トッティがローマに愛された理由。ローマの王子様のラストマッチに立ち会って思ったこと。

 2017/05/31

 249

ローマの一つの時代が、幕を閉じた

ローマに1年間の派遣留学中の私としては、まさか偶然今年に、ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ選手が退団するとは思ってもみませんでした。

インテルのサネッティ選手、ユヴェントスのデルピエロ選手、ミランのマルディーニ選手などと並び、間違いなくクラブを代表する選手であったトッティ選手。普段、私はインテリスタ(インテルのファン)なため、ローマにはあまり興味が無かったのですが、周りのロマニスタ(ローマのファン)に染められ、チームの選手の顔ぶれや簡単なプレースタイルくらいは分かるようになっていきました。

 

生粋のロマーノ(ローマ人)である彼の退団。ローマという街は、人は、どのように送り出したのか。本記事ではそんなことを取り上げてみたいと思います。2ページ目では、トッティのコメント・手紙を全て翻訳したものを掲載しました。よければご覧ください。

(ここより先、敬称略)

何よりもロマーノに愛されたトッティ

まずローマにいて感じるのは、トッティは本当にローマの誰からも愛された存在だということ。「チームを代表する選手」「チームの象徴」なんて口では容易く言えるし記事にもできる。ですがそうなるのがどれだけ大変なことなのか。

ちょっとのミスで手のひらを返し、スタジアム中に叱責され、時には差別的な発言まで飛び交うカルチョ。その中で常に第一線で戦い続ける彼の背中に、ロマニスタは恋をするようになります。

彼自身生粋のローマっ子

トッティ自身、ローマで生まれローマで育ってきました。一時は現セリエDのローマ・トラステヴェレに在籍したこともありましたが、そのサッカー人生のほぼ全てをASローマと過ごしてきました。

現在、ローマの住宅街地域であるEURに大きな家をかまえ、まさに生活全てがそのままローマで構成されています。ホームステイ先の親戚は、何回かトッティの奥さんを見かけたことがあるそうです。私もトッティの家2軒がどこにあるか知ってます笑 「ここはトッティの家だよ」と耳にタコができるほど言われてきました。

ローマに残り続けたこと

だからこその愛着でしょう。そしてこれまでトッティには、他チームへの移籍の話もありました。それでも彼がローマを選び続けたのは、まさに「ローマのため」と言ってもいいはず。

ナポリでプレーしていたアルゼンチン代表FWゴンザーロ・イグアインがライバルのユヴェントスへ移籍した際、ナポリがどうなったかご存知の方は多いでしょう。それだけイタリアのクラブというのは、中心選手に対してクラブへの真の愛、忠誠心を要求します。

【カルチョ】禁断の移籍??イグアインが王者ユヴェントスへ
久しぶりにサッカーの話題をお伝えします。イタリアのクラブ間で大型移籍が実現しました!イグアイン、移籍金9000万ユーロでナポリから...

金のためじゃない、ローマのため

親友のロマニスタのルーカが、サッカーを見ながら、FIFAをしながら時々口にすることがあります。非常に印象的だったので載せたいと思います。そして、これを書きたくて記事にしました。

「ローマのため、ローマの誇りのために戦っているのはトッティとデ・ロッシだけだ。ナインゴランもジェコもマリオ・ルイスも強いし好きだけど、彼らはお金のためにローマを選んだ。」

少し極端な見方とも言えるでしょう。ですが、それだけトッティやデ・ロッシなど、若い時からローマを背負って戦ってきた選手は愛されているのです。明るい性格とは裏腹に、意外と保守的だったり排外的だったりするローマ人。なにより自分の街が好きなローマ人。そんな人々の気持ちを一身に背負って生まれたスターが、デ・ロッシであり、トッティであることは間違いありません。

これらは、ややまとめにくいのですが、とにかく私がローマで生活していて見えた「愛」です。

【次ページ】ラストマッチの日、ローマの街・人を振り返る

1 2 3


-, , ,