こんなに違う?イタリアワインの北・中・南部別の特徴を考えてみる

 2017/03/17

 406

それぞれの州にそれぞれのワイン

イタリアは日本と同様、国土が南北の縦に長い国ですよね?。北部と南部ではかなり気候が異なり、日本に置き換えれば北海道と九州くらい差があります。そのような差がある気候の下で作られるワインですから、もちろん味も違ってきますよね。加えて、ブドウの出来は天候によって左右されますし、そのブドウからできるワインも毎年違うはずです。ワインって難しいです。

本記事では、気候によって異なる北部・中部・南部という大枠で、ワインの特徴を考えてみましょう!

地域別ワインの特徴

北部地域

特徴:洗練された、繊細な、上品な、ワイン

イタリアワインの代表であるバローロ、白のガヴィ、スプマンテのアスティなどを生産するピエモンテ州。代表的白のソアーベや伝統的製法で知られるアマローネなどを生産するヴェネト州など、北部州は多くの有名ワイン種を持っています。

 

🇮🇹 Italian Wines 🇮🇹さん(@italian_wines)が投稿した写真 -

特にピエモンテのバローロやバルバレスコは、世界中で高評価を得ていて、高価で取引されています(大学生の私には手が出せません笑)。高価なワインだけではなく、ピエモンテ州のバルベラ・ダルバ、ヴェネト州のヴァルポリチェッラ、ロンバルディア州のフランチャコルタなど、品質が高くお手頃なワインもたくさんあるんです。

また隠れた良質ワインとしては、トレンティーノ=アルト・アディジェ州産です。ドイツ語圏に近いこの地域では、ワインに関してもイタリアらしくない生産がなされています。メルローなどの外来種を使って安価で高品質のワインを生産し、お買い得感あるワインが飲めますよ。

関連記事

1度は飲みたい!イタリアのオススメワイン5種を知る~白ワイン編~
赤ワインの記事の続きです。イタリアのワインについてご紹介するシリーズ、今回は白ワインに使われている白ブドウです。 1.トレッ...

【次ページ】トスカーナ地方が代表する中部

1 2 3


-