ローマっ子の海といえばここ!ローマ郊外の町オスティアの楽しみ方

ローマっ子の海といえばここ!ローマ郊外の町オスティアの楽しみ方

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

旅行Webマガジンである「たびこふれ」さんにて寄稿しております、当サイトBUONO!ITAIA代表のゆうさんの記事の一部を掲載したものです。続きは「記事全文はこちら!」をクリックして、お読みいただければと思います。

記事全文はこちら!

ローマというと内陸にある都市で、なかなか海のイメージはないかもしれません。ですが、市街地から車で30分ほど行ったところには、オスティアという海辺の町があります。ここには、ビーチがあるほか港や小さな商業施設、歴史的な遺跡もあります。

そんなオスティアについて、なぜか魅力にハマり6、7回も訪れてしまった私が解説していきます。

記事の一部だけちょっぴり紹介!

そもそも、イタリア人にとっての海とは?

最初に、イタリア人にとって海とはどんな存在なのでしょうか。イタリア半島は地中海にぐるりと囲まれていることから、日本のように海は比較的身近な存在と言えます。ですが、イタリア人の方が夏になると海に繰り出しまくっていると思います。

というのも彼らは海と日差しが大好き 。イタリアへ行くと、ときどき真っ黒に日焼けした男女を街中で見るかもしれませんが、彼らは大抵わざわざ海に行って日焼けしています。イタリアを含む南欧では、「夏に海へ行くこと」、「夏に日焼けして真っ黒になること」は半ば常識のようなもので、シミができることを気にする人はほぼいません。

詳しくはこちらも!
日焼けはステータス?!海に入らないけど海が好きなイタリア人

続きを見る

ローマっ子のリラックスには欠かせない!オスティアのビーチ

そんなオスティアですが、現在は非常に整備され、ビーチリゾートとしての機能が充実しています。駅からとぼとぼ海の方向に歩くと、すぐに長い海岸線に着くはずです。夏になれば、多くのローマっ子がこの浜辺で日光浴を楽しみます。

ただし、海はあまり綺麗ではないため、泳ぐ人はあまり多くありません。みんなコテージやパラソルを借りて、日焼けをしたりお酒を飲んだりしながらワイワイ楽しんでいます。

また、夏以外の時期は、ビーチ周辺で散歩をしたり、ランチをしたりして楽しむ場所に早代わり。ローマに最も近い海だからか、秋冬でもそれほど閑散とした雰囲気はなく、大半のレストランも営業しています。治安的な意味でも安心できるでしょう。

私は生まれてからずっと海の近くに住んでいたため、ときどき海が恋しくなると、友達の車でオスティアに出かけて、散歩を楽しんだものです。ローマでホームステイを開始して一週間、後に大親友になる、ステイ先の同年代の孫と初めて出かけたのもオスティアでした。

オスティアやローマが舞台の映画
【ネタバレ無】『暗黒街』ローマの利権争いを描いたイタリア映画

続きを見る

イタリアの夏のバカンス地、リミニの観光スポット6選!

続きを見る

続きはたびこふれで!

  1. そもそも、イタリア人にとっての海とは?
  2. ローマっ子たちが集う海の町オスティアとは?
  3. イタリア流ビーチの使い方を解説!
  4. のんびりした風景に癒される!オスティアの港
  5. オスティアへ来たら、歴史を感じられる遺跡にも注目!
  6. オスティアへのアクセス
  7. 最後に

記事全文はこちら!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-トラベル全般
-, , ,