味わう

【吉祥寺】ローマから来日!絶品ピザサンド トラピッツィーノとは

更新日:

今日は初めての試みとなる、日本にあるイタリアンの紹介!イタリアで食べられる味、だけではなく、日本で食べられるイタリアの味、も非常に重要な情報ですよね?

今回は、4/29に吉祥寺にオープンしたばかりのイタリアン、トラピッツィーノに友達と行ってきました!

トラピッツィーノってなに?

3pdf

トラピッツィーノ(trapizzino)とは三角形のサンドウィッチ(tramezzino)とピザ(pizza)を混ぜた造語で、その名の通り、パン生地の中にピザの具材が入った、ピザサンド、とも言うべき料理です。

ローマで200年以上前に生まれた、実はとっても伝統的な料理ですが、イタリア国内で店舗があるのは首都のローマだけ。

Trapizzino紀行_8

そして、初の海外進出先が日本!かなりのチャレンジャーだと思いませんか?!

メニュー

Trapizzino紀行_2

パン生地の中身は主に5種類!(以下、店舗の説明書きをそのまま引用します)

Trapizzino紀行_11(上:鶏のカッチャトーラ 下:肉団子のトマト煮込み)

鶏のカッチャトーラ

「鶏の狩人風」と呼ばれるローマ北部伝統の煮込み料理。ローズマリーと白ワインビネガーのさわやかなソース

感想:ソースがめちゃくちゃ濃厚。パリパリでアツアツなパンとよく絡んでいます。また、山盛りの鶏肉がワインソースと見事にマッチしており、飽きがきません。

肉団子のトマト煮込み

イタリア風の肉団子をトマトソースで煮込んだ料理。ローマでは日曜夜に家族で食べる定番料理。

感想:しっかり煮込まれたトマトの風味と牛肉の旨みがよく合います。さらに、肉団子に練り込まれているバジルに後味をひかれ、あっという間に完食。

Trapizzino紀行_13(上:牛タンのグリーンソースあえ 下:ナスのパルミジャーナ)

牛タンのグリーンソースあえ

フレッシュなイタリアンパセリを使用したソースが絡み、牛タンのおいしさを引き立てます。

感想:トロトロの牛タンとパセリのソースが、固めのピザ生地によくあっていました。ビーフシチューと少し似ていましたが、さらに深いコクが牛タンのおいしさを引き立てていました。

ナスのパルミジャーナ

オーブンで焼いたナス、チーズをトマトソースで煮込んだローマの家庭料理に、バジルソースとパルミジャーナチーズを載せてあります。

感想:ぶつ切りナスがゴロゴロ。チーズが入ったトマトソースは、さっぱりしたトマトの風味にチーズのマイルドさが加わり、クセが無く、とても食べやすかったです。

ジェノベーゼ風煮込み

牛肉と玉ねぎのおいしさたっぷりの料理。ゆっくりコトコト煮込み、イタリア産パルミジャーナチーズもたっぷりです。

感想:今回は食べることができませんでした!次回トライします!

パンと具材の組み合わせが最高

全てに共通しているのが、ソースはどれもハンパなくコクがあるということ。そしてそれがパンに絡むということ!「じっくりコトコト煮込んだ」とイタリア人の店員さんが教えてくれた通り、やはりその丁寧な仕事ぶりがうかがえる味になっていました。

Trapizzino紀行_1

Trapizzino紀行_4(店員さんにお願いして、ソースの写真を撮らせていただきました!)

正直、日本での知名度はあまり高くないため、「めちゃくちゃ」期待していたわけではありませんでした。しかし、なにからなにまで想像を上回る味に、ただただ無言で食べ続けてしまいました。

リゾットのフライもあるよ

Trapizzino紀行_12(フリット2種類は、アラビアータのリゾットと、玉ねぎのリゾット)

さらに、トラピッツィーノ以外にも、リゾットのフライもあり、そちらも注文。アラビアータのリゾットと玉ねぎのリゾットの2種類を注文!こちらも食べた2人に感想を聞いてみましたよ...!

アラビアータ:辛さ控えめで女性にもオススメ。ちょっと固めのリゾットにトマトソースの味がしっかりしみこんでいます!

玉ねぎ:ねぎの青臭さやクセは全くなく、揚げ物なのにとってもさっぱり!お値段もリーズナブル(150円)なのもいいですね。

あえて厳しい目線で...

ただ、少しだけ残念な点をあげると、立地があまり良くないということ。吉祥寺駅から徒歩7.8分かかるので、中心地からやや離れていました。

また、価格も1つで750~950円とやや割高。もう少しだけ下げてもらえると、何度も来店しようと思える感じでした。

そして、ホームページの動作が重いこと、スマホの場合画面が少し見にくいこと、なども改善できる点のように思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

イタリア旅行にオススメ

【飛行機】カタール航空
ワールドベストエアライン第1位で快適な空の旅を。

【ホテル】Booking.com
ドミトリーから5つ星ホテルまで掲載数No.1(オススメ方法)!

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』の代表をしています。 ローマ・ラ・サピエンツァ大学に1年間留学。シチリア出身マンマが牛耳る大家族にホームステイし、様々な側面に触れる。イタリア語はCILS C1レベル。 現在は、イタリアの国民性と中小企業経営について卒論研究中。主な執筆記事は、社会問題、旅行、カルチョ、ポップ・ミュージックなど。

-味わう
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2018 All Rights Reserved.