【ローマ】絶対食べて?忘れられないジェラートが味わえるジェラテリア5店舗

思い出の味・ジェラート

あなたのイタリアの思い出の味は何でしょうか?「あの店で食べたパスタが忘れられない!」「たまたま入った店で出会ったエスプレッソが最高だった~」など、人それぞれのイタリアの味があるはずです。

私の思い出の味の1つに、ジェラートがあります。暑い夏に汗をかきながら食べた味、大学でイヤなことがあったときに食べた味、友達がバイトしていて通ったジェラテリアの味など、それぞれの思い出と紐づいたジェラート。この記事ではその中から、ローマで観光するなら絶対に味わって欲しいジェラテリアを5店舗紹介します。

ローマの人気ジェラート店5選

1.ジェラテリア・ジョリッティ

ローマで最も有名なジェラテリアといえば、間違いなくジョリッティ(Giolitti)でしょう。1900年から創業する由緒あるお店。現地のローマっ子の間で、この店を知らない人には出会ったことがありません。

約40種類の様々なフレーバーを味わうためにたくさんの観光客が列をつくり、店内はいつも人でごった返しているため、注文するだけでも一苦労です(笑)

私がジョリッティで大好きなのは、さっぱりテイストのフレーバー。私はリモンチェッロ、マンゴー、ヨーグルトなどが大好きで、特にリモンチェッロは、行けば必ず注文していましたよ。このお店には多分30回以上は行きました!

ほとんどの人がテイクアウトをしていますが、一部テーブル席も用意されており、エスプレッソやケーキなどを味わえる普通のバールとしての側面も持っています。観光客も地元客も大好きなジョリッティは、最初に訪れて欲しいジェラテリアです。

【店舗情報】

住所

Via Uffici del Vicario, 40 Roma

営業時間 7:00-深夜1:00
公式ホームページ ○(リンクはこちら
公式Instagram ○(リンクはこちら
 

2.ジェラテリア・デル・テアトロ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

gelateriadelteatro(@gelateriadelteatro)がシェアした投稿 -

観光名所であるサンタンジェロ城やヴァチカン市国のすぐ近く、小道にひっそりとたたずむかわいらしさ。とても小さい店舗なので、見逃してしまいそうですが、とっても美味しいジェラートを食べられるのが、このジェラテリア・デル・テアトロ(Gelateria del Teatro)です。

留学中に日本人の友達に教えてもらったお店で、それ以来、1人で何度も通っていました。

このお店のジェラートの特徴は、何といってもクリーム系やチョコレート系のフレーバーが、とんでもなく美味しいこと。私のオススメは、ティラミス味、ピスタチオ味、ブラックチョコレート味。濃厚なティラミス味は特に私のお気に入りで、とてもジェラートを食べているとは思えないくらい、「そのまんまティラミス」が口の中をひんやりと満たしてくれます!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@miss.hungry.travellerがシェアした投稿 -

味がとてもしっかりしているため、毎日食べるには飽きてしまうかもしれませんが、それでも気づくとまた通ってしまう、病みつきになるようなジェラテリアです。観光ルートにも入れやすい位置にあるので、ジョリッティを食べたその足で、デル・テアトロに行く、なんてのもいいかもしれません(笑)

【店舗情報】

住所

Via dei Coronari, 65/66, 00186 Roma

営業時間 11:00-22:30
公式ホームページ ○(リンクはこちら
公式Instagram ○(リンクはこちら

スポンサーリンク

3.ジェラテリア・ファッシ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gelateria Fassi(@fassi_1880)がシェアした投稿 -

ローマっ子からはかなりの人気を誇りながら、ジョリッティと比べると日本の観光客からの知名度が少し低いように感じるのがジェラテリア・ファッシ(Gelateria Fassi)です。

こちらはなんと、ジョリッティ以上に歴史の長く、1880年創業!店舗はローマのジェラテリアの中でも最大の広さがありますが、夏になるとが山ほど押しかけ、人でごった返しています。12,3000個のジェラートが売れているそうです

時期やタイミングによっては10分くらい待つこともありますが、安くて美味しいジェラートやフラッペにありつけます。さらに!閑散期の冬(12-2)には、火曜日と水曜日に50%オフになる超・超お得なプロモーションがあります。寒くても室内で食べるジェラートはめちゃくちゃ美味しいので、一度試していただきたいです。

テルミニ駅から徒歩10分ほどの場所にあり、観光地からのアクセスはあまり良くないのが残念です。ただ、この辺りのエリアは安いB&Bやホステルなどが多くあるため、そうした宿泊施設を利用している方には、特にオススメしたいと思います。

【店舗情報】

住所

Via Principe Eugenio, 65, 00185 Roma

営業時間 月-木:12:00-22:00、金・土:12:00-0:00、日:10:00-22:00
公式ホームページ ○(リンクはこちら
公式Instagram ○(リンクはこちら

スポンサーリンク

4.オールド・ブリッジ・ジェラテリア

https://www.instagram.com/p/B8l6pmZlbeH/?utm_source=ig_web_copy_link

オールド・ブリッジ・ジェラテリア(Old Bridge Gelateria)は、ヴァチカン市国の目と鼻の先にあるお店。店舗は前述のデル・テアトロよりもかなり狭く、私が訪れたときは改装中?のため、イートインができずテイクアウトが必要でした。

しかも、通りに面する形でジェラートを販売しているため、いつも通りには長蛇の列ができています(笑)ただ、ジェラートのお味は暑い中待っただけの甲斐があるクオリティです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Old Bridge Gelateria(@oldbridge_gelateria)がシェアした投稿 -

保存料・着色料などの食品添加物を一切使用しておらず、色の鮮やかさはありませんが、その分ミルクやフルーツ本来のフレッシュな味わいを楽しめます。特にオススメの味はベリー系(イチゴ味やラズベリー味など)とピスタチオ味で、食べた瞬間にジューシーな味わいと香りが口いっぱいに広がります。

一緒に添えてくれるクリームも絶品なので、ぜひ試してみてくださいね!

【店舗情報】

住所

Viale dei Bastioni Di Michelangelo, 5, 00192 Roma

営業時間 月-土:10:00-2:00、日:14:30-2:00
公式ホームページ ○(リンクはこちら
公式Instagram ○(リンクはこちら

5.ザ・ジェラティスト

ローマに5店舗を構えるチェーン店であるザ・ジェラティスト(The Gelatist)もともとはワンダフル・アイスクリーム(Wonderful Icecream)という店名でしたが、改名したようです。ローマのコルソ通り(Via del Corso)と共和国通り(Via della Repubblica)の2ヶ所は、観光中に特に訪れやすいでしょう。緑色のカラフルな看板が特徴的なかわいいお店。

何を隠そう、私の大親友アレッサンドロが、大学を卒業してから日本への留学資金を貯めるために働いていたお店です。現在、彼は既に日本に来てしまっているため働いてはいませんが、彼が去った後もローマに来るたびに立ち寄って、ついつい味をチェックしてしまいます。

フレーバー自体は約20種類と比較的少なめですが、どの味も非常にシンプルで食べやすく、こってり感がありません。個人的によく食べていたのが、ニューヨークチーズケーキ味と、ピスタチオ味、オレオ味などです。ジョリッティやデル・テアトロなどがオーソドックスかつ高品質なフレーバーを提供しているので、このお店では、少し変わり種も食べるのが楽しかったです。

ローマに複数日滞在して、色々なジェラテリアを食べ歩きたいなら、絶対リストに入れて欲しいお店の一つですね。

【店舗情報】

住所

Via Nazionale, 19a, 00184 Roma

営業時間 9:30-0:00
公式ホームページ ○(リンクはこちら
公式Instagram ○(リンクはこちら

さいごに

いかがでしたか?ローマで大好きなジェラテリアを紹介しました。次回ローマに行く際はぜひこのお店をメモしていってくださいね!ジェラート関連のその他の記事もあるので、併せて読んでみてくださいね。

関連記事

観光・買い物の合間に!トリノの厳選ジェラート店を4つ紹介します

続きを見る

絶対に食べたい!シチリア島で味わうべきデザート(ドルチェ)10個を徹底解説

続きを見る

関連商品

created by Rinker
マリオジェラテリア
¥3,240 (2020/05/29 23:28:22時点 Amazon調べ-詳細)

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-レストラン & フード
-, ,

© 2020 BUONO! ITALIA