元バイトが教える!サイゼリヤで食べるべき料理TOP5

サイゼリヤは、イタリア料理のファミリーレストランで全国に1,000店舗あります。安さには定評があり、ドリンクバーだけで粘ることもできるので、中高生の頃に利用した方も多いのではないかと思います!

そんな安さが売りのサイゼリヤのメニューの中でも、特にこれはおススメだというメニュー5つを紹介いたします!

サイゼリヤで食べるべき料理TOP5

1.サイゼリヤの定番・ミラノ風ドリア

DSC_0073

サイゼリヤと言えば、まず思い浮かべるのが、このミラノ風ドリアではないかと思います。実はこのドリア、昔は480円だったのですが、より多くの人に食べてもらおうと290円まで値下げをした結果、人気が爆発してサイゼリヤの看板商品となりました。

裏ワザとして、店員さんに注文の際に「よく焼いてください」とか「よく焼きで」と言うと、通常より時間をかけて火を通すことで外パリ中フワな感じのミラノ風ドリアが出てきます。

ちなみにこの技はほかのドリアやグラタン、鉄板料理の目玉焼きなんかにも使えるので是非お試しあれ!(店舗によってはやっていないので注意)

【グルメ】行列必須の有名店 ナポリ ダ・ミケーレの絶品ピッツァを攻略

続きを見る

耳、蝶々、ギター…?あなたの知らない(ちょっと変わった)パスタの世界

続きを見る

2.青豆の温サラダ

DSC_0070

おそらくサイゼリヤのメニューの中ではあまりメジャーではない一品ですが、実はとてもおいしくボリュームもあってコスパの良いメニューです!

そもそも日本人は青豆をメインとした料理をあまり食べませんが、イタリア人にとって青豆はメインとして食べちゃうくらい主流な食材だそうです!

さらにサイゼリヤの青豆は、私たちが思い浮かべるようなグリーンピース独特の臭みが全くなく、とても食べやすいお味。青豆に温玉というシンプルな料理なため、ペペロンチーノやミラノ風ドリアなどほかの料理とも相性ばっちりで、ワインにもとてもよく合います。

値段も199円!とっても安いので是非一度食べてみてください!

3.あま~いドルチェ

DSC_0076

続いて紹介したいのは、メニューの一番後ろにあるデザートたちです。特におすすめなのがイタリアンプリン(249円)、トリフアイスクリーム(369円)、アイスティラミス(369円、ハーフが199円)(2016年8月現在の価格)の3つです。

この3つはなんと!イタリアから輸入しているので、サイゼリヤ価格で本場イタリアのドルチェが食べられるお得な商品たちなのです。

ちなみにアイスティラミスは、席に運ばれた直後はカチカチの場合があるので、ちょっと時間をおいて柔らかーくなったところを食べるのが美味です!

イタリアでデザートを食べなきゃ損!味わうべきおすすめドルチェ15種類を徹底解説

続きを見る

4.プロシュート

プロシュートとは俗にいう生ハムのことです。サイゼリヤの生ハムはイタリアパルマハム認定協会が認めるホンモノの生ハムです!一緒についてくるぷちふぉっかに巻いてワインと一緒に食べるのが最高においしいです!

少し見つけづらいのですが、メニューのプロシュートの横に「生ハムピザ」という商品も存在します!チーズと生ハムのコンビもおいしいのでぜひ食べてみてください!!

5.ワイン

サイゼリヤと言えば驚くほど安いワインも有名だと思います(笑)。一番安いハウスワインは1.5リットルで1080円(2016年8月)と破格の値段にもかかわらず、こちらもれっきとしたイタリア産ワインです!

ワインは店舗によって扱っている種類が大きく異っていて、店舗によっては、メニューにはない高級なワインを置いているところもあります!気になった方はお店で店員さんにひと声かけてみてください!

サイゼリヤのワインはお店で飲みきれなくても持ち帰ることができるし(マグナム注文時)、ネットでの通信販売もやっているようで、気軽に飲めるところもポイントが高いと思います!

トスカーナの自然で作られる "キャンティワイン" ワイン好きは必ず訪れて!

続きを見る

ワインの基本を知ろう!魅力あふれるイタリアワインの"いろは"

続きを見る

さいごに

いかかでしたでしょうか。少しでもサイゼリヤの魅力が伝わっていればいいなと思います!

【ローマ編】そこでしか味わえない!レストランで絶対に食べておきたい伝統料理10選

続きを見る

イタリア・ビールの代表!モレッティの4種類のフレーバーを飲み比べ&採点してみた

続きを見る

関連商品

created by Rinker
¥660 (2020/08/07 22:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

編集者Y

ヴェネツィア大学に留学。観光や芸術史などの授業をとったが、たぶん本当に頑張ったのは遊ぶこと。 主にヴェネツィアや旅行関係の記事を書きます。

-レストラン & フード
-,

© 2020 BUONO! ITALIA