Albergo [ホテル] Viaggio [旅]

【ミラノ】死ぬまでに泊まりたい!最高級5つ星ホテル10軒

投稿日:2017-10-23 更新日:

イタリアの最先端で贅沢体験

イタリアの中でもミラノといえば、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ファッションの中心・最先端として世界中をリードする街ミラノでは、全体として洗練された雰囲気を持ち、誰もが一度は行ってみたいと憧れるようなところです。

そんなミラノには、死ぬまでに一度は泊まってみたい最高級のホテル・5つ星ホテルがたくさんあります。その美しさは一度泊まれば虜になってしまうほどのものです。

もしあなたがちょっと豪華な旅行や大切な記念日などの旅行を考えているなら、そのご期待に沿うことのできる、高級5つ星ホテルをまとめてみました。是非ご覧ください。

ミラノの最高級ホテル10軒

1.ブルガリ・ホテル・ミラノ

世界的宝石店として名高い、あのブルガリが手がけたのが、最初に紹介しますブルガリ・ホテル・ミラノ(Bulgari Hotel Milano)です。

18世紀の貴族の宮殿を改装し、より一層エレガントさに磨きがかかりました。緑豊かな中庭があるのみならず、ホテルに隣接しているブレラ美術館の植物園が、このホテルの庭園と繋がっているように見え、まるでブレラ美術館の庭園がホテルの一部のように感じられます。静寂とくつろぎを与えてくれる場所であることは、言うまでもありません。

客室は上品で居心地の良い雰囲気になっており、ゆったりと優雅に過ごすことができ、ブルガリファンならずとも泊まってみたい最高級ホテルです。

場所は、モンテナポレオーナ通り、スビーガー通り、スカラ座とブレラ美術館に挟まれた私道の一角にあります。

2.マンダリン・オリエンタル・ミラノ

2015年にオープンしたマンダリン・オリエンタル・ミラノ(Mandarin Oriental Milan)は、スカラ座に近い18世紀の優雅な建物4棟を利用したホテルです。

快適性と優雅さがバランスよく醸し出され、シックで現代的な内装にオリエンタルな趣きがほのかに感じさせる空間は、マンダリンオリエンタルならでは。マンダリンバーやマンダリンスパも人気があります。

スタッフのサービスも評判が高いマンダリンオリエンタルホテルで優雅なひとときを過ごしてみては。

3.グランド・ホテル・エト・デ・ミラン

18世紀のミラノの邸宅で、数多くの芸術家に愛されたのが、グランド・ホテル・エト・デ・ミラン(Grand Hotel et de Milan)です。かの有名なジュゼッペ・ヴェルディがオテロやファルスタッフを作曲した館です。

このホテルは、ミラノスカラ座から数分のマンゾーニ通りに位置する非常に便利な場所にあります。

客室にはモダンでエレガントな調度品、床は寄木細工。浴室はイタリア大理石と、当時の雰囲気を残しながらも設備は近代的な部屋になっており、快適に過ごすことができます。

スカラ座でオペラを楽しんだ後に宿泊したい最高級ホテルです。

4.アルマーニ・ホテル・ミラノ

1930年代の歴史ある建物を改装し、ジョルジョ・アルマーニ自身が内装を施したホテルが、アルマーニ・ホテル・ミラノ(Armani Hotel Milano)。地下鉄モンテナポレオーナ駅から50mと便利な場所にあります。

客室のアメニティやグッズなどはもちろん、シーツやカーテンまでも全てアルマーニ。アルマーニ・リストランテや、アルマーニ・スパも併設されています。特に、ジャグジーやサウナなどの屋上スパが宿泊客に大人気で、いつまでもいたくなってしまうような景色と快適さを提供してくれます。

アルマーニファンなら是非泊まってみたいホテルですよ!

5.タウンハウス・ガッレリア

ミラノにおいて最も観光客の数が多い、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア(ショッピングアーケード)内にあるホテルである、タウンハウス・ガレリア(TownHouse Galleria)。

とにかく立地が良いため、徒歩や地下鉄でどこへでも簡単にアクセスすることができるのが、魅力的です。客室からは、ショッピングアーケードまたは中庭の景色を望めます。ガッレリア内には、人気ブランドのお店があり、買い物をしてもすぐに部屋に帰れるので、ショッピングが好きな方にはおすすめのホテルです。

室内はミラノの5つ星ホテルらしいモダンさだけでなく、シンプルながらもクラシックな雰囲気も感じられる、センスあるデザインとなっております。

【次ページ】うっとりしてしまうような5つ星ホテルをまだまだご紹介!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。
観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。
好きな街はタオルミーナとコモ。

-Albergo [ホテル], Viaggio [旅]
-, ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.