ローマが好きなら知っておくべき世界遺産「チェルヴェテリ」って?

旅行Webマガジンである「たびこふれ」さんにて寄稿しております、当サイトBUONO!ITAIA代表のゆうさんの記事の一部を掲載したものです。続きは「記事全文はこちら!」をクリックして、お読みいただければと思います。

記事全文はこちら!

ローマが属するラツィオ州には、ローマ市歴史地区以外にいくつもの世界遺産があります。その中でも、ティヴォリのヴィッラ・アドリアーナやエステ家別荘は特に有名。

ですが、古代文明に触れられるもっとマイナーな世界遺産「チェルヴェテリ」があるのはご存知ですか?この記事では、そんなチェルヴェテリの歴史遺産や博物館、町の楽しみ方をご紹介します。

記事の一部だけちょっぴり紹介!

チェルヴェテリってこんなところ!

チェルヴェテリ(伊:Cerveteri)は、人口約38,000人が住む、ローマから見て北西の位置にある町です。海に近い町で、シーズンになるとウィンドサーフィンをする人も多く訪れます。

この町は、ローマ人よりも前にイタリア中部に住んでいた先住民族である、エトルリア人の町とされており、非常に長い歴史を持っていることで知られています。伝承によれば紀元前9世紀よりあるとされ、その後サルド海の戦いなどを経て、紀元前1世紀までは、交易において非常に栄えていました。

こうしてチェルヴェテリ等を中心に文明を築いたエトルリア人でしたが、徐々に古代ローマ人と同化され、人種の区別は徐々に失われていきました。

チェルヴェテリの遺跡とは
さて、そんなエトルリア人ですが、彼らの文化・文明自体は非常に優秀なものだったとされています。古代ローマ人も建築技法において彼らの文明の技術を模倣したともされるほどです。

そして、彼らが遺したものの中で最も貴重な遺産の1つが、このチェルヴェテリ遺跡であるとされています。

【ローマ編】日帰り旅行にピッタリ!イタリア中・上級者向けの10つの町

続きを見る

地中海最大のネクロポリ

彼らの遺跡は、ネクロポリ(伊:Necropoli)といって巨大な共同墓地のようなものです。しかし、その大きさから日本語に訳すと「死者の町」とも呼べるような壮大なもので、特にこのチェルヴェテリのネクロポリは、地中海でも最大級のものとされています。

こんな立派な遺跡でも、あまりにも観光地が多いが故に霞んで見えてしまうイタリア、恐るべしです(笑)

【決定版】元在住者が解説!ローマで絶対に訪れるべき観光地トップ10

続きを見る

【お散歩メモ】ローマ近郊ポルケッタの街・アリッチャに行って、いっぱい歩いてみた

続きを見る

続きはたびこふれで!

  1. チェルヴェテリってこんなところ!
  2. チェルヴェテリの遺跡とは
  3. チェルヴェテリにあるネクロポリを歩いてみた
  4. エトルリア人たちの文化を展示する博物館
  5. チェルヴェテリは遺跡だけじゃない!町中も堪能
  6. チェルヴェテリへのアクセス方法

記事全文はこちら!

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-旅する, 観光スポット
-, ,

© 2020 BUONO! ITALIA