni, 12, 01100 Viterbo VT

アクセス

【電車】ローマから電車で1時間30分でヴィテルボ駅。駅からはバスで20分程

【バス】ローマのマンチーニ広場からシャトルバス(往復8ユーロ)(日曜日除く)。

連絡先 +39 0761 3501
開店時間・定休日

火曜日:定休

土曜日:9:00-19:00,21:00-01:00

その他:9:00-19:00

入場料

平日:12ユーロ

祝日・祝日前日:18ユーロ

土曜夜:20ユーロ

公式ホームページ https://www.termedeipapi.it/
SNS Instagram

2.テルメ・ディ・サトゥルニア

テルメ・ディ・サトゥルニア
テルメ・ディ・サトゥルニア

古代ローマ時代に起源をもつトスカーナ州シエナにある温泉であるテルメ・ディ・サトゥルニア(Terme di Saturnia)です。こちらの温泉は、硫黄温泉の他にファンゴ(泥)温泉もあり、このファンゴがお肌にも髪にもいいと評判です。

自然の中にある温泉なので、年中無休24時間入ることができ、なんと無料なのです。

日帰りではちょっと不便な場所にありますが、こちらの温泉にはホテルが併設されています。それが、5つ星ホテルのテルメ・ディ・サトゥルニア スパ&ゴルフリゾート(Terme di Saturnia Spa & Golf Resort)。5つ星ホテルならではの最高のサービスを受けながら、温泉でリラックス。

テルメ・ディ・サトゥルニア スパ&ゴルフリゾート
テルメ・ディ・サトゥルニア スパ&ゴルフリゾート
テルメ・ディ・サトゥルニア スパ&ゴルフリゾート

【スポット情報】

施設名 テルメ・ディ・サトゥルニア
住所

Saturnia, 58050, Grosseto, Italia

アクセス

【自動車】フィレンツェから3時間、ローマから2時間30分程度

【公共交通機関】電車・バスを乗り継ぎ、フィレンツェから5時間30分、ローマから5時間程度(詳しくはRome2rioで)。

連絡先 +39 0564 600111
開店時間・定休日 24時間
入場料 無料
公式ホームページ -
SNS -

3.モンテカティーニ・テルメ

モンテカティーニ・テルメ
モンテカティーニ・テルメ

トスカーナ北部にある世界有数の温泉リゾート地であるモンテカティーニ・テルメ(Montecatini Palace)です。

ローマ時代から温泉地として利用されていましたが、18世紀後半にトスカーナ大公レオポルド1世が温泉のさまざまな治療効果を検証し、温泉施設の建設を命じました。プッチーニやロッシーニなどの音楽家たちも利用したこともある歴史ある温泉です。

地下80mから湧き出る温泉は飲泉にも向いています。大きな公園内に、9つの温泉施設があります。

温泉施設の他、ホテルやショッピング街、レストランなど施設は充実しています。近くにある1910年創業の老舗5つ星ホテルであるLHPホテル・モンテカティーニ・パレス(LHP Hotel Montecatini Palace)は、カップルでの旅行に特にオススメ。ローマやフィレンツェで5つ星ホテルを選ぶより、ずっと安く宿泊できるはずですよ!

モンテカティーニ・テルメ
モンテカティーニ・テルメ

【スポット情報】

施設名 モンテカティーニ・テルメ
住所

Montecatini Terme

アクセス 【バス】ピサ空港から…直行バス(FlyBus)
    トスカーナからバス(Copit社)(Lazzi社)
連絡先 +39 0572 7781
開店時間・定休日

様々なテルメがあり、それぞれに時間は異なるが、おおむね

月―金:8:00-19:00

土曜:9:00-19:00

日曜:10:00-20:00(半分くらいの施設は休み)

入場料 1時間13ユーロ
公式ホームページ  http://www.termemontecatini.it/
SNS  Instagram

4.テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ

テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ
テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ
テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ

テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ(Terme di Pré Saint Didier)は、ヴァッレ・ダオスタ州の、アルプスが眺められるクールマイユールにある温泉です!

1838年開業の温泉センターには、40種類以上の温泉設備があり、ベッドやハンモックが備えられた様々なタイプの部屋がある休憩室やレストランも併設しているので、一日のんびり過ごすことができます。入場料は45ユーロからと高めですが、バスタオルやガウン、ビーチサンダルも付いているので、水着を持って行くだけでオーケー。

さらに、果物やヨーグルト、クラッカー、ジュース、ハーブティなどの軽食ビュッフェ分も含まれています。こちらの温泉施設は、冬でも利用できるので、アルプスの雪景色を眺めながらリラックスしてみてください。

テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエの温泉施設がそのまま併設されているのが、4つ星ホテルであるQCテルメ・モンテ・ビアンコ(QC Terme Monte Bianco)です。ヴァッレ・アオスタ州は主要観光都市からはやや離れている分、ホテルに宿泊してのんびりと過ごすのが最も適していると言えるでしょう。

QCテルメ・モンテ・ビアンコ

【スポット情報】

施設名 テルメ・ディ・プレ・サン・ディディエ
住所

Allee Des Thermes, 11010 Pré-Saint-Didier AO, イタリア

アクセス

【バス】アオスタのバスターミナルからクールマイユール行きのバス(SAVDA社)で10分程度

連絡先 +39 0761 3501
開店時間・定休日

月曜〜木曜9:30〜21:00

金曜・土曜8:30〜23:00

日曜 8:30〜21:00

入場料

月曜〜金曜45ユーロ、土・日・祝50ユーロ

14歳以下は入場不可なので注意してください。

公式ホームページ https://www.qcterme.com
SNS Instagram

5.バイア・ディ・ソルジェート

バイア・ディ・ソルジェート(Baia di Sorgeto)は、ナポリ湾西部イスキア島にある温泉です。イスキア島は火山の噴火でできた島なので、たくさん温泉がありますが、おすすめなのがソルジェート温泉。

崖に囲まれた美しい湾の一番奥からなんと90度の熱い天然温泉が湧き出ています。その熱いお湯に海水が混ざり、ちょうどいい湯加減の温度になるのです。熱めの温泉が好きな方は源泉近くの奥側に。ぬるめが好きな方は海側と、好みで入ってみてください。

ファンゴ(泥)もあるので、泥パックも楽しめます。もちろん入浴料は無料です。近くには、4つ星ホテルであるプンタ・キアリート・リゾート(Punta Chiarito Resort)があります!ビーチで泳ぎ、温泉にゆっくり浸かり、ホテルで美味しいイスキア島の郷土料理を味わってください。

プンタ・キアリート・リゾート
プンタ・キアリート・リゾート
プンタ・キアリート・リゾート

【スポット情報】

施設名 バイア・ディ・ソルジェート
住所

Via Sorgeto, 35, 80077 Ischia NA, イタリア

アクセス

ナポリのヴェレッロ港よりイスキア行き高速船で50分。フェリーで1時間半でイスキア港。イスキア港より1番・CSのバスで40分のパンツァ(Panza)停留所より徒歩30分。

※温泉までは、崖の上から長い階段を降りなくてはならないので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

連絡先
開店時間・定休日

入場料 無料
公式ホームページ
SNS Instagram

さいごに

いかがでしたか?長旅を強いられるイタリアでは、日々の観光に疲れてしまうことも多いもの。都市を離れてゆっくりと温泉リゾートを楽しめば、間違いなくリラックスできるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

【現金】キャッシュパスポート
両替不要!安心のMasterCardで滞在は心配いらず(ポイント)。

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-ホテル,
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.